男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

かぞくのくに

  • かぞくのくに
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    78.8点(476人)

  • 観たひと

    695

  • 観たいひと

    113

  • レビューの数

    116

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2012/8/4
上映時間 100分
製作会社 スターサンズ(制作 スローラーナー)
配給 スターサンズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット HD

スタッフ

監督ヤン・ヨンヒ 
脚本ヤン・ヨンヒ 
エグゼクティブプロデューサー河村光庸 
企画河村光庸 
プロデューサー佐藤順子 
越川道夫 
撮影戸田義久 
美術丸尾知行 
装飾藤田徹 
音楽岩代太郎 
音響菊池信之 
照明山本浩資 
編集菊井貴繁 
衣裳デザイン宮本まさ江 
ヘアメイク橋本申二 
制作担当金子堅太郎 
監督補菊地健雄 
助監督高杉考宏 

キャスト

出演安藤サクラ リエ
井浦新 ソンホ
ヤン・イクチュン ヤン同志
京野ことみ スニ
大森立嗣 ホンギ
村上淳 ジュノ
省吾ポカスカジャンチョリ
塩田貞治 テジョ
鈴木晋介 
山田真歩 
井村空美 
吉岡睦雄 
玄覺悠子 
金守珍 
諏訪太朗 
宮崎美子 
津嘉山正種 

(C) 2011『かぞくのくに』製作委員会

解説

ドキュメンタリー映画「ディア・ピョンヤン」「愛しきソナ」で自らのルーツや家族を取り巻く状況を描いたヤン・ヨンヒ監督初のフィクション映画。差別や貧困に苦しんでいた在日コリアンが、当時地上の楽園と謳われた北朝鮮へ集団移住した帰国事業。これに参加した兄が病気治療のために25年ぶりに日本へ帰国した家族の情景を映し出す。出演は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の安藤サクラ、「空気人形」の井浦新、「息もできない」のヤン・イクチュンほか。音楽は「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実」の岩代太郎。2012年第62回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に公式出品され、C.I.C.A.E.賞『国際アートシアター連盟賞』を受賞。

あらすじ

1970年代に帰国事業により北朝鮮へと渡った兄。日本との国交が樹立されていないため、ずっと別れ別れになっていた兄。そんな兄・ソンホ(井浦新)が病気治療のために、監視役(ヤン・イクチュン)を同行させての3ヶ月間だけの日本帰国が許された。25年ぶりに帰ってきた兄と生まれたときから自由に育ったリエ(安藤サクラ)、兄を送った両親との家族だんらんは、微妙な空気に包まれていた。兄のかつての級友たちは、奇跡的な再会を喜んでいた。その一方、検査結果はあまり芳しいものではなく、医者から3ヶ月という限られた期間では責任を持って治療することはできないと告げられる。なんとか手立てはないかと奔走するリエたち。そんな中、本国から兄に、明日帰還するよう電話がかかってくる……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「かぞくのくに」

2012年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「かぞくのくに」

巻頭特集 人生を映画にする「かぞくのくに」:対談 ヤン・ヨンヒ(監督)×ヤン・イクチュン

巻頭特集 人生を映画にする「かぞくのくに」:インタビュー 井浦新

巻頭特集 人生を映画にする「かぞくのくに」:インタビュー 安藤サクラ

2011年10月下旬特別号

撮影現場ルポ:「かぞくのくに」