男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

井筒和幸

  • Kazuyuki Izutsu
  • 監督/脚本/出演/原作
本名
出身地 奈良県大和郡山市筒井町
生年月日 1952/12/13
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【関西悪ガキのパワーを作品に注ぐ“反抗”の作家】奈良県大和郡山市の生まれ。県立奈良高校在学中、当時の学園紛争を題材にした8ミリ映画「俺たちに明日はない」を製作。高校卒業の1971年には16ミリで「戦争を知らないガキ」を共同製作したが、大阪府補助職員として古墳調査に携わるようになり、映画からは離れた。しかし、深作欣二監督の「仁義なき戦い」に触発され、75年に“新映倶楽部”を設立。フォークシンガーの三上寛を主役に口説き落とし、自主製作の35ミリ・ピンク映画「行く行くマイトガイ・性春の悶々」を井筒和生の名で監督する。以後、ピンク映画の助監督をしながら第2作の機会を伺ったが恵まれず、再び自主製作で「熱くて深い交わり・肉色の海」(78)を発表。この時、スタッフに志願してきた青年がのちに脚本家となる西岡琢也だった。井筒は西岡の脚本による「暴行魔・真珠責め」(79)、「女教師・覗かれた暴行現場」(80)を経て、81年に本名の井筒和幸名義で、大阪の不良少年グループ同士の争いをエネルギッシュに描いた「ガキ帝国」を撮り、一般映画デビューを果たす。この作品で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。83年にはあだち充の人気コミックが原作のアイドル映画「みゆき」でメジャーシーンにも進出した。この間の82年、長谷川和彦の呼びかけでディレクターズ・カンパニーの設立に参加した井筒は、同社に所属しながら、角川映画の「晴れ、ときどき殺人」(84)、「二代目はクリスチャン」(85)、松竹配給の「犬死にせしもの」(86)、大映配給の「宇宙の法則」(90)などを監督。しかし91年に、次作として取り組んだアクション時代劇「東方見聞録」の撮影中にスタントマンが滝壺のセットで溺死するという事故が起こり、しばらく活動を停滞させることとなった(「東方見聞録」は後にビデオ発売)。【原点回帰を経た復活劇】94年に「突然炎のごとく」など2作を発表して復帰。その後の「岸和田少年愚連隊」(96)は「ガキ帝国」への原点回帰を果たしたかのような活劇で、井筒復活を知らしめた。99年の「のど自慢」とそのスピンオフ「ビッグ・ショー!/ハワイに唄えば」、2003年の「ゲロッパ!」と人情コメディの秀作を経て、05年には60年代の京都を舞台に、在日朝鮮人と日本人の高校生同士の抗争と恋愛を描いた青春群像劇「パッチギ!」を監督。各映画賞を総なめにする高い評価を受けた。90年代後半からは情報番組等のコメンテーターとしてのテレビ出演が増え、特に深夜バラエティ番組『虎ノ門』で、自分で料金を払って見に行った映画を評価する『こちトラ自腹じゃ!』のコーナーの辛口な発言が人気を集めた。

キネマ旬報の記事

2018年5月上旬特別号

追悼 現場者・大杉漣:インタビュー&寄稿 田口トモロヲ、高橋伴明、井筒和幸、周防正行、小松隆志、黒沢清、三池崇史、崔洋一、SABU、石井岳龍、松居大悟、佐向大、廣木隆一、大杉弘美

2017年6月下旬号

緊急座談会“パツキンに明日はあるか!?”:秋本鉄次×井筒和幸×宇田川幸洋

2015年11月下旬号

カメラの後ろに回った俳優たち:インタビュー 井筒和幸 僕はデニス・ホッパーの私生児や!

2015年5月下旬号

アメリカ映画主義! File No.001 マイケル・マン「ブラックハット」:「ヒート」(95) 井筒和幸 マイケル・マンはとにかく愚直なのよ

2014年10月上旬号

ジョン・フォード生誕120年リバイバル上映 駅馬車がまた来る!:対談 宇田川幸洋(映画評論家)×井筒和幸(映画監督)

2012年10月下旬号

巻頭特集 映画は何を殴るのか 井筒和幸のヒロイズム「黄金を抱いて翔べ」:インタビュー 井筒和幸(監督)

巻頭特集 映画は何を殴るのか 井筒和幸のヒロイズム「黄金を抱いて翔べ」:撮影現場ルポ 井筒組、緊張と活気の現場から

巻頭特集 映画は何を殴るのか 井筒和幸のヒロイズム「黄金を抱いて翔べ」:役者の顔、その絶妙なる虚構の快楽

巻頭特集 映画は何を殴るのか 井筒和幸のヒロイズム「黄金を抱いて翔べ」:ヤン・ソギルが見た「黄金を抱いて翔べ」と高村薫文学、大阪、金、そして暴力

巻頭特集 映画は何を殴るのか 井筒和幸のヒロイズム「黄金を抱いて翔べ」:井筒和生/和幸に見たアメリカン・ニューシネマ

2010年5月下旬号

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:井筒和幸監督ロングインタビュー

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:後藤淳平、福徳秀介(ジャルジャル)インタビュー

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:監督論 井筒和幸は深化する

巻頭特集「ヒーローショー」井筒和幸 映画界よ、これだけは言う:井筒作品における”暴力”を巡る考察

2007年5月下旬号

作品特集 「パッチギ!LOVE & PEACE」:井筒和幸[監督] インタビュー

2006年5月下旬号

特別企画 これが映画検定だ:井筒和幸監督 インタビュー

2006年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:日本映画監督賞 井筒和幸

2005年2月上旬号

作品特集 「パッチギ!」:井筒和幸監督 インタビュー

2003年8月下旬号

特集 「ゲロッパ!」:井筒和幸監督 インタビュー

2003年6月上旬号

追悼 古尾谷雅人:

1999年1月下旬号

特集企画 輝け!「のど自慢」と日本歌謡映画大全集:井筒和幸監督 インタビュー

1997年1月上旬新年特別号

ビデオ&LDガーデン:対談「ATGの頃、そして現在」 井筒和幸×山根貞男

1996年4月上旬春の特別号

特集 岸和田少年愚連隊:井筒和幸監督 インタビュー

1991年6月上旬号

日本の映画監督:10 井筒和幸

1991年4月下旬号

特別企画 ヒッチコックの贈り物:第3回

1989年12月下旬号

ルポ:ニューヨーク・アジア映画祭ルポ

1988年1月下旬号

「愛と復讐の挽歌」と最新香港映画事情:

1986年4月下旬号

フロント・ページ:

1985年4月下旬号

特集 金魂巻 井筒和幸監督作品:監督インタビュー

1984年5月下旬号

特集 晴れ、ときどき殺人 井筒和幸監督作品:監督インタビュー

1982年3月下旬号

特別企画 80年代日本映画界をになう若手監督アンケート:PART1 アンケートに答える

1981年6月下旬号

特別対談 ATG一千万円映画「ガキ帝国」を語る:相米慎二×井筒和幸