男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

僕と妻の1778の物語

  • ぼくとつまのせんななひゃくななじゅうななのものがたり
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.2点(136人)

  • 観たひと

    215

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2011/1/15
上映時間
製作会社 関西テレビ=フジテレビジョン=ジェイ・ドリーム=東宝=S・D・P=FNS26社
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督星護 
脚本半澤律子 
原作眉村卓 
製作堤田泰夫 
亀山千広 
飯島三智 
島谷能成 
細野義朗 
プロデューサー重松圭一 
種田義彦 
岩田祐二 
撮影浅野仙夫 
音楽本間勇輔 
録音山成正己 
照明三上日出志 
編集河村信二 
アソシエイト・プロデューサー川上一夫 
瀬田裕幸 
ライン・プロデューサー伊藤正昭 
助監督中西まさ 
スクリプター/記録幸縁栄子 

キャスト

解説

「なぞの転校生」などの原作者、眉村卓とその夫人の実話をベースに、「笑の大学」の星護監督が映画化。余命1年と宣告された妻のために毎日欠かさず短編を書き続けたSF作家の姿を描く。出演は「BALLAD 名もなき恋のうた」の草なぎ剛、「FLOWERS フラワーズ」の竹内結子、「天使の恋」の谷原章介、「死刑台のエレベーター」の吉瀬美智子、「インスタント沼」の陰山泰など。

あらすじ

SF作家の朔太郎〈サク〉(草なぎ剛)と銀行に勤める妻・節子(竹内結子)は高校1年の夏休みに初デートをして以来、16年経った今でも仲睦まじい同い年の夫婦。ロボットの人形や宇宙船の模型を飾った書斎でSF世界に思いを巡らせながら、日々の創作活動に励むサクを節子は誰よりも理解し、誇りに思っていた。だが、SF小説自体の人気が下降線をたどる中、サクは編集者の新美(陰山泰)から恋愛小説を書くよう勧められる。朔太郎と同時にデビューした作家で、彼の友人でもある滝沢(谷原章介)はSFから恋愛小説に転向、今や人気絶頂の売れっ子として妻の美奈(吉瀬美智子)共々豊かな暮らしを送っていた。そんなある日、節子は不意に腹痛を覚え、妊娠の兆候かもしれないと病院を訪れるが、直ちに手術が行われ、サクは外科医の松下(大杉漣)から節子が大腸がんに冒されていると聞かされる。余命は1年。宣告を受けたサクは事実を胸にしまい込み、抗がん剤を始めることになった節子に「必ず治る」と笑顔で告げる。節子の病室には、娘の身を案じる母・晴子(風吹ジュン)も見舞いに訪れた。やがて節子が退院の日を迎え、その時、松下から「笑うことで免疫力が上がることがあるそうです」と言われたサクは、がん細胞を撃退できるような笑える小説を書こうと決意する。こうして1日1篇、原稿用紙3枚以上の短編を、世界でたったひとりの読者のために書き綴る日々が始まった……。余命を告げられてから1年、宣告が現実になることはなかった。1日1話の執筆が1周年を迎えた日には、滝沢夫婦や新美が開いてくれたお祝いのパーティーを楽しむこともできたサクと節子。しかし、2年、3年と経つにつれ節子の容態は少しずつ確実に悪化していく。そんな中、サクは滝沢から「書き続けることで、節子が死に向かう現実から目を背けているだけではないか」と指摘され、気持ちをぐらつかせ始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年2月上旬号

REVIEW 日本映画:「僕と妻の1778の物語」

UPCOMING 新作紹介:「僕と妻の1778の物語」

2011年1月下旬号

巻頭特集「僕と妻の1778の物語」:草なぎ剛インタビュー

巻頭特集「僕と妻の1778の物語」:竹内結子インタビュー

巻頭特集「僕と妻の1778の物語」:星護[監督]インタビュー

巻頭特集「僕と妻の1778の物語」:『僕シリーズ』解説

巻頭特集「僕と妻の1778の物語」:作品評

巻頭特集「僕と妻の1778の物語」:原作者・眉村卓の発言から読み解く「僕と妻の1778の物語」と眉村卓の作品世界