男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

  • かくしとりでのさんあくにんざらすとぷりんせす
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    56.9点(183人)

  • 観たひと

    397

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/5/10
上映時間 118分
製作会社 東宝=日本テレビ放送網=小学館=ジェイ・ストーム=読売テレビ放送=中京テレビ=読売新聞=電通
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督樋口真嗣 
オリジナル脚本家菊島隆三 
小国英雄 
橋本忍 
黒澤明 
脚色中島かずき 
エグゼクティブプロデューサー市川南 
奥田誠治 
製作富山省吾 
製作統括島谷能成 
小杉善信 
亀井修 
藤島ジュリーK. 
西垣慎一郎 
宮崎哲彰 
大月昇 
島本雄二 
プロデューサー山内章弘 
甘木モリオ 
Coプロデューサー山田健一 
撮影江原祥二 
美術清水剛 
音楽佐藤直紀 
音楽プロデューサー北原京子 
主題歌布袋寅泰 
KREVA 
亀田誠治 
録音中村淳 
照明吉角荘介 
編集上野聡一 
アソシエイトプロデューサー倉田貴也 
ラインプロデューサー森徹 
監督補足立公良 
セカンドユニット監督尾上克郎 
助監督清水俊文 
スクリプター石山久美子 
VFXプロデューサー大屋哲男 
殺陣久世浩 
装飾秋田谷宣博 
製作担当竹岡実 

キャスト

出演松本潤 武蔵
長澤まさみ 雪姫
椎名桔平 鷹山刑部
宮川大輔 新八
甲本雅裕 佐川伝兵衛
高嶋政宏 本庄久之進
國村隼 長倉和泉
KREVA 刑部付きのサムライ
黒瀬真奈美 みつ
生瀬勝久 バクチ打ち
古田新太 人買い
ピエール瀧 軍資金堀のサムライ
上川隆也 宿場襲撃隊・隊長
阿部寛 真壁六郎太

解説

黒澤明の名作映画を、「ローレライ」「日本沈没」の樋口真嗣が現代的な感覚でリメイク。戦国時代を舞台に、抑圧された民たちと没落した国の再興を目指す姫の闘争と恋が描かれる活劇エンターテインメント。出演者は、「僕は妹に恋をする」の松本潤、「世界の中心で、愛をさけぶ」の長澤まさみ、「チーム・バチスタの栄光」の阿部寛。黒澤版の脚本をもとに『劇団☆新感線』の中島かずきが脚色。

あらすじ

戦乱の時代、隣接する三つの国で争いは続いていた。覇権拡大に意欲を燃やす『山名』は、『早川』と同盟を結ぶ『秋月』に侵攻し、秋月城を陥落させる。しかし、生き残った雪姫(長澤まさみ)と軍資金は城から消えていた。『山名』の労役から逃亡した武蔵(松本潤)と新八(宮川大輔)は、『秋月』の隠し金を発見する。しかし、『秋月』の大将である真壁六郎太(阿部寛)と男装した雪姫が現れて、二人は囚われの身となった。軍資金を『早川』へ運搬しなければならない六郎太の事情を知った武蔵は、敵陣である『山名』を突破して『早川』へ踏み込むという奇策を提案、それを新八と手伝う代償として分け前を要求した。『秋月』の残党を率いて隠し砦に潜む家老の長倉(國村隼)は、その奇策を讃えて、六郎太たちを見送った。そして軍資金と雪姫を狙う『山名』の鷹山刑部(椎名桔平)を欺くため自害する。しかし、鷹山は六郎太の死体がないことから策略を見破った。さまざまな関門をくぐり抜け、民たちの火祭にまぎれて『早川』へ突入しようとする六郎太たちだが、それに勘づいた鷹山によって雪姫とともに隠し砦に監禁される。だが、六郎太たちが運搬していたのは金に見せかけた鉛であり、『秋月』の軍資金は百人の民によって『早川』へと運ばれたあとだった。六郎太たちは囮だったのだ。それを知った鷹山は、雪姫を『山名』の嫁として娶り、『秋月』の血を絶やそうと考える。一方、雪姫を救うため隠し砦に潜入した武蔵は、掘っていた井戸から可燃性のガスを発生させる。そして雪姫を救い、新八の援助もあって隠し砦から脱出。宿命の敵であった六郎太と鷹山も、激闘の末に六郎太が勝利した。いつしか心を通わせあっていた武蔵と雪姫だが、早川城に入ると『秋月』の復興を祈願する民たちがいた。雪姫に「裏切りご免!」と告げた武蔵は、新八とともに『早川』をあとにするのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年6月下旬特別号

劇場公開映画批評:「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」

2008年5月下旬号

作品特集 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」:樋口真嗣[監督] インタビュー

作品特集 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」:作品評