男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヒーローショー

  • ひーろーしょー
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    70.3点(200人)

  • 観たひと

    321

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/5/29
上映時間 134分
製作会社 吉本興業=角川映画(制作プロダクション よしもとクリエイティブ・エージェンシー=ユニークブレインズ)
配給 角川映画
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督井筒和幸 
演出補武正晴 
アクション秋永政之 
脚本吉田康弘 
羽原大介 
井筒和幸 
エグゼクティブプロデューサー大崎洋 
椎名保 
プロデューサー片岡秀介 
仲良平 
山本恭史 
増田悟司 
シニアプロデューサー水谷暢宏 
チーフプロデューサー岡本昭彦 
撮影木村信也 
美術津留啓亮 
装飾横山和也 
音楽藤野浩一 
エンディングテーマピンクレディー:(「S・O・S」)
録音白取貢 
照明尾下栄治 
編集冨田伸子 
衣裳星野和美 
メイク下田かおり 
アシスタントプロデューサー杉原奈美 
制作担当小森日出海 
プロダクション・マネージャー小泉朋 
特殊造形JIRO 
カースタント佐藤秀美 

キャスト

出演後藤淳平ジャルジャル石川勇気
福徳秀介ジャルジャル鈴木ユウキ
ちすん あさみ
米原幸佑RUN & GUNツトム
桜木涼介 剛志
林剛史 拓也
阿部亮平 鬼丸
石井あみ 美由紀
永田彬RUN & GUN星野
結城しのぶ 
大森博史 
筒井真理子 
木下ほうか 
升毅 
光石研 

解説

普通の若者たちが思いも寄らない事件に巻き込まれ暴走していく姿を、限界を越えたリアルな暴力シーンを交えて描く青春ストーリー。監督は、「パッチギ!」の井筒和幸。主演は、本作が映画初出演となるジャルジャルの福徳秀介と後藤淳平。共演は、「かぞくのひけつ」のちすん。第2回沖縄国際映画祭正式出品作品。

あらすじ

芸人を目指すユウキ(福徳秀介)はオーディションで失敗し、バイトもクビになってしまう。暗い気分で歩いていたところ、先輩で元相方の剛志(桜木涼介)と出会う。剛志はユウキに新しいバイトを紹介する。翌日ユウキは、紹介されたバイト先である住宅展示場の中で行われる『電流戦士ギガチェンジャーショー』の会場に向かう。剛志が演じる怪人バクゲルグが司会の美由紀(石井あみ)に襲いかかると、5人のギガチェンジャーが現われるというお決まりのショーで、ユウキは悪の手下の1人として参加することになる。剛志は悪役の方が子供のウケがいいとうそぶくが、ギガレッドを演じる俳優志望のノボル(永田彬)とギガブルーのツトム(米原幸佑)は剛志をバカにしている。ある日、剛志の恋人である美由紀をノボルが寝取ったことが発覚する。剛志とノボルは、ショーの最中に大乱闘を繰り広げる。怒りの収まらない剛志は、サーフショップの鬼丸(阿部亮平)を訪ね、ノボルたちを締めてほしいと頼む。鬼丸は金を強請ろうと、大学に乗りこんでノボルとツトムを痛めつける。観念したノボルたちは、金を借りるためにツトムの兄・拓也(林剛史)のところに行く。渋谷で出会い系サイトを運営している拓也は、剛志たちを返り討ちにしてやろうと、自衛隊時代の友人・勇気(後藤淳平)に相談を持ち掛ける。勇気は今は配管工をしているが、年上の恋人あさみ(ちすん)とレストランを出すため、調理師免許を取ろうと考えている。かつてその凶暴性で評判だった勇気は、拓也の頼みを引き受ける。金を受け取るために勝浦に来た鬼丸たちは、勇気たちの壮絶なリンチに遭う。さらに暴力はエスカレートし、ついに殺人が起きてしまう。

関連するキネマ旬報の記事

2010年6月下旬号

REVIEW 日本映画:「ヒーローショー」

2010年5月下旬号

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:井筒和幸監督ロングインタビュー

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:後藤淳平、福徳秀介(ジャルジャル)インタビュー

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:監督論 井筒和幸は深化する

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:井筒作品における”暴力”を巡る考察