男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

影踏み

  • かげふみ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    70.8点(95人)

  • 観たひと

    126

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019/11/15
上映時間 112分
製作会社 (企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会=上毛新聞社/制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント)
配給 東京テアトル
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督篠原哲雄 
脚本菅野友恵 
原作横山秀夫:(『影踏み』(祥伝社文庫))
エグゼクティブプロデューサー千村良二 
岡本東郎 
プロデューサー松岡周作 
撮影監督上野彰吾 
撮影鶴崎直樹 
美術野々垣聡 
装飾奥利暁 
音楽山崎将義 
主題歌山崎まさよし:(『影踏み』(EMI Records))
録音田中靖志 
照明才木勝 
編集村上雅樹 
衣装遠藤良樹 
ヘアメイク酒井夢月 
助監督竹田正明 

キャスト

出演山崎まさよし 真壁修一
尾野真千子 安西久子
北村匠海 真壁啓二
鶴見辰吾 馬淵昭信
滝藤賢一 久能次朗
中村ゆり 葉子
中尾明慶 大室誠
下條アトム 栗本三樹男
根岸季衣 菅原春江
大竹しのぶ 真壁直美
竹原ピストル 吉川聡介
田中要次 加藤
藤野涼子 回想の安西久子
大石吾朗 
高田里穂 
真田麻垂美 図書館にいた女

(C)2019 「影踏み」製作委員会

場面

予告編


     

解説

ミステリー作家・横山秀夫の小説を、山崎まさよし主演で映画化。深夜に人のいる住宅に侵入し、盗みを働く泥棒、通称“ノビ師”。その中でも凄腕の真壁修一はある夜、忍び込んだ家で放火しようとしている女性を止めたことから、警察に逮捕されるが……。共演は「台風家族」の尾野真千子、「十二人の死にたい子どもたち」の北村匠海、「影に抱かれて眠れ」の中村ゆり。監督は「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。

あらすじ

単なる空き巣ではなく、深夜に人のいる住宅に侵入し、盗みを働く……。彼らは単なる泥棒とは異なり、通称“ノビ師”と呼ばれていた。寝静まった民家を狙い、現金を盗み出す忍び込みのプロ。その中でも、真壁修一(山崎まさよし)は、他と一線を画す凄腕のノビ師だった。証拠も残さず、決して口を割らない。その高く強固な壁を思わせるしたたかさから、いつしか警察は彼を“ノビカベ”というあだ名で呼ぶようになっていた。そんなある夜、修一は侵入した稲村邸の寝室で、寝ている夫の傍で火を放とうとする妻・葉子(中村ゆり)の姿を目撃。とっさの行動で彼女の放火を止める修一だったが、その直後、幼馴染の刑事・吉川聡介(竹原ピストル)によって逮捕されてしまう。そして2年後。刑期を終えて刑務所を出所した修一を迎えてくれたのは彼を慕う弟・啓二(北村匠海)と恋人の久子(尾野真千子)だけだった。だが、修一の頭にはこの2年ずっと気がかりになっていたことがあった。何故、あの日の侵入がバレたのか? 何故、自分だけが逮捕されたのか?そしてあの時、夫を殺害しようとしていた葉子の行方は……? 久子の制止を振り切り、啓二と共に事件の真相を追って行動を開始する修一。そして、次第に明らかになる事件の謎。だが、それと共に修一自身が封印した20年前の悲劇も甦ってくる……。ひとつの事件が過去の事件を呼び覚ますとき、止まっていた修一、啓二、久子の運命の歯車が再び動き出す……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「影踏み」

2019年11月下旬号

「影踏み」:対談 横山秀夫[原作]×篠原哲雄[監督]

UPCOMING 新作紹介:「影踏み」

2018年11月下旬号

巻頭特集 ミステリーと映画の蜜月:横山秀夫「影踏み」 現場レポート

巻頭特集 ミステリーと映画の蜜月:横山秀夫「影踏み」 対談 千街晶之×三橋曉

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.22 中島健人「ニセコイ」

Shooting Reports 撮影現場ルポ:北村匠海 in 「影踏み」