男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

田山涼成

  • Ryosei Tayama
  • 出演
本名 高山良一
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 1951/08/09
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

愛知県名古屋市の生まれ。本名・高山良一。小学6年生の時にNHK放送児童劇団に入団し、1967年のNHK名古屋制作のドラマ『われら高校生』にレギュラー出演する。愛知大学を中退後、文学座研究所に第15期生として入り、74年に卒業。79年に野田秀樹主宰の劇団夢の遊眠社に入団し、『赤穂浪士』80、『走れメルス』81~86などから92年の解散公演『ゼンダ城の虜』まで、舞台俳優として精力的に活動する。88年からは『眠れないから夜』を皮切りに、毎年、ふたり芝居のプロデュース公演を製作・主演。それらと並行して、NHK大河ドラマ『花神』77、『春の波涛』85、TBS『スチュワーデス物語』83などのテレビドラマに出演し、79年の武田一成監督「ひと夏の秘密」から、にっかつロマンポルノの傑作群にも多数助演する。80年代半ばからは一般映画出演が増えていき、文芸大作から社会派、娯楽映画、コメディに至るまで、頼りない中年男性や小市民、小役人的なキャラクターを演じさせればピカイチの存在として広く認知される。テレビドラマ出演も増え、TBS『ぽっかぽか』94、『Dearウーマン』96、『魔女の条件』99、『クロサギ』06、フジテレビ『総理と呼ばないで』97、『眠れる森』98、『ショカツ』00、『白い巨塔』03、日本テレビ『ごくせん』02、テレビ朝日『オトコの子育て』07、『検事・鬼島平八郎』10、NHK『テンペスト』11など数々の作品で名脇役のポジションを確立。テレビ朝日『特命係長・只野仁』03~09やTBS『ハンチョウ・神南署安積班』09~11の口うるさい上司役などが典型的な当たり役となる。近年は、柔和なルックスや温厚な人柄が買われ、バラエティ番組などでも活躍。

キネマ旬報の記事

2004年3月上旬号

特集 「東京原発」:出演者は語る/役所広司、段田安則、平田満、田山涼成、菅原大吉、岸部一徳、徳井優