男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

行きずりの街

  • ゆきずりのまち
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    59.5点(79人)

  • 観たひと

    110

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/11/20
上映時間 123分
製作会社 「行きずりの街」製作委員会(制作プロダクション セントラル・アーツ)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督阪本順治 
脚本丸山昇一 
原作志水辰夫:(新潮文庫刊)
企画遠藤茂行 
製作黒澤満 
プロデューサー國松達也 
撮影仙元誠三 
美術小澤秀高 
音楽安川午朗 
主題歌meg:(「再愛~Love you again~」)
録音志満順一 
照明渡辺三雄 

キャスト

出演仲村トオル 波多野和郎
小西真奈美 手塚雅子
南沢奈央 広瀬ゆかり
窪塚洋介 中込安弘
菅田俊 大森幸生
佐藤江梨子 木村美紀
谷村美月 藤本江理
杉本哲太 園部行雄
ARATA 神山文彦
江波杏子 手塚映子
石橋蓮司 池辺忠賢

解説

1992年度の“このミステリーがすごい”第1位に選出された志水辰夫の小説を、「座頭市 THE LAST」の阪本順治が映画化。失踪した教え子を捜す元教師が、別れた妻と再会する一方で、勤務していた学校の暗い闇に巻き込まれてゆく。出演は「K-20 怪人二十面相・伝」の仲村トオル、「のんちゃんのり弁」の小西真奈美。

あらすじ

郷里の丹波篠山で塾講師として働く波多野(仲村トオル)は、元教え子ゆかり(南沢奈央)の行方を追って12年ぶりに東京を訪れる。彼女の祖母が危篤に陥ったにもかかわらず、連絡が取れなくなっていたのだ。名門の敬愛女学園でかつて教師をしていた波多野には、生徒の雅子(小西真奈美)との恋愛スキャンダルが原因で、教職を追われた過去があった。ゆかりが暮らす麻布の高級マンションを訪れた波多野は、何者が物色した形跡を発見。彼女の失踪が何らかの事件に関わっていることを直感する。さらに、中込(窪塚洋介)と名乗る怪しい男やその仲間が、ゆかりの行方を追って目の前に現れる。得体の知れない危険が彼女に迫っていた。ゆかりが立ち寄ったという六本木のサパークラブを訪れた波多野は、敬愛女学園理事の池辺(石橋蓮司)と遭遇。池辺は、波多野を学園から追放した張本人だった。12年前に雅子と結婚した波多野だったが、その後離婚。逃げるように東京を後にしていた。ゆかりを探す途中、よろよろと体を引きずりながら、雅子が切り盛りしているバーへ辿り着く波多野。長い年月を経て再会する2人。その一方で、ゆかりの失踪に学園が関与していることを知った波多野は、その奥深い闇へと足を踏み入れることになる……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年12月下旬号

評論家発映画批評:「行きずりの街」

2010年12月上旬号

HOT SHOTS:仲村トオル「行きずりの街」

REVIEW 日本映画:「行きずりの街」