男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

モリのいる場所

  • もりのいるばしょ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.0点(147人)

  • 観たひと

    202

  • 観たいひと

    80

  • レビューの数

    31

基本情報

ジャンル 伝記 / ヒューマン / アート / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/5/19
上映時間 99分
製作会社 2018「モリのいる場所」製作委員会(日活=バンダイビジュアル=イオンエンターテインメント=ベンチャーバンク=朝日新聞社=ダブ)(製作幹事:日活/制作:日活=ダブ)
配給 日活
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督沖田修一 
脚本沖田修一 
エグゼクティブプロデューサー永山雅也 
製作新井重人 
川城和実 
片岡尚 
鷲見貴彦 
宮崎伸夫 
佐竹一美 
プロデューサー吉田憲一 
宇田川寧 
撮影月永雄太 
美術安宅紀史 
装飾山本直輝 
音楽牛尾憲輔 
録音山本タカアキ 
音響効果勝亦さくら 
照明藤井勇 
編集佐藤崇 
衣裳岩崎文男 
ヘアメイク宮内三千代 
キャスティング南谷夢 
ラインプロデューサー濱松洋一 
制作担当大田康一 
助監督安達耕平 
スクリプター押田智子 
VFXスーパーバイザー小坂一順 
特殊メイク百武朋 

キャスト

出演山﨑努 熊谷守一
樹木希林 秀子
加瀬亮 藤田武
吉村界人 鹿島公平
光石研 朝比奈
青木崇高 岩谷
吹越満 水島
池谷のぶえ 美恵ちゃん
きたろう 荒木
林与一 昭和天皇
三上博史 知らない男

(C)2018「モリのいる場所」製作委員会

場面

予告編


     

解説

「祈りの幕が下りる時」の山崎努と「あん」の樹木希林が洋画家・熊谷守一夫妻を演じるヒューマンドラマ。守一の自宅の庭には様々な動植物が生きている。守一は30年以上、それらをじっと眺めるのを日課にしていた。守一の家には毎日のように人が訪ねてくる。監督・脚本は、「モヒカン故郷に帰る」の沖田修一。出演は、「3月のライオン」前・後編の加瀬亮、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『悪魔』」の吉村界人。

あらすじ

洋画家・熊谷守一(山崎努)の自宅の庭には草木が生い茂り、彼の描く絵のモデルになるたくさんの虫や猫などが住み着いていた。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしている。守一は妻の秀子(樹木希林)と二人で暮らしているが、毎日のように来客が訪れる。守一を撮ることに情熱を燃やす若い写真家の藤田(加瀬亮)、守一に看板を描いてもらいたい温泉旅館の主人、隣人の佐伯さん夫婦、郵便屋さんや画商や近所の人々、そして得体の知れない男も……。今日も守一と彼を愛する人々のおかしくて温かな一日が始まる。

関連するキネマ旬報の記事

2018年7月上旬号

読者の映画評:「ハッピーエンド」若松順子/「モリのいる場所」吉田伴内/「マルクス・エンゲルス」船戸五郎

2018年6月上旬特別号

「モリのいる場所」:インタビュー 沖田修一[監督]

「モリのいる場所」:批評

UPCOMING 新作紹介:「モリのいる場所」

REVIEW 日本映画&外国映画:「モリのいる場所」

2018年5月下旬号

撮影現場ルポ「モリのいる場所」: