男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小川の辺

  • おがわのほとり
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    60.6点(110人)

  • 観たひと

    169

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル 時代劇 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/7/2
上映時間 103分
製作会社 「小川の辺」製作委員会
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督篠原哲雄 
脚本長谷川康夫 
飯田健三郎 
原作藤沢周平:( 「海坂藩大全」文藝春秋刊「闇の穴」新潮文庫刊)
プロデューサー小滝祥平 
撮影柴主高秀 
音楽武部聡志 

キャスト

出演東山紀之 戌井朔之助
菊地凛子 田鶴
勝地涼 新蔵
片岡愛之助 佐久間愛之助
尾野真千子 幾久
松原智恵子 以瀬
笹野高史 助川権之丞
西岡徳馬 鹿沢堯伯
藤竜也 戌井忠左衛門

解説

「たそがれ清兵衛」、「必死剣鳥刺し」など、封建社会の現実に翻弄されながらも懸命に生きようとする人々を描いて人気の時代劇作家、藤沢周平の小説を「山桜」の篠原哲雄監督が映画化。藩命により、脱藩した親友とその妻である妹を追う海坂藩士、彼らの辿る運命を描く。出演は「山桜」の東山紀之、「ノルウェイの森」の菊地凛子。2009年6月18日より、山形県内にて先行公開。

あらすじ

海坂藩士、戌井朔之助(東山紀之)は直心流の使い手としての腕を買われて、家老の助川権之丞(笹野高史)から、ある藩命を受ける。それは、親友である佐久間森衛(片岡愛之助)を討つことだった。藩主への上書によって藩の農政を痛烈に批判した佐久間は、謹慎処分を受けた後、妻の田鶴(菊地凛子)を連れて脱藩していたのだ。朔之助が受けた藩命は、佐久間に対する裁きだった。民を想って正論を訴えた友を斬らねばならないのか……。朔之助の心は揺れる。しかも佐久間の妻、田鶴は朔之助の妹。幼い頃から負けん気が強く、自身も直心流の使い手である田鶴は、武士の妻として手向かってくるに違いなかった。戌井家の家長である朔之助に対し、妹を斬ってでも主命に従えと諭す父の忠左衛門(藤竜也)と、涙を流す母の以瀬(松原千恵子)。妻の幾久(尾野真千子)は朔之助の身を案じながらも、気丈に振る舞う。翌朝、朔之助は幼い頃から兄弟のように育ち、田鶴への想いを秘めた奉公人、新蔵(勝地涼)とともに江戸へ向けて旅立つ。やがて見つけた佐久間の隠れ家は、兄妹と新蔵が幼い頃に遊んだような下総の小川の辺にあった。遂に向き合う朔之助と佐久間。幼い頃より築き上げてきた絆が、無情にも引き裂かれようとするとき、彼らが選んだ道とは……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年1月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「小川の辺」

2011年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「小川の辺」

2011年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「小川の辺」

篠原哲雄「小川の辺」監督 インタビュー:

2011年4月下旬号

新作待機中!2011年下半期、期待の映画監督20人:篠原哲雄「小川の辺」