男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ニライカナイからの手紙

  • にらいかないからのてがみ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.9点(118人)

  • 観たひと

    237

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005/5/28
上映時間 113分
製作会社 エルゴ・ブレインズ=ビジュアルアート研究所=IMJエンタテインメント
配給 IMJエンタテインメント=ザナドゥー
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督熊澤尚人 
脚本熊澤尚人 
製作総指揮井筒雅博 
プロデューサー竹之内崇 
脇坂嘉紀 
三木裕明 
撮影藤井昌之 
美術花谷秀文 
音楽中西長谷雄 
その他永山尚太 
織田哲郎 

キャスト

出演蒼井優 安里風季
平良進 安里尚栄
南果歩 安里昌美
金井勇太 内盛海司
かわい瞳 鳩山レイナ
比嘉愛未 平良美咲
中村愛美 相葉幸子
斎藤歩 崎山
前田吟 田中

解説

美しい竹富島を舞台に展開する母と娘の感動的な物語。監督は本作が劇場長編映画デビューとなる熊澤尚人。主演は「花とアリス」の蒼井優。沖縄演劇界の重鎮・平良進、映画・テレビ・舞台に活躍する南果歩、金井勇太、前田吟。主題歌を、沖縄出身の注目の新人アーティスト・永山尚太が歌う。

あらすじ

沖縄本島から、はるか南の八重山諸島、島全体が西表国立公園に指定された美しい島、竹富島で、ひとりの娘と母が必死に手を振り合っていた。娘の名は風季、東京に旅立つ母(南果歩)と、付き添いのオジイ(平良進)。ひとり島に残る娘は涙をこらえ、いつまでも手を振り続けた。風季の父は、ずっと前に愛用のカメラだけを残して死んだ。それからは、島の郵便局長のオジイと母、3人で静かに暮らしていた。そんなある日、母の東京行きが決まった。すぐに帰ってくると思っていた。だが、帰ってきたのはオジイひとり。いつまで経っても母は島に戻ろうとしなかった。でも、毎年、誕生日にはかならず、母からの温かい手紙が届いた。「風季ちゃん、誕生日おめでとう」いつも、そう始まる母の手紙は、まるですぐそばに居て見つめているように、いつも風季を励まし、勇気づけた。少女から、大人へ。人がいちばん感受性にあふれ美しい季節を、いつも、母からの手紙と過ごした少女風季。すりきれた手紙を抱きしめて、ある時は帰らない母に反発し、ある時は母の存在に疑問を抱きながら、でも結果としていつも、母の言葉に支えられながら、風季は大きくなっていった。いつか亡き父のカメラを手に、少しずつ撮影の練習を続ける彼女。撮影助手は幼なじみのカイジ(金井勇太)だ。14歳の誕生日には母親から、「20歳の誕生日になったら、ちゃんと全部説明する」という手紙が届いた。写真の勉強をするために東京に出て行こう。風季(蒼井優)の胸に新しい想いが芽生え始めて行く。やがて東京に旅立つ日がやってきた。オジイの反対を押し切って、東京行きを決心した彼女。決意の奥には、母の手紙の消印でしか見たことのない「渋谷」という文字の存在も大きかった。忙しい東京の日常の中で、いつのまにか自分の誕生日さえ忘れてしまった風季。そんな彼女の元に、カイジが母の手紙を持ってやって来る。いよいよ来年は、20歳の誕生日。とうとう母に会える日がやってくるのだろうか。

関連するキネマ旬報の記事

2005年7月上旬号

キネ旬チョイス 「ニライカナイからの手紙」:熊澤尚人監督 インタビュー

キネ旬チョイス 「ニライカナイからの手紙」:作品評