男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

死にぞこないの青

  • しにぞこないのあお
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    59.1点(16人)

  • 観たひと

    39

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2008/8/30
上映時間 95分
製作会社 「死にぞこないの青」製作委員会
配給 ザナドゥー
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督安達正軌 
脚本森岡利行 
原作乙一 
エグゼクティブプロデューサー遠藤修一 
松橋真三 
製作石畑俊三郎 
樫野孝人 
プロデューサー西口典子 
協力プロデューサー鈴木嘉弘 
プロデューサー補堀尾星矢 
撮影福本淳 
セカンドユニット撮影小野貴宏 
美術山下修侍 
小道具吉野昌秀 
持道具今井美幸 
音楽山下康介 
音楽プロデューサー御園雅也 
主題歌椿屋四重奏 
録音松本昇和 
音響効果小島彩 
照明市川徳充 
編集新井孝夫 
衣装デザイン永井伸子 
スタイリスト(坂井真紀)安野ともこ 
ヘアメイク持丸あかね 
HDオンラインエディター高橋亮 
インフェルノアーティスト石田延哉 
光学リレコ佐野謙二 
HDリアルタイムレコーディング野村和彦 
竹内望 
スタジオエンジニア吉田憲義 
ビデオエンジニア佐藤隆彦 
タイミング上野芳弘 
作詞中田裕二 
作曲中田裕二 
編曲中田裕二 
ストリンクス・アレンジ四家卯大 
音楽録音岡部潔 
製作主任江渡英雄 
製作担当井上淳 
上岡真 
製作進行/プロダクション・マネージャー宮崎友男 
菅原萌 
監督助手福田尚子 
二宮孝平 
逢坂元 
助監督桑島憲司 
スチール奈良英雄 
視覚効果松本肇 
2Dコンポジット吉澤一久 
3Dアニメーター武隈善子 
特殊メイク松井祐一 
造形原島礼和 
スタント青木忠宏 
河手歌織 
中島厚也 
帯金遼太 
アクションコーディネーター佐々木修平 
特機塩見泰久 
亀田哲司 
車輌姫野隆博 
西野晴美 
桐生孝行 
河内徹 
斉藤繁博 
鈴木利一 
高橋清 
色彩設計/色指定會田学 
タイトル津田輝王 
田中敦彦 
テクニカルプロデューサー堀内勉 
撮影助手國井重人 
廣渡崇久 
照明助手柏原孝法 
緑川雅範 
池田靖啓 
小迫智詩 
録音助手清水貴幸 
森川敦史 
音響効果助手勝亦さくら 
編集助手山田典久 
ヘア・メイク助手上田深里 
特殊メイク助手三好史洋 
佐伯佳世 
吉武智穂 
衣装助手日置友美 
岩藤一成 
高橋麻衣 
スタイリスト助手守屋ゆり 
製作委員宮崎哲 
堀田雄二 
柳象二郎 
草井政朗 
メイキング田村友一 
撮影応援川口勝仁 
本城吉隆 
ビデオエンジニア応援石上正治 
特機応援原田光 
市川修 
照明応援関野高弘 
小川大介 
三田村拓 
五十嵐孝文 
建部孝一 
大道具応援大徳雄二 
衣装応援吉田実穂 
川嶋愛子 
製作応援梶谷真也 
田村拓之 
高橋智宏 
原田洋祐 
早津真澄 
小田旭 
迫律聖 
瀬川朋勝 
中村誠 
新山友一朗 
渡邊皐 
車輌応援杉塚崇 
スチール応援高松英昭 
製作秘書徳武利奈 

キャスト

解説

小説界のヒットメーカーであり、ホラー界の俊英、乙一の同名傑作書き下ろし長編小説を映画化。監督は『リング』『呪怨』などジャパニーズホラーの代表作すべてに携わり、乙一作品初の映画化『ZOO~seven rooms』で監督デビューを果たした安達正軌。主演のマサオ役は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』の須賀健太。また、凄惨な特殊メイクを施しながらも、美しさと確かな演技力で少女・アオを見事に演じきった谷村美月は、『リアル鬼ごっこ』『神様のパズル』と公開作品が目白押しの若手No.1.そして『ヒート アイランド』など話題作で独自の存在感を発揮している城田優は、迫真の演技で虐待教師を演じきり、新境地を開いた。(作品資料より)

あらすじ

気の弱い小学6年生・マサオは、生き物係を決めるできごとがもとで、新任教師・羽田に嫌われてしまう。それ以来、羽田は何かにつけマサオを理不尽に攻撃し、やがてクラスメイトたちもマサオいじめに興じ始める。ゴミ扱いされ、命の危機にまで追い詰められた時、マサオの前に現れたのは、全身真っ青の不気味な少女・アオだった。傷だらけで、片目片耳はつぶれ、白い拘束服を着たアオは、やがて教室中を恐怖に陥れていく。いつしかアオの残虐性に、マサオ自身も取り込まれていき…。

関連するキネマ旬報の記事