男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」

  • げきしねどくろじょうのしちにん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    86.2点(149人)

  • 観たひと

    243

  • 観たいひと

    73

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル アクション / 時代劇
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2013/1/12
上映時間 179分
製作会社 ヴィレッヂ=劇団☆新感線
配給 ヴィレッヂ=ティ・ジョイ=プレシディオ
レイティング PG-12
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

演出いのうえひでのり 
アクション監督川原正嗣 
中島かずき 
プロデューサー金沢尚信 
音楽岡崎司 
デジタルシネマ監督渡部武彦 

キャスト

出演小栗旬 捨之介
森山未來 天魔王
早乙女太一 無界屋蘭兵衛
小池栄子 極楽太夫
勝地涼 兵庫
仲里依紗 沙霧
高田聖子 贋鉄斎
粟根まこと 天部の将監
河野まさと 三五
千葉哲也 狸穴二郎衛門

(C) ヴィレッヂ/劇団☆新感線

解説

演劇を映像化する『ゲキ×シネ』第10作。中島かずき作、いのうえひでのり演出による劇団☆新感線『髑髏城の七人』の模様を、18台のカメラで撮影したアクション・エンターテインメント。戦国時代、2万の兵に挑む7人の戦いを描く。出演は、「宇宙兄弟」の小栗旬、「苦役列車」の森山未來、「座頭市」の早乙女太一。

あらすじ

戦国時代、織田信長亡きあと、豊臣秀吉は天下統一を賭けて関東を手中にしようとしていた。その秀吉を阻んでいたのは、天下取りのためなら手段を選ばず勢力を拡大していた天魔王(森山未來)を党首とする関東髑髏党だった。ある日、髑髏党が村を襲っているところを、兵庫(勝地涼)率いる血気盛んな侍集団・関八洲荒武者隊が止めに入る。しかしたちまちピンチに陥ったのを、通りすがりの無宿者・捨之介(小栗旬)が助けに入り、大立ち回りの末、髑髏党を追い払う。兵庫は捨之介を、関東一の色里と言われる“無界の里”に誘う。そこの主・無界屋蘭兵衛(早乙女太一)は、捨之介の過去を知るかつての仲間だったが、過去を封じ、この地でやり直そうとしていた。遊女・極楽太夫(小池栄子)が看板の無界の里は、“救いの里”とも呼ばれ、現実の枷を捨てた人々が自由に生きている。そこで働く少女・沙霧(仲里依紗)も、髑髏党の拠点・髑髏城の秘密を知っているため追手から身を隠していた。天魔王も、捨之介、蘭兵衛と深い縁があり、3人はかつて織田信長の部下として、天下統一を夢見て命を懸けた日々を過ごしていたのだった。主人亡き後、バラバラになっていた3人は、関東の荒野で運命的な再会を果たす。天魔王は狂信的なまでにかつての夢を継ごうとしていた。捨之介と蘭兵衛はその姿を見て心が揺れるが、天魔王を止めるため、たった7人で2万の兵で固められた髑髏城を攻め落とすことを決意する……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:ゲキ×シネ「髑髏城の七人」

舞台×映画の新たな映像体験 ゲキ×シネと「髑髏城の七人」:ゲキ×シネ入門

舞台×映画の新たな映像体験 ゲキ×シネと「髑髏城の七人」:ゲキ×シネ作品解説

舞台×映画の新たな映像体験 ゲキ×シネと「髑髏城の七人」:インタビュー 中島かずき(ゲキ×シネ「髑髏城の七人」脚本)

舞台×映画の新たな映像体験 ゲキ×シネと「髑髏城の七人」:ODSの隆盛にみる映画の変質