男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

  • ふぬけどもかなしみのあいをみせろ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    74.0点(356人)

  • 観たひと

    628

  • 観たいひと

    56

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/7/7
上映時間 112分
製作会社 モンスター・フィルムス/ティー・ワイ・オー/アミューズソフトエンタテインメント/ファントム・フィルム
配給 ファントム・フィルム
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督吉田大八 
脚本吉田大八 
原作本谷有希子 
撮影阿藤正一 
尾澤篤史 
美術原田恭明 
音楽鈴木惣一朗 
音楽プロデューサー日下好明 
主題歌チャットモンチー 
録音矢野正人 
照明藤井隆二 
編集岡田久美 
スタイリスト藤井牧子 
ヘアメイク佐藤光栄 
キャスティング梁川こうこ 
ラインプロデューサー加藤賢治 
助監督芹澤康久 
スクリプター長坂由起子 
スチール佐藤芳夫 
佐藤慎太郎 
ビジュアルエフェクト大西博之 
漫画呪みちる 
装飾赤塚明 

キャスト

出演佐藤江梨子 和合澄伽
佐津川愛美 和合清深
山本浩司 萩原
土佐信道 小森哲生
上田耕一 和合曾太郎
谷川昭一朗 神野
吉本菜穂子 審査員(女)
湯澤幸一郎 審査員(男)
ノゾエ征爾 オーディションの相手役
米村亮太朗 田嶋
大原真理子 
高橋睦美 
金沢まこと 
大川婦久美 
永作博美 和合待子
永瀬正敏 和合宍道

解説

エゴ丸出しの長女に翻弄される地方の一家を描いたブラック・コメディ。原作は本谷有希子の同名小説、戯曲。出演は「口裂け女」の佐藤江梨子、「天まであがれ!!」の佐津川愛美、「さくらん」の永瀬正敏、「気球クラブ、その後」の永作博美。監督はこれが映画デビューとなる、CM出身の吉田大八。

あらすじ

北陸の山間部。両親の訃報を受け、音信不通だった長女・澄伽(佐藤江梨子)が東京からふらりと実家に戻ってくる。女優になることを目指して上京していた澄伽は、自意識過剰な勘違い女。自分が女優として認められないのは、家族の、特に妹・清深(佐津川愛美)の犯した消し難い行為のせいだと思い込んでいる。それは四年前のこと。上京を父親の曽太郎(上田耕一)に反対された澄伽は、父をナイフで切りつけようとして、止めに入った兄・宍道(永瀬正敏)の額に消えない傷跡を作ってしまうなど、数々の痴態をやらかした。その一部始終を、清深は漫画に描いて投稿。それが新人賞受賞作としてホラー漫画雑誌に掲載されてしまったのだ。まもなく東京の所属事務所をクビになった澄伽は、新進映画監督の小森哲生(土佐信道)と文通しながら、実は肉体関係を持っている宍道、彼の元に嫁いできた度を越したお人好しの兄嫁・待子(永作博美)、そして清深のいる実家でわがまま放題を始める。やがて澄伽のもとに、次回作のヒロインとして起用したいという小森からの手紙が届き、澄伽は有頂天となる。そのことで一家に平和が訪れるかと思いきや、澄伽は宍道と待子がセックスしているところを目撃し、嫉妬心から再び宍道に脅しをかけた。家族の板挟みとなって絶望した宍道は、ある日、仕事場で不慮の死を遂げる。やがて秋。密かに、再び姉をモデルにした漫画を描いていた清深は、ホラー漫画雑誌のグランプリを受賞。東京で漫画家になると高らかに宣言し、さらに、小森の手紙はすべて自分が書いたものであることを姉に告げた。逆上した澄伽は、故郷を去っていく清深に必死で喰らいつくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2008年3月上旬号

DVDコレクション:第342回 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

2007年9月下旬号

劇場公開映画批評:腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

2007年7月下旬号

キネ旬チョイス 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」:吉田大八[監督] インタビュー

キネ旬チョイス 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」:作品評