男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

罪とか罰とか

  • つみとかばつとか
  • Crime or Punishment!?
  • CRIME OR PUNISHMENT!?

amazon


  • 平均評点

    59.1点(81人)

  • 観たひと

    143

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2009/2/28
上映時間 110分
製作会社 「罪とか罰とか」製作委員会(CCRE=東京テアトル=ランダムハウス=キューブ=メディアファクトリー=オムニバス・ジャパン=日本ナレーション演技研究所=ソニー・ミュージックエンタテインメント)
配給 東京テアトル
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
脚本ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
企画榎本憲男 
製作谷口則之 
太田和宏 
松本邦彦 
北牧裕幸 
永田勝治 
山下欽也 
木村文彦 
北川直樹 
プロデューサー李柱勲 
小畑真登 
中林千賀子 
撮影釘宮慎治 
美術五辻圭 
音楽安田芙充央 
音楽プロデューサーTaku Takahashi 
主題曲/主題歌Sowelu:(「MATERIAL WORLD」(DefSTAR RECORDS))
録音尾崎聡 
音響効果朝倉三紀子 
照明田辺浩 
編集高橋幸一 
スタイリスト岡田敦之 
制作担当橋本竜太 
助監督毛利安孝 
スクリプター/記録山内薫 
SFX/VFXスーパーバイザー石井教雄 
テクニカルプロデューサー堀内勉 
装飾龍田哲児 
特殊造形江川悦子 
メイク本田真理子 

キャスト

出演成海璃子 円城寺アヤメ
永山絢斗 恩田春樹
段田安則 加瀬吾郎
犬山イヌコ 風間涼子
山崎一 常住
奥菜恵 マリィ
大倉孝二 立本
安藤サクラ 耳川モモ
市川由衣 コンビニアルバイト
六角精児 林巡査部長(歯槽膿漏)
石田卓也 宮下(最も若い警官)
山本剛史 島田(二番目に若い警官)
廻飛雄 平川(極めて目の悪い警官)
みのすけ 笹川(コンビニに来た警官)
林和義 大野木特設資料班(抜け毛)
島田曜蔵 太った警官(関取)
坂口淳 子供の警官(小学生)
日比大介 排尿する警官(後輩)
喜安浩平 排尿する警官(先輩)
廣川三憲 トイレに現れる謎のオジサン
入江雅人 南(編集員)
行定勲 編集員A
森若香織 編集員B
玉置孝匡 編集員C
野間口徹 編集員D
赤堀雅秋 目白
緋田康人 春樹の容疑を被るヤクザ風の男
高橋ひとみ 連行される女
広岡由里子 絶叫しつづける主婦
池谷のぶえ 春樹の母親
森田ガンツ 公園の男
野中隆光 立ち読みしている客
長田奈麻 コンビニ客母親
モモタロウ コンビニ客母親の息子
村上航 スカウトマン
植木夏十 泣いているメイクさん
常磐響 カメラマン
大河内浩 釘やん
原金太郎 江戸やん
徳井優 コンビニ店長
大鷹明良 トラック運転手
田中要次 芸能プロ社長
佐藤江梨子 玲奈(春樹に殺される女)
麻生久美子 トラック助手席の女
串田和美 海藤副署長
ナレーション中川慶一 

解説

TV『時効警察』シリーズや「グミ・チョコレート・パイン」を手がけたケラリーノ・サンドロヴィッチが、「イキガミ」の成海璃子主演で贈るコメディ。一日警察署長を務めることになったB級グラビアアイドルに降りかかる騒動を、ブラックな笑いを交えて綴る。「純喫茶磯辺」の麻生久美子ら豪華キャストがチョイ役で顔を見せる。

あらすじ

円城寺アヤメ(成海璃子)は売れないグラビアアイドル。毎日頑張ってはいるものの、やることなすことうまくいかない。彼女とは対照的に、一緒にスカウトされた高校時代の同級生、耳川モモ(安藤サクラ)はグラビア雑誌の表紙を飾る売れっ子。だが、同じ雑誌でアヤメのページは逆さまに印刷されてしまう始末。高校時代ドン臭かったはずのモモにコンプレックスを感じるアヤメ。彼女に馬鹿にされる幻影を見て、コンビニで衝動的に雑誌を万引きしてしまう。だが、あっさり捕まり、万引きを帳消しにする代わりに見越婆(みこしば)警察署の“一日警察署長”を引き受けることに。だが本来、午前中だけの仕事のはずが、“一日署長”ということで夜中まで拘束されてしまう。その上、署員たちは”署長”のアヤメに指示を仰いでくる。さらに、この警察署にはアヤメの元カレ春樹(永山絢斗)が刑事として勤務していた。突然の再会に心揺れるアヤメ。だが、春樹には恐ろしい秘密があった。彼は、愛情が高まると相手を殺してしまうという、恐ろしい性癖の持ち主だったのだ。この日の出勤前にも、恋人の玲奈(佐藤江梨子)をマンションから突き落として殺害。しかもアヤメは、その現場を目撃した男(段田安則)から春樹が犯人である証拠を手に入れてしまう。だが、自分の口からは春樹が犯人であると言い出すことができない。その頃、殺人現場のマンション隣室では立本(大倉孝二)、マリィ(奥菜恵)、常住(山崎一)の怪しい三人組がコンビニ強盗の計画を練っていた。ついに彼らは計画を実行。だが、襲われたコンビニには、いつもアヤメを励ましてくれるマネージャーの風間(犬山イヌコ)とモモが。2人が強盗に連れ去られたニュースを署長室のテレビで知るアヤメ。署員たちはこの期に及んでも彼女に指示を仰ぐ始末。“署長は、署長なんですよ!”と春樹に叱咤激励されたアヤメは、果たして事件を無事に解決できるのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2009年3月上旬号

REVIEW 日本映画:「罪とか罰とか」

特集「罪とか罰とか」:ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督インタビュー

特集「罪とか罰とか」:”損なわれない女優”成海璃子を考察する