男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

西岡徳馬

  • Tokuma Nishioka
  • 出演/出演(声)
本名
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1946/10/05
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。本名・西岡徳美(のりよし)。高校を中退した時に父親から芸能学校を勧められ、それがきっかけで俳優業を志す。玉川大学文学部芸術学科演劇専攻を卒業後の1970年、文学座に特待生待遇で入団。本名で数々の舞台に立つ。73年、同僚の宇都宮雅代と結婚し、一女をもうけるが75年に離婚。79年には文学座を退団する。翌80年より芸名を“西岡徳馬”に改めて、新劇のほか蜷川幸雄、つかこうへい作品などに出演する売れっ子舞台俳優となるが、80年代までの映画出演は83年の東陽一監督「セカンド・ラブ」の1本のみで、テレビドラマもフジテレビ『江戸の旋風』76~78の岡っ引き役や、日本テレビ『太陽にほえろ!』などのゲストがある程度だった。89年、つか作・演出『幕末純情伝』で坂本龍馬を演じたのち、挑戦を求めて映像ジャンルにシフトする。90年には4本の映画に助演し、91年の中島貞夫監督「極道戦争・武闘派」など東映やくざ映画で悪役を熱演。さらにフジテレビのヒットドラマ『東京ラプストーリー』のヒロイン・鈴木保奈美の上司役が人気を呼んで、確かな演技力とダンディな雰囲気から40代半ばで全国区の俳優となる。以降はコメディ、時代劇、人間ドラマとさまざまなジャンルの映画で活躍。近年は、森田芳光、深川栄洋監督作品の脇を固めて印象を残す。テレビドラマも、テレビ朝日『殿さま風来坊隠れ旅』94で三田村邦彦とW主演し、同局『暴れん坊将軍』97~02では徳川吉宗のライバル・尾張大納言宗春を演じたほか多数に出演。各局の2時間サスペンスでは主に刑事役で常連の存在感を誇る。舞台も旧友の蜷川演出『ハムレット』03、『天保十二年のシェイクスピア』05をはじめ、『唐版・滝の白糸』00、『写楽考』07、『サンシャイン・ボーイズ』08、『江戸の青空』09、『テンペスト』11など数多い。

キネマ旬報の記事

1994年7月下旬特別号

創刊75周年特集〈2〉アンケート 夢の映画、映画の夢:

1993年9月下旬号

ビデオ:Knock on the People 西岡徳馬