男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

丘を越えて

  • おかをこえて
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.9点(30人)

  • 観たひと

    48

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/5/17
上映時間 114分
製作会社 「丘を越えて」製作委員会
配給 ゼアリズエンタープライズ=ティ・ジョイ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督高橋伴明 
脚本今野勉 
原作猪瀬直樹 
企画内田ゆき 
プロデューサー日下部孝一 
共同プロデューサー日下部圭子 
撮影小松原茂 
美術山本修身 
主題歌つじあやの 
録音福田伸 
照明才木勝 
編集河原弘志 
衣裳水野美樹子 
ヘアメイク竹間美幸 
アソシエイトプロデューサー小林正知 
堀川行歳 
ラインプロデューサー塩川剛史 
制作担当持田一政 
助監督柿沼竹生 
記録阿保知香子 
装飾藤原慎二 

キャスト

出演西田敏行 菊池寛
池脇千鶴 細川葉子
西島秀俊 馬海松
余貴美子 細川はつ(葉子の母)
嶋田久作 佐々木茂索
猪野学 長谷川伸策(地下鉄しんちゃん)
利重剛 
戸田昌宏 
中田寛美 
下元史朗 
金山一彦 
石井苗子 堀口カツ
峰岸徹 細川徳蔵(葉子の父)
特別出演猪瀬直樹 

解説

作家であり実業家でもあった菊池寛を主人公にした、猪瀬直樹の小説『こころの王国』を、「光の雨」の高橋伴明監督が映画化。昭和初期の東京を舞台に二人の男と一人の女の恋物語が繰り広げられる。菊池寛役は「釣りバカ日誌」シリーズの西田敏行。共演は「犬と私の10の約束」の池脇千鶴、「三年身籠る」の西島秀俊。

あらすじ

日本に地下鉄が開通、映画館が立ち並び、自動車や洋服、そして女性が仕事をすることがまだ珍しかった昭和初期。江戸情緒の残る東京・竜泉寺町に育った細川葉子(池脇千鶴)は女学校を卒業し、就職のために文藝春秋社の面接を受ける。不況の折、採用の枠はなかったが、葉子は文藝春秋社社長であり著名な作家でもある菊池寛(西田敏行)の目に留まり、個人秘書としての職を得る。下町育ちの葉子に、菊池たちが過ごす世界はまぶしかった。銀座の街、帝国ホテル、ダンスホール、菊池にからむ女性たち。矛盾をまるごと抱え込んだような巨人、それでいて破格の人情家でもある菊池に憧れを抱く葉子。老境を迎えつつある菊池は、金では買えない葉子の魅力にかけがえのないものを感じ、恋に落ちる。その一方、葉子は菊池の元で働く若い美男の編集者、馬海松(西島秀俊)にも惹かれていく。朝鮮の貴族出身で、日本に留学して菊池の知遇を得た馬。彼は一見、遊び人を気取っているが、心の中ではいずれ母国に戻り、新しい朝鮮を作りたいと野心を燃やしていた。そんな馬の若さと野心は彼女の胸をときめかせる。対照的な二人の男の間を揺れ動く葉子だったが、彼女は少しずつ成長し女流作家になりたいという自分自身の夢を抱く。やがて満州事変が勃発。戦争の足音が聞こえはじめると、馬は母国の独立のため、朝鮮に帰る決意を葉子に伝えるのだった。行く手に嵐を予感しながらも、菊池も葉子も馬も、自分自身の人生を歩もうとするのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年7月上旬号

劇場公開映画批評:「丘を越えて」

2008年5月下旬号

作品特集 「丘を越えて」:作品評

作品特集 「丘を越えて」:高橋伴明[監督] インタビュー