男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヒミズ

  • ひみず
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.4点(1083人)

  • 観たひと

    1725

  • 観たいひと

    252

  • レビューの数

    198

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2012/1/14
上映時間 130分
製作会社 「ヒミズ」フィルムパートナーズ(ギャガ=講談社)(制作プロダクション ステューディオ スリー)
配給 ギャガ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督園子温 
アクション監督坂口拓 
脚本園子温 
原作古谷実:(「ヤングマガジン」連載)
エグゼクティブプロデューサー小竹里美 
製作依田巽 
プロデューサー梅川治男 
山崎雅史 
撮影谷川創平 
美術松塚隆史 
音楽原田智英 
録音深田晃 
音響効果齋藤昌利 
照明金子康博 
編集伊藤潤一 
衣裳/スタイリスト村上利香 
ヘアメイク本田真理子 
ライン・プロデューサー鈴木剛 
助監督木ノ本豪 
メイキング船木光 

キャスト

出演染谷将太 住田祐一
二階堂ふみ 茶沢景子
渡辺哲 夜野正造
吹越満 田村圭太
神楽坂恵 田村圭子
光石研 住田の父
渡辺真紀子 住田の母
黒沢あすか 茶沢の母
でんでん 金子
村上淳 谷村
窪塚洋介 テル彦
吉高由里子 ミキ
西島隆弘 YOU
鈴木杏 ウエイトレス
諏訪太朗 まーくん
川屋せっちん 藤本健吉
モト冬樹 てつ
堀部圭亮 茶沢の父

(C) 「ヒミズ」フィルムパートナーズ

解説

「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。家庭環境に恵まれない少年と愛に飢えた少女、2人の中学生の青春を切れ味鋭い独自のタッチで描く。主演の染谷将太(「東京公園」)と二階堂ふみ(「指輪をはめたい」)は、本作でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

あらすじ

住田佑一(染谷将太)、15歳。彼の願いは“普通”の大人になること。大きな夢を持たず、ただ誰にも迷惑をかけずに生きたいと考える住田は、実家の貸ボート屋に集う、震災で家を失くした大人たちと平凡な日常を送っていた。茶沢景子(二階堂ふみ)、15歳。夢は、愛する人と守り守られ生きること。他のクラスメートとは違い、大人びた雰囲気を持つ住田に恋い焦がれる彼女は、彼に猛アタックをかける。疎ましがられながらも住田との距離を縮めていけることに日々喜びを感じる茶沢。しかし、そんな2人の日常は、ある日を境に思いもよらない方向に転がり始めていく。借金を作り、蒸発していた住田の父(光石研)が戻ってきたのだ。金の無心をしながら、住田を激しく殴りつける父親。さらに、母親(渡辺真起子)もほどなく中年男と駆け落ち。住田は中学3年生にして天涯孤独の身となる。そんな住田を必死で励ます茶沢。そして、彼女の気持ちが徐々に住田の心を解きほぐしつつあるとき、“事件”は起こった……。“普通”の人生を全うすることを諦めた住田は、その日からの人生を“オマケ人生”と名付け、その目的を世の中の害悪となる“悪党”を見つけ出し、自らの手で殺すことと定める。夢と希望を諦め、深い暗闇を歩き出した少年と、ただ愛だけを信じ続ける少女。2人は、巨大な絶望を乗り越え、再び希望という名の光を見つけることができるのだろうか……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年3月上旬号

読む、映画:「ヒミズ」

2012年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ヒミズ」

「ヒミズ」:論考(1) ふたつの“ヒミズ”

「ヒミズ」:論考(2) リアルさがもたらす読者との共振性 古谷実の転回点『ヒミズ』

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ヒミズ」