男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

津川雅彦

  • Masahiko Tsugawa
  • 出演/監督
本名 加藤雅彦
出身地 京都府京都市中京区
生年月日 1940年1月2日
没年月日 2018年8月4日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

京都府京都市の生まれ。本名・加藤雅彦。父は往年の日活スター・沢村国太郎、母は女優のマキノ智子(恵美子)。二男二女の次男で兄が俳優の長門裕之、母方の祖父が“日本映画の父”と呼ばれた牧野省三、母方の叔父がマキノ雅弘監督、父方の叔父が加東大介、叔母が沢村貞子という、文字通りの芸能一家に育つ。5歳の時に、大映「狐の呉れた赤ん坊」45に出演したのを皮切りに、子役として多数の映画に出演。しかし俳優になるつもりはなく、新聞記者を目指して、1956年に早稲田大学付属高等学院に入学する。入学後まもなく、母親を通じて日活「狂った果実」56の主演話が持ち込まれ、原作者・石原慎太郎の命名による“津川雅彦”の芸名で、本格的に俳優デビューを飾る。一躍青春スターとして注目を浴びたが、同じ日活に兄・長門裕之がいたことから、兄弟の人気の食い合いを避ける意図もあり、58年に松竹へ移籍。甘い二枚目としてメロドラマで活躍する一方、大島渚、吉田喜重、田村孟など“松竹ヌーヴェルヴァーグ”の監督たちに起用されて芸域を広げた。64年より松竹を離れて、フリーに。以降は、定番の二枚目イメージから抜け出せず伸び悩んだ時期もあったが、映画・テレビドラマで長年活躍。81年、東陽一監督「マノン」で若い女性と付き合う中年男を演じ、独特の色気が注目を浴びる。この作品でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。さらに、84年の「お葬式」から伊丹十三監督作品の常連俳優となり、特に当たり役だった「マルサの女」87の国税局査察官役でキネマ旬報賞、毎日映画コンクール、報知映画賞など、この年の助演男優賞を総なめにした。ほかにも、女たちの間で揺れる中年に扮した根岸吉太郎監督「ひとひらの雪」85で、日本アカデミー賞優秀助演男優賞、作家・永井荷風を思わせる初老の男を演じた新藤兼人監督「濹東綺譚」93で日本アカデミー賞優秀主演男優賞、大石内蔵助を演じた深作欣二監督「忠臣蔵外伝・四谷怪談」94と梶間俊一監督「集団左遷」94の2本で日刊スポーツ映画大賞助演男優賞、東京裁判に臨む東条英機を演じた伊藤俊也監督「プライド・運命の瞬間」98で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど、日本映画界を支える名優として、数々の栄冠に輝く。その間の73年に結婚した女優の朝丘雪路と、フジテレビ『肝っ玉捕物帳』で結婚後、夫婦初共演。翌74年には倉本聰脚本のNHK大河ドラマ『勝海舟』で徳川家康を演じ、それ以後ドラマ出演が増えて、山田太一脚本のTBS『岸辺のアルバム』77、早坂暁脚本のテレビ朝日『おはん』78、向田邦子脚本のTBS『幸福』80など名脚本家と組んで実績を残す。出演ドラマはほかに、TBS『野々村病院物語』81・82、『サラリーマン金太郎』99~02、『白い影』01、NHK『澪つくし』85、『神様の女房』11、フジテレビ『世界で一番パパが好き』98、『合い言葉は勇気』00、『離婚弁護士』04・05、テレビ朝日『黒革の手帳』04など多数。NHK大河ドラマの常連俳優でもある。近年はテレビ朝日『相棒』04~の元議員・瀬戸内米蔵役が印象的。2006年、落語の世界を題材にした中島らも原作の「寝ずの番」で映画監督業に進出。“マキノ”の名を受け継ぐべく、生前のマキノ雅弘から許しをもらったという“マキノ雅彦”を監督名とし、その後も「次郎長三国志」08、「旭山動物園物語・ペンギンが空を飛ぶ」09と続けて監督作を発表している。06年、紫綬褒章受章。朝丘との間に生まれた一人娘・真由子も女優となった。2018年8月4日、心不全のため東京都内の病院で逝去。享年78歳。

キネマ旬報の記事

2013年3月下旬号

巻頭特集 大島渚 全:大島映画と生きる「日本の夜と霧」

2009年2月上旬号

対談 マキノ雅彦×笹野高史 「旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ」:

HOT SHOTS:マキノ雅彦と笹野高史

2008年10月上旬号

特集 「次郎長三国志」:マキノ雅彦監督 ロングインタビュー

HOT SHOTS:「次郎長三国志」マキノ雅弘組とマキノ雅彦組

2006年4月下旬号

特別企画 「寝ずの番」とマキノ雅彦とマキノ一家:マキノ雅彦 インタビュー

特別企画 「寝ずの番」とマキノ雅彦とマキノ一家:作品評

特別企画 「寝ずの番」とマキノ雅彦とマキノ一家:長門裕之 インタビュー

特別企画 「寝ずの番」とマキノ雅彦とマキノ一家:マキノ一家事典

1998年6月上旬号

特集 問題作「プライド 運命の瞬間」をめぐって:津川雅彦 インタビュー

1994年臨時増刊 忠臣蔵 映像の世界

スペシャルインタビュー:津川雅彦

1991年12月上旬号

スポット・ライト:津川雅彦

1988年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演男優賞 津川雅彦

1981年10月下旬号

ニッポン個性派時代:第98回 津川雅彦

1963年3月下旬号

わたしたちのはなし:6 沢村国太郎×長門裕之×津川雅彦

1961年9月上旬号

スター講演会座談会 われらはスターの親衛隊:島田宏子(山本富士子後援会)×田崎利明(小林旭後援会)×村山寿美子(津川雅彦友の会)×池沢晴乃(中村錦之助後援会)×阿部靖子(市川雷蔵後援会)

1960年7月上旬夏の特別号

キネマ旬報無題欄:時代は変った

1959年6月上旬号

キネマ旬報無題欄:ブロードウェイで上演された「羅生門」

1957年2月下旬号

特別口絵:津川雅彦