男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

梅切らぬバカ

  • うめきらぬばか
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.7点(65人)

  • 観たひと

    81

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル コメディ / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021/11/12
上映時間 77分
製作会社 「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト
配給 ハピネットファントム・スタジオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督和島香太郎 
脚本和島香太郎 
エグゼクティブプロデューサー市井三衛 
槙田寿文 
小西啓介 
製作代表松谷孝征 
プロデューサー本間英行 
根津勝 
矢島孝 
深澤宏 
共同プロデューサー杉本雄介 
撮影沖村志宏 
装飾高橋光 
音楽石川ハルミツ 
音楽プロデューサー木村学 
録音猪股正幸 
音響効果勝亦さくら 
照明土山正人 
編集杉本博史 
ミュージックエディター大森力也 
ラインプロデューサー岩田均 
制作主任入交祥子 
制作担当村山大輔 
助監督富澤昭文 
記録工藤みずほ 

キャスト

場面

予告編


     

解説

母親と自閉症を抱える息子が、社会の中で生きていく様を温かく見つめるヒューマンドラマ。50歳の息子・忠男と暮らす山田珠子は、悩んだ末に忠男をグループホームへ入居させることに。だが、初めて母と離れ、環境の変化に戸惑う忠男はホームを抜け出してしまう。親子を演じるのは「泥の河」「神様のカルテ」の加賀まりこと、「間宮兄弟」「屍人荘の殺人」の塚地武雅。監督は「禁忌」の和島香太郎。

あらすじ

少し辛口な占い師・山田珠子(加賀まりこ)は、自閉症を抱える息子・忠男(塚地武雅)と都会の古民家で寄り添って暮らしている。毎朝決まった時間に起き、朝食をとり、決まった時間に家を出る。庭にある梅の木の枝は伸び放題で、隣に引っ越してきた里村家から苦情が届いている。ある日、グループホームの案内を受けた珠子は、悩んだ末に忠男を入居させることに。ところが、初めて母と離れて暮らすことになった忠男はその環境の変化に戸惑い、ホームを抜け出してしまうのだった。そんななか、珠子は庭の梅の木を切ることを決意するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年12月上旬号

ndjc:若手映画作家育成プロジェクト:「梅切らぬバカ」対談 和島香太郎[監督]×加藤正人[脚本協力]

REVIEW 日本映画&外国映画:「梅切らぬバカ」

2021年11月下旬号

「梅切らぬバカ」:インタビュー 和島香太郎[監督]

「梅切らぬバカ」:インタビュー 加賀まりこ、塚地武雅

「梅切らぬバカ」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「梅切らぬバカ」