男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

森山未來

  • Mirai Moriyama
  • 出演(声)/出演
本名
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1984/08/20
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

兵庫県神戸市の生まれ。5歳からジャズダンスを始め、、その後もタップダンス、クラシックバレエなど多様な舞踊の経験を積む。1999年、15歳の時に舞台『BOYS TIME』のオーディションに、年齢制限が18歳以上であったにもかかわらず応募して合格。あらゆるダンスを難なくこなし、演出の宮本亜門をして「天才」と絶賛せしめた。2001年、フジテレビの単発ドラマ『TEAM』でドラマ初出演。続いて初の連ドラ出演となった同局『さよなら、小津先生』01では、田村正和演じる主人公の教え子であるバスケット部員のひとりで、レギュラー出演する。その後、同局『ウォーターボーイズ』03で演じた男子シンクロ部員の立松憲男役で強烈な印象を残して注目され、翌04年の行定勲監督の大ヒット作「世界の中心で、愛をさけぶ」では主人公・サクの高校生時代を瑞々しく演じ、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞の新人賞に加え、日本アカデミー賞の優秀助演男優賞も受賞する。 05年の守屋健太郎監督「スクールデイズ」では映画初主演も飾り、その後も、陣内孝則監督「スマイル・聖夜の奇跡」07、タナダユキ監督「百万円と苦虫女」08、堤幸彦監督「20世紀少年」08~09などの映画で大きく飛躍を遂げる。08年のNHK『刑事の現場』06では寺尾聡の、その続編の『リミット・刑事の現場2』09では武田鉄矢のそれぞれ後輩刑事役に扮し、ベテラン俳優を相手に遜色ない繊細にして奥行き深い演技を披露して、寺尾、武田いずれからもその才能を絶賛された。舞台出演も精力的にこなし、劇団☆新感線『メタルマクベス』06 、白井晃演出『血の婚礼』07、松尾スズキ演出『キャバレー』07、宮藤官九郎演出『R2C2/サイボーグなのでバンド辞めます!』09、長塚圭史演出『タンゴ』10など多数で活躍。自身が主演するダンスライブの演出も自ら手がけるなど多才ぶりを発揮している。10年には、自身の阪神・淡路大震災被災の経験も投影されたNHK『その街のこども』に主演し、セミドキュメントタッチの秀作に大きく貢献。また、がらりと雰囲気を変えたテレビ東京の深夜ドラマ『モテキ』10では、金もなく夢もなく彼女もいない“非モテ”の主人公・幸世に扮し、30代独身男性の孤独と葛藤を体現して、翌11年の映画版も大成功させる。

キネマ旬報の記事

2013年2月下旬決算特別号

2012年 第86回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞発表:個人賞カラーグラビア 主演男優賞 森山未來

2012年7月下旬号

FACE:森山未來

2011年10月上旬号

FACE:森山未來

臨時増刊9月22日号 KINEJUN next vol.04

特集「モテキ」:Interview 森山未來

2007年12月下旬号

FACE2007:森山未來

2004年5月下旬号

巻頭特集 「世界の中心で、愛をさけぶ」:森山未來 インタビュー