男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

セイジ 陸の魚

  • せいじりくのさかな
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    63.6点(250人)

  • 観たひと

    385

  • 観たいひと

    55

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2012/2/18
上映時間 108分
製作会社 キノフィルムズ
配給 ギャガ=キノフィルムズ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督伊勢谷友介 
脚本龜石太夏匡 
伊勢谷友介 
石田基紀 
原作辻内智貴:(「セイジ」筑摩書房/光文社文庫)
製作総指揮木下直哉 
エグゼクティブプロデューサー西尾武信 
プロデューサー龜石太夏匡 
武部由実子 
石田基紀 
撮影板倉陽子 
美術都築雄二 
舩木愛子 
音楽渋谷慶一郎 
録音山方浩 
照明木村匡博 
衣裳デザイン澤田石和寛 

キャスト

出演西島秀俊 セイジ
森山未來 僕(二十歳)
裕木奈江 翔子
新井浩文 カズオ
渋川清彦 
滝藤賢一 
二階堂智 
津川雅彦 ゲン爺

(C) 2011 Kino Films / Kinoshita Management Co.,Ltd

解説

「あしたのジョー」などで活躍する俳優、伊勢谷友介の9年ぶり2度目の監督作。辻内智貴の小説を原作に、寂れたドライブインに集う個性的な人々の人間模様を通じて、人生や救いについて問いかける。出演は「CUT」の西島秀俊、「モテキ」の森山未來、「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」の裕木奈江。

あらすじ

広告代理店で仕事に追われる日々を送る“僕”(二階堂智)のもとに、ある一通の企画書が届く。それは、忘れていた20年前の夏を思い出させるものだった。何かに突き動かされるように、その送り主に会いに行く。20年前。バブルの熱気冷めやらぬ頃。適当に就職先を決めた“僕”(森山未來)は、学生最後の夏休みに1人で当てのない自転車旅行に出かけた。いくつも街を超え、気ままにペダルを漕ぎ続けていると、山道でカズオ(新井浩文)が運転する軽トラックに衝突してしまう。幸い大した怪我ではなかったものの、手当てのためにと、旧道沿いの寂れたドライブイン“HOUSE475”に連れて行かれる。そこで出会ったのは、雇われ店長のセイジ(西島秀俊)。自由に生きているように見えるセイジは、普段は寡黙だが心を捉える言葉を持ち、夜な夜な集まる個性溢れる常連客たちからも慕われていた。そんな彼らに強く惹かれた“僕”は、いつのまにか住み込みで働き始める。深い哀しみや不完全さを抱えながらも、必死に生きる店のオーナー翔子(裕木奈江)や常連客たちとの触れ合いの中で、少しずつ“僕”は自分の居場所を見つけ出してゆく。ある時、セイジが常連客の一人、ゲン爺(津川雅彦)の幼い孫娘りつ子に対して特別に心を許していることを知った“僕”の中に、もっとセイジを知りたいという欲求が生まれてくる。ある晩、こっそりセイジの部屋に忍び込んだ“僕”は、古い8ミリのテープを発見。そこには、唯一セイジの過去が垣間見える映像が残されていた。やがて、夏が過ぎて秋の気配が近付いてきた頃。それは、“僕”が現実へ戻る日が近付いて来たということでもあったが、その時、突然事件が起こる。無差別殺人の被害者となったりつ子は左腕を失う大怪我を追い、両親の命も奪われてしまったのだ。心を閉ざしたりつ子。必死に看病をする翔子たち。しかし、りつ子のもとを訪れずにセイジが取った行動とは……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年3月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「セイジ-陸の魚-」

2012年2月下旬決算特別号

UPCOMING 新作紹介:「セイジ-陸の魚-」