男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

南果歩

  • Minami Kaho
  • 出演/音楽/製作
本名
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 1964/01/20
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

兵庫県尼崎市の生まれ。桐朋学園大学短期大学部演劇科在学中の1984年、小栗康平監督「伽子のために」のヒロインオーディションを受け、2200人の応募者の中から合格して、女優デビューを果たす。85年には、TBSの昼帯ドラマ『五度半さん』のヒロインを好演。さらに86年、坂東玉三郎演出『ロミオとジュリエット』のジュリエット役でプロとしての初舞台を踏む。89年には、森﨑東監督「夢見通りの人々」、山城新伍監督「せんせい」、梶間俊一監督「螢」、五社英雄監督「226」など大量助演し、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。以降も映画、ドラマ、舞台と大作に次々と出演し、それぞれのジャンルで活躍を続ける。95年、ミュージシャンで作家の辻仁成と結婚。辻が監督した「天使のわけまえ」95ではプロデュースも兼ねて主演し、私生活では一男をもうけたが、2000年に辻と離婚した。その後も作品のペースは落ちることなく、平山秀幸監督「笑う蛙」02、落合正幸監督「感染」04などで助演。05年の李闘士男監督「お父さんのバックドロップ」では、高崎映画祭の助演女優賞を受賞している。同年、テレビ東京のドラマ『異端の夏』03で共演した渡辺謙と再婚。渡辺のハリウッド進出に伴い、ロサンゼルスで暮らした時期もあったが、現在は日本に活動の拠点を戻している。舞台も、鴨下俊一演出のひとり芝居『幻の光』、マイケル・ブルーム演出『ガラスの動物園』、蜷川幸雄演出『グリークス』、宮本亜門演出『メアリー・スチュアート』など一流の演出家の作品に多数出演。押井守の初演出で話題になった舞台『鉄人28号』09では、40代で主人公の金田正太郎少年を演じる快挙を遂げた。見た目からは年齢不詳の少女性を感じるが、内面から強いエネルギーを放つ女優である。

キネマ旬報の記事

2000年8月下旬夏の特大号

HOT SHOTS:南果歩(「それいけ!アンパンマン 人魚姫のなみだ」)

1997年11月上旬号

FACE:南果歩

1994年7月下旬特別号

創刊75周年特集〈2〉アンケート 夢の映画、映画の夢:

1993年9月下旬号

アクターズ・カット:第10回 南果歩

1989年10月上旬号

特集 帝都大戦:南果歩 インタビュー