男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あしたのジョー(2010)

  • あしたのじょー
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    59.0点(294人)

  • 観たひと

    474

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2011/2/11
上映時間 131分
製作会社 「あしたのジョー」製作委員会(制作プロダクション OXYBOT/制作協力プロダクション セディックドゥ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演山下智久 矢吹ジョー
香川照之 丹下段平
伊勢谷友介 力石徹
香里奈 白木葉子
勝矢 マンモス西
モロ師岡 
西田尚美 
杉本哲太 安藤洋司
倍賞美津子 花村マリ
津川雅彦 白木幹之介
中野裕斗 
畠山彩奈 サチ
虎牙光揮 ウルフ金串

解説

高森朝雄・ちばてつや原作による同名ボクシング漫画を実写映画化。主人公・矢吹丈が宿命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で対決するまでを描く。監督は「ICHI」の曽利文彦。出演は「映画 クロサギ」の山下智久、「十三人の刺客」の伊勢谷友介、「ラブコメ」の香里奈、「SP 野望篇」の香川照之、「老人の恋 紙の力士」の勝矢など。

あらすじ

昭和40年代、東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈(山下智久)は、その天性の身のこなしから、元ボクサー・丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見出される。ところが、問題を起こしたジョーは少年院へ。そこでジョーは、チャンピオンレベルの力を持つプロボクサー・力石徹(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たし、ふたりは反目しながらも互いの力を認め、ライバルとして惹かれ合うようになっていく。一足先に少年院を出た力石は、財閥の令嬢・白木葉子(香里奈)の支援による恵まれた環境のなか連戦連勝。圧倒的な強さでエリート街道をひた走る。一方のジョーは、橋の下のオンボロジムで段平と二人三脚の特訓。野性むき出しで“クロスカウンターパンチ”を得意とする人気ボクサーとなる。やがて力石は世界タイトルに手が届くところまで上り詰めるが、世界戦の前にジョーとの決着を望み、葉子を困惑させる。そしてジョーも、段平に力石戦実現を強く求めるのであった。しかし、ふたりの間には、そのキャリア、実力の差もさることながら、ボクシングでは決定的となるウエイトの差もあった。対決を妨げる壁は、厚く、高かったが、認めあうふたりは命を削り、これを乗り越える。そして、運命の日。場所はボクシングの聖地・後楽園ホール。ふたりは宿命のリングに上がる……。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2月21日号 KINEJUN next vol.01

巻頭特集「あしたのジョー」:

巻頭特集「あしたのジョー」:Interview 山下智久

巻頭特集「あしたのジョー」:Interview 伊勢谷友介

巻頭特集「あしたのジョー」:Interview 香川照之

巻頭特集「あしたのジョー」:Interview 香里奈

巻頭特集「あしたのジョー」:Interview ちばてつや

巻頭特集「あしたのジョー」:Making of "Joe"~「あしたのジョー」製作ドキュメント・ルポ~ ちばてつや×曽利文彦×伊與田英徳×篠崎絵里子×佐々木尚×梅津正彦

2011年2月下旬決算特別号

UPCOMING 新作紹介:「あしたのジョー」

2011年2月上旬号

撮影現場ルポ:「あしたのジョー」

HOT SHOTS:山下智久、伊勢谷友介「あしたのジョー」