男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

  • どるふぃんぶるーふじもういちどそらへ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    65.3点(24人)

  • 観たひと

    55

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ミュージカル
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/7/7
上映時間 103分
製作会社 「ドルフィンブルー」製作委員会
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督前田哲 
脚本川嶋澄乃 
松本稔 
前田哲 
原案岩貞るみこ 
エグゼクティブプロデューサー宮下昌幸 
久松猛朗 
大和田廣樹 
吉田敬 
菅井敦 
奈良原敦子 
製作堀義貴 
持田克己 
山上徹二郎 
製作担当田嶋啓次 
プロデューサー山上徹二郎 
槙哲也 
撮影笠松則通 
美術磯見俊裕 
音楽上野洋子 
音楽プロデューサー佐々木次彦 
渡辺信一郎 
録音小川武 
音響効果小島彩 
照明石田健司 
編集菊井貴繁 
衣裳デザイン小川久美子 
主題歌プロデュース小渕健太郎 
キャスティング西川文郎 
ラインプロデューサー渡辺栄二 
プロダクションマネージャー佐々木正明 
助監督西山太郎 
イルカ担当助監督水元泰嗣 
宣伝写真川内倫子 
整音加藤大和 
装飾鎌田康男 
アニメーション制作STUDIO4℃ 

キャスト

出演松山ケンイチ 植村一也
高畑充希 玉城ミチル
池内博之 比嘉剛
坂井真紀 望月ユリ
田中哲司 須藤勇治
西山茉希 青山陽子
古網雅也 
赤羽梨栄 
築地功介 
志賀廣太郎 
古館寛治 
島正廣 
Marilyn Macklin 
Beth Denton 
上間宗男 玉城のオジイ
利重剛 仲村圭一
永作博美 日下部七海
山崎努 福原謙三

解説

沖縄の美ら海水族館で起こった実話を基に、人間とイルカの心の交流を描く。原案は、バンドウイルカの人工尾びれ再生プロジェクトを描いたノンフィクション小説、岩貞るみこ著の「もういちど宙へ」。監督は「陽気なギャングが地球を回す」の前田哲。主演の獣医に松山ケンイチ。ヒロインには、ミュージカル「ピーターパン」でも主役を務めた、十五才の高畑充希。そのほかにも、山崎努、坂井真紀、永作博美らが脇を固めている。

あらすじ

沖縄美ら海水族館に赴任してきた新人獣医の植村一也(松山ケンイチ)は、海獣課に配属になる。だが、実際にイルカと触れ合ってこそ獣医として一人前になれると考える館長(山崎努)は、植村に、掃除や餌の準備など飼育係の仕事ばかりをさせる。納得のいかない植村だが、それでも先輩の飼育員とぶつかりあったり、上司から獣医としての心構えを学んだり、と、日々は忙しく過ぎていく。疲れた心を癒すのは、七海(永作博美)のカフェで過ごす一時と、遠距離恋愛中の恋人とのメールのやりとりだった。水族館の人気者、イルカのフジにもようやく受け入れられた頃、フジの尾びれが壊死しはじめていることがわかる。植村の治療や飼育員達の介護もむなしく、壊死は進み、フジは尾びれを切除することになった。一命は取りとめたが、泳ぐ元気を全く失ってしまったフジ。その姿に、少女ミチル(高畑充希)は、ショックを隠しきれない。ミチルは、毎日フジに会うためにこの水族館を訪れている。母親に捨てられたと思いこみ、フジの元気に泳ぐ姿を目にすることで、寂しさを埋めていたのである。植村は、治療に判断ミスがあったのでは、と自分を責め、フジをもう一度元気な姿に戻すため、人工尾びれの製作に向けて動き出す。植村の思いは、周囲の人間を巻き込み、誰もが心を一つにして、フジのために立ち上がろうとしていた。

関連するキネマ旬報の記事

2007年8月下旬号

劇場公開映画批評:ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

2007年7月下旬号

巻頭特集 松山ケンイチ ここからさきへ:「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」[監督] 前田哲 インタビュー