男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ベロニカは死ぬことにした(2005)

  • べろにかはしぬことにした
  • Veronika Decides to Die
  • ----
  • 平均評点

    52.8点(109人)

  • 観たひと

    200

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006/2/4
上映時間 107分
製作会社 フィルム・コミッティ・ベロニカ
配給 角川映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督堀江慶 
脚本筒井ともみ 
原作パウロ・コエーリョ 
プロデューサー筒井ともみ 
片岡公生 
岡田和則 
撮影柳田裕男 
美術林千奈 
音楽アンドレア・モリコーネ 
主題歌nanagi 
録音安藤邦男 
サウンドエフェクト柴崎憲治 
照明市川徳充 
編集森下博昭 
衣裳デザイン伊藤佐智子 
ヘアメイク細川昌子 
アソシエイトプロデューサー小林勝絵 
印田友紀 
助監督佐伯竜一 
VFXアドバイザー道木伸隆 
製作担当田島英憲 

キャスト

出演真木よう子 トワ
イ・ワン クロード
風吹ジュン ショウコ
中嶋朋子 サチ
荻野目慶子 婦長
田中哲司 
片桐はいり 
多岐川裕美 トワの母・京子
淡路恵子 紅子
市村正親 院長

解説

世界120カ国以上で翻訳された人気作家パウロ・コエーリョの同名小説を、設定を日本に置き換え映画化。風変わりなサナトリウムを舞台に、自殺願望をもつ少女が様々な患者と出会い、心に変化が訪れてゆく人間ドラマ。監督は「渋谷怪談」の堀江慶。出演は「パッチギ!」の真木よう子と韓国若手俳優のイ・ワン。

あらすじ

退屈な人生にうんざりして、自ら命を絶とうとしたトワ(真木よう子)。風変わりなサナトリウムで目覚めた彼女に、院長(市村正親)は、「あと7日間の命」と宣告する。院内では、風変わりな人々が隔絶された独特の世界で毎日をすごしている。理想と現実の狭間で自分を追い詰めてしまった元・弁護士ショウコ、愛しすぎてバランスを失った主婦・サチ、完治後も狂気の世界に安住し続けようとする往年の大女優・紅子。院長とともに彼らを見守る婦長の姿も、どこか普通ではない。トワを心安らかに逝かせようと、周囲の人々が接触を避けるなか、絵描きになる夢を忘れられず、言葉を失ってしまったクロード(イ・ワン)だけは、トワに共感する。最初は戸惑い、混乱するトワだったが、おいしいものを食べること、楽しむこと、好きな格好をすること、美しい音楽を奏でる喜び、満ち足りたセックス、人生を彩る愛しいものすべてが彼女を変えてゆき、やがて生への欲求が芽生えてくる。身近に迫った死をきっかけに、退屈だったはずのトワの人生が輝きはじめるのだった。

関連するキネマ旬報の記事