男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

北村有起哉

  • Yukiya Kitamura
  • 出演
本名
出身地 東京都
生年月日 1974/04/29
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都の生まれ。父は俳優の北村和夫。高校の文化祭でクラス演劇に参加してその面白さに目覚め、役者の道を志すようになる。98年、父の盟友である今村昌平監督の「カンゾー先生」と、串田和美演出の舞台『春のめざめ』の両方のオーディションに合格して、本格的に俳優デビュー。以降も、今村監督「赤い橋の下のぬるい水」01、熊井啓監督「日本の黒い夏・冤罪」01、「海は見ていた」02、吉田喜重監督「鏡の女たち」03、神山征二郎監督「草の乱」04、佐藤純彌監督「桜田門外ノ変」10など巨匠たちの大作から、石毛佳季監督「現金(げんなま)に手を出すなら体を張れ」01、深川栄洋監督「真木栗ノ穴」08、西野真伊監督「死んだらゲームをすればいい」09のような若手インディーズ作品、さらには石井輝男監督「地獄」99、水野晴郎監督「シベリア超特急2」01、天願大介監督「世界で一番美しい夜」08などのカルト映画まで、幅広いジャンルの映画に意欲的に出演を重ねる。舞台でも『電話の迷宮』99、『煙が目にしみる』00、『かもめ』02、『小林一茶』05、『オレステス』06、『バイパー』10など、ジャンルはもとよりキャパの大小といった境界線にもこだわらない活躍を続けており、2007年の栗山民也演出『CLEANSKINS/きれいな肌』では朝日舞台芸術賞寺山修司賞、読売演劇大賞優秀男優賞を受賞した。05年のNHK大河ドラマ『義経』あたりからテレビドラマにも積極的に出演するようになり、フジテレビ『SP/警視庁警備部警護課第四係』07、『婚カツ!』09、『CONTROL/犯罪心理捜査』11、NHK『ジャッジ・島の裁判官奮闘記』07・08、『刑事の現場』08、『君たちに明日はない』10、『江・姫たちの戦国』11、テレビ朝日『マイガール』09、『警視庁失踪人捜査課』10、『ジウ・警視庁特殊犯捜査係』11、WOWOW『蛇のひと』『パンドラⅡ・飢餓列島』10、『人間昆中記』11などで、個性的な脇役として存在感を発揮する。08年のテレビアニメ『ミチコとハッチン』では声優にも挑戦した。

キネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.26 玉森裕太「パラレルワールド・ラブストーリー」

Special Issue② いい役者って何だろう?:Production Note 細田佳央太と関水渚そして岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松島菜々子

2004年12月上旬号

HOT SHOTS:北村有起哉