男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

信さん・炭坑町のセレナーデ

  • しんさんたんこうまちのせれなーで
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.4点(58人)

  • 観たひと

    91

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/5/15
上映時間 108分
製作会社 「信さん・炭坑町のセレナーデ」製作委員会(電器堂=フェローピクチャーズ)(制作プロダクション フェローピクチャーズ)
配給 ゴールドラッシュ・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督平山秀幸 
脚本鄭義信 
原作辻内智貴:(「信さん」小学館刊)
企画近藤晋 
プロデューサー藤田義則 
宮内眞吾 
撮影町田博 
美術安宅紀史 
音楽安川午朗 
録音小松将人 
照明木村太朗 
編集洲崎千恵子 
アソシエイトプロデューサー三宅はるえ 
ラインプロデューサー宿崎恵造 
製作担当根津文紀 
助監督成瀬朋一 
VFXスーパーバイザー石井教雄 

キャスト

出演小雪 辻内美智代
池松壮亮 辻内守
石田卓也 中岡信一
柄本時生 李英男
小林廉 
中村大地 
金澤美穂 
光石研 中岡大輔
村上淳 須藤典男
中尾ミエ 渡辺久仁子
岸部一徳 李重明
大竹しのぶ 中岡はつ

解説

辻内智貴の同名小説を基に「血と骨」の鄭義信が脚本を書き、「しゃべれども しゃべれども」の平山秀幸監督が映画化。昭和30年代の九州の炭鉱町を舞台に、そこに暮らす人々の姿を映し出す。出演は「わたし出すわ」の小雪、「半分の月がのぼる空」の池松壮亮、「ROOKIES 卒業」の石田卓也、「猿ロック THE MOVIE」の光石研、「すべては海になる」の村上淳など。

あらすじ

昭和38年。辻内美智代(小雪)は、故郷である福岡の炭鉱町に小学生の息子・守と共に帰ってくる。そこは、炭鉱によって支えられ、男も女も子供たちも貧しくとも明るく肩を寄せ合って暮らす町であった。ある日、悪ガキたちに囲まれた守の前に一人の少年が現れ、鮮やかに相手を打ち負かし守を救う。町では知らぬものはいない札付きの少年、信さんこと中岡信一だった。親を早くに亡くし、親戚に引き取られていた信さんは、いつも疎まれ厄介者のような扱いを受けていた。誰も自分のことなど分かってくれない、そう思ってきた信さんにとって、息子を守ってくれたこの事件を期にやさしく接してくれる美智代は特別な存在となっていく。それは、母親への愛のようであり、淡い恋心のようでもあった。だが、成長した信さん(石田卓也)や守(池松壮亮)、そしてこの炭鉱町にも、受け止め乗り越えなければならない厳しい現実が忍び寄ってくる……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年12月上旬号

REVIEW 日本映画:「信さん・炭坑町のセレナーデ」

2010年6月上旬号

HOT SHOTS:地方発映画「京都太秦物語」「信さん・炭坑町のセレナーデ」