男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

高島礼子

  • Takashima Reiko
  • 出演(声)/出演
本名
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1964/07/25
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。県立野庭高校卒業後、21歳でA級ライセンスを取得してレーシングドライバーとしてカーレースに出場。それが縁で、1987年からOLを辞めてレースクィーンに転身し、モデルとしてCMにも出演するようになる。88年からテレビ朝日『暴れん坊将軍』シリーズに出演するなど女優活動を始め、転機を迎えたのは93年。萩庭貞明監督「さまよえる脳髄」で降板した主演女優の代役に抜擢され、大胆なヌードも披露して一躍注目を集める。以後はフジテレビの昼帯ドラマ『指輪』95で初主演をつとめるなど、映画、ドラマに立て続けに出演。96年の橋本以蔵監督「陽炎Ⅱ」で演じた女胴師・不知火おりんが当たり役となり、「陽炎3」97、「陽炎Ⅳ」98と続けて主演をつとめた。青山真治監督「EM/エンバーミング」99では、死体の修復処理を行なうエンバーマー役を熱演。同年の「極道の妻(おんな)たち・赤い殺意」では前シリーズの岩下志麻のあとを継ぎ、「情炎」05まで新シリーズ5作で姐御役を貫禄たっぷりに演じた。2000年代に入ると、吉永小百合と共演した「長崎ぶらぶら節」00で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。以降も「千年の恋・ひかる源氏物語」01、「半落ち」「隠し剣・鬼の爪」04、「大奥」06、「K−20/怪人二十面相・伝」08、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」10など、大作・話題作には欠かせぬ存在となった。テレビドラマも、テレビ朝日『女教師』98、『異議あり!・女弁護士大岡法江』04、『さくら署の女たち』07、フジテレビ『傷だらけの女』99、『結婚できない男』06、『拝啓、父上様』07、NHK『お美也』02、『御宿かわせみ』03~05など多数。2時間サスペンスの主演シリーズも多い。女優としては遅咲きの部類に入るが、力強いヒロインや良妻役から悪女まで幅広く演じ分ける。99年2月、俳優の高知東生と結婚。

キネマ旬報の記事

1997年4月上旬春の特別号

FACE:高島礼子

1996年5月下旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンを彩る若手女優たち:高島礼子

1996年2月上旬号

グラビア <Hot Shots[最新ニュース]> :「陽炎2」の高島礼子