男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜のピクニック

  • よるのぴくにっく
  • The Night time Picnic
  • The Night time Picnic

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    69.3点(196人)

  • 観たひと

    345

  • 観たいひと

    52

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006/9/30
上映時間 117分
製作会社 ムービーアイ・エンタテインメント/エイベックス・エンタテインメント/I&S BBDO/Yahoo!JAPAN/夜光舎
配給 松竹/ムービーアイ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督長澤雅彦 
脚本三澤慶子 
長澤雅彦 
原作恩田陸 

キャスト

出演多部未華子 甲田貴子
石田卓也 西脇融
郭智博 戸田忍(融の親友)
貫地谷しほり 後藤梨香(貴子と融のクラスメイト)
松田まどか 梶谷千秋(貴子と融のクラスメイト)
高部あい 内堀亮子(同級生)
池松壮亮 榊順弥(杏奈の弟)
加藤ローサ 榊杏奈(転校した貴子と美和子の親友)
柄本佑 高見光一郎(貴子と融のクラスメイト)
嶋田久作 藤巻(教師)
田山涼成 校長先生
南果歩 貴子の母親

解説

第2回本屋大賞を受賞した恩田陸のベストセラー小説を映画化した青春ドラマ。24時間夜を徹して80キロを歩く伝統行事「歩行祭」に参加した高校生たちの一夜を描く。監督は「青空のゆくえ」の長澤雅彦。出演は「HINOKIO」の多部未華子、「蝉しぐれ」の石田卓也。

あらすじ

夜を徹して80キロを歩き通す高校生活最大のイベント「歩行祭」。最後の歩行祭を迎える高校3年生の甲田貴子(多部未華子)は、人知れず一つの賭けを胸に秘めていた。3年間わだかまった想いを解決するための「秘密の賭け」。それは、一度も話したことのないクラスメイトの西脇融(石田卓也)に、話しかけることだった。親友の美和子(西原亜希)にも、NYに引っ越してしまったもう一人の親友・杏奈(加藤ローサ)にも言えず、貴子はある秘密を必死に隠し続けていた。それは、貴子と融が同じ父親を持つ、血のつながった兄妹だということだ。すっかり夜も更けてゆき、日付が変わった頃、疲れてるはずの生徒たちが皆ソワソワし始めた。「歩行祭」は、数多くのカップルが生まれるイベントでもあるのだ。貴子と融の関係を勘違いしているクラスメイトたちは、二人をくっつけようと応援してくる。友人たちの勘違いとおせっかいが背中を後押しするも、強張った表情しか向けない融に、結局貴子は声をかけられないままでいた。時は過ぎ、残された時間は20キロの自由歩行のみ。先をゆく融の背中はどんどん遠ざかり、何もできないままゴールは迫る。朝日を浴びる頃、どちらからともなく二人の距離は縮まり、貴子はついに融に話しかける。融も、自分たちが兄妹だということは知っていた。長年のわだかまりが静かに溶けていき、貴子にとって最後の「歩行祭」が終わるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年11月上旬号

巻頭特集 映画と原作の深い関係【前編】 映画×小説:小説家は語る/対談 恩田陸×川本三郎(『夜のピクニック』)

2006年10月上旬特別号

作品特集 「夜のピクニック」:長澤雅彦監督 インタビュー

作品特集 「夜のピクニック」:対談 恩田陸[原作者]×川本三郎

作品特集 「夜のピクニック」:作品評

2006年8月上旬特別号

HOT SHOTS:「夜のピクニック」

2006年1月下旬特別号

新春グラビア企画:若手女優のいる風景-06年期待の日本映画より 多部未華子(「夜のピクニック」)