男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!

  • つりばかにっしふぉーてぃーんおへんろだいぱにっく
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.0点(71人)

  • 観たひと

    106

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2003
公開年月日 2003/9/20
上映時間 116分
製作会社 松竹作品(企画協力*日本映像)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督朝原雄三 
脚本山田洋次 
朝間義隆 
原作やまさき十三 
北見けんいち 
プロデューサー瀬島光雄 
深澤宏 
プロデューサー補田村健一 
撮影近森眞史 
美術須江大輔 
音楽岩代太郎 
音楽プロデューサー小野寺重之 
主題歌西田敏行:(『とりあえずは元気で行こうぜ』)
録音鈴木肇 
音響効果岡瀬晶彦 
帆苅幸雄 
北田雅也 
照明土山正人 
編集石島一秀 
衣装本間邦仁 
製作主任小松次郎 
製作担当岩田均 
助監督石川勝己 
スクリプター宮下こずゑ 
スチール金田正 
VFXプロデューサー佐藤高典 

キャスト

出演西田敏行 浜崎伝助
三國連太郎 鈴木一之助
高島礼子 中浜みさき
三宅裕司 岩田千吉
浅田美代子 浜崎みち子
持丸加賀 浜崎鯉太郎
金井史更 中浜良介
谷啓 佐々木次長
西田尚美 洋子
さとう珠緒 鮎美
濱口優 海老名
奈良岡朋子 鈴木久江
加藤武 秋山専務
國村隼 川島営業担当取締役
鶴田忍 堀田常務
小野武彦 原口人事担当取締役
笹野高史 前原運転手
中本賢 太田八郎
斎藤洋介 草森秘書課長
笑福亭仁鶴 曽我
間寛平 中村の運転手
有野晋哉 バーテン
松村邦洋 柏島の男
永田耕一 柏島の男
渡邉昌宏 柏島の男
橋本大二郎 見物客
加藤満 蛸島係長
北山雅康 営業三課員
筒井巧 営業三課員
松坂紗良 営業三課員
大家仁志 営業三課員
矢崎文也 営業三課員
青木鉄仁 営業三課員
辻佑実子 営業三課員
妹尾青洸 営業二課員
荒金蔵人 営業二課員
井川修司 営業二課員
住若博之 営業二課員
宮内大 営業二課員
今井陽子 営業二課員
江本理恵 営業二課員
平島ひさ美 営業二課員
曽我部あきよ 社長秘書
麻生奈美 社長秘書
福地香代 社長秘書
久保内亜紀 受付嬢
八木沢美佳 受付嬢
東京ボーイズ コミックバンド
笑福亭里光 噺家
片岡富枝 宿坊の孫の女
井口恭子 中浜咲子
渡辺寛二 釣り客
井川哲也 釣り客
山崎秀樹 釣り客
児玉謙次 鈴木建設社員
小山田みずき 鈴木建設社員
香取恵子 鈴木建設社員
SPANK-A-FUNK 鈴木建設社員
大野真澄 鈴木建設社員
杉浦悦子 鈴木建設社員
武重聖一 鈴木建設社員
奥本東五 鈴木建設社員
杉本悦子 鈴木建設社員
林奈々子 鈴木建設社員
小笠原真愛 鈴木建設社員
笠井一彦 鈴木建設社員

解説

高知県を舞台に、おなじみハマちゃんとスーさんの釣りバカコンビが繰り広げる騒動を描いたコメディ・シリーズの通算16作。監督は「新 サラリーマン選科」の朝原雄三。やまさき十三と北見けんいちによる原作コミックを下敷きに、「たそがれ清兵衛」の山田洋次と朝間義隆が共同で脚本を執筆。撮影を「純愛譜」の近森眞史が担当している。主演は、「ゲロッパ!」の西田敏行と「風の絨毯」の三國連太郎。ゲスト出演に「姐御」の高島礼子と「壬生義士伝」の三宅祐司。

あらすじ

佐々木課長の次長昇進に伴い営業三課に着任した上海帰りのやり手課長・岩田は、問題社員・ハマちゃんを再教育しようと意気込むも、以前みち子さんに片思いしていたことがバレて立つ瀬無し。あえなくハマちゃんのペースに飲み込まれてしまう。一方、お疲れ気味のスーさんはリフレッシュ休暇を利用して念願の四国八十八箇所巡礼の旅に出発していた。岩田の許しで休暇をゲットしたハマちゃんもその後を追うが、勿論、彼の目的は釣り。四万十川の鮎に足摺岬の石鯛と、仏の道を求めるスーさんと別れ、魚の道を極めるのであった。巡礼の旅も終盤、ハマちゃんとスーさんは柏島の民宿でそこの娘でバツイチのみさきと知り合う。女手ひとつで息子を育てるトラック運転手の彼女は“土佐のハチキン”と称されるほどの気丈な性格。しかし、心を閉ざす息子・良介にはほとほと手を焼いていた。そんな母子を釣りに誘い出したハマちゃん。やがて良介の心は解れ、久しぶりに息子の笑顔を見ることの出来たみさきはハマちゃんの優しさに感謝する。それから数日後、仕事で上京したみさきが鈴木建設を訪れた。しかし、あいにくハマちゃんは出張中。代わって岩田が東京案内を買って出るのだが、みさきの美しさに一目惚れした彼は、彼女を追って高知へ。決死のプロポーズの結果、ふたりは結婚することとなる。

関連するキネマ旬報の記事