男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

すばらしき世界

  • すばらしきせかい
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    82.4点(471人)

  • 観たひと

    634

  • 観たいひと

    89

  • レビューの数

    93

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021/2/11
上映時間 126分
製作会社 「すばらしき世界」製作委員会(バンダイナムコアーツ=AOI Pro.=ワーナー・ブラザース映画=ギャガ=講談社=フィルマークス=U-NEXT)(企画協力:分福/制作プロダクション:AOI Pro.)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督西川美和 
脚本西川美和 
原案佐木隆三:(「身分帳」(講談社文庫刊))
エグゼクティブプロデューサー濵田健二 
小竹里美 
製作川城和実 
潮田一 
池田宏之 
依田巽 
角田真敏 
鈴木貴幸 
堤天心 
プロデューサー西川朝子 
伊藤太一 
北原栄治 
撮影笠松則通 
美術三ツ松けいこ 
音楽林正樹 
音響白取貢 
音響効果北田雅也 
照明宗賢次郎 
編集宮島竜治 
衣裳デザイン小川久美子 
ヘアメイク酒井夢月 
キャスティング田端利江 
ラインプロデューサー奥泰典 
制作担当横井義人 
助監督中里洋一 

キャスト

出演役所広司 三上正夫
仲野太賀 津乃田龍太郎
橋爪功 庄司勉
梶芽衣子 庄司敦子
六角精児 松本良介
北村有起哉 井口久俊
長澤まさみ 吉沢遥
安田成美 西尾久美子
白竜 下稲葉明雅
キムラ緑子 下稲葉マス子

(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

場面

予告編


     

解説

直木賞作家・佐木隆三の小説『身分帳』を原案として、「永い言い訳」の西川美和が舞台を現代に移し映画化。13年の刑期を終えた三上は、保護司の助けを借りて自立を目指していた。そこに、彼の姿を面白おかしく番組にしようとするテレビマンが近づいてくる。出演は、「孤狼の血」の役所広司、「静かな雨」の仲野太賀、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の長澤まさみ、「家族はつらいよ」シリーズの橋爪功、「曽根崎心中」の梶芽衣子。第45回トロント国際映画祭正式出品作品。

あらすじ

13年の刑期を終え、目まぐるしく変化する想像もつかない世界に出てきた元・殺人犯の三上(役所広司)は、保護司の庄司夫妻(橋爪功・梶芽衣子)の助けを借りて自立を目指していた。三上が生き別れた母親を探していると、テレビディレクター(仲野太賀)とプロデューサー(長澤まさみ)が接触してくる。彼らの本当の目的は、社会に適用しようと足掻く三上の姿を面白おかしく番組にすることだった。まっすぐ過ぎるが故にトラブルが絶えない三上だったが、次第に彼が持つ無垢な心に感化された人々が集まってきて……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年3月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「すばらしき世界」

2021年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「すばらしき世界」

「すばらしき世界」:インタビュー 役所広司

「すばらしき世界」:インタビュー 仲野太賀

「すばらしき世界」:作品評

「すばらしき世界」:インタビュー 西川美和[監督・脚本]

「すばらしき世界」:コラム