男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カタクリ家の幸福

  • かたくりけのこうふく
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.7点(38人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ミュージカル / コメディ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2002/2/23
上映時間 113分
製作会社 松竹=毎日放送=衛星劇場=スパイク=セディックインターナショナル=電通=幻冬舎=リトルガレージ=がんも(製作協力 松竹京都映画)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督三池崇史 
立体アニメーション監督キムラヒデキ 
脚本山岸きくみ 
原案映画「クワイエットファミリー」 
製作総指揮関根康 
谷奥孝司 
秋元一孝 
村越隆 
久保田貴幸 
製作宮島秀司 
門川博美 
石川富康 
椎橋晃 
小山範規 
小玉圭太 
馬飼野康二 
中沢敏明 
プロデューサー佐生哲雄 
吉田浩二 
撮影野村明生 
美術原田哲男 
装飾鎌田康男 
音楽馬飼野康二 
遠藤浩二 
録音小原善哉 
音響効果柴崎憲治 
照明井上武 
編集島村泰司 
衣裳松竹衣裳 
鍛本美佐子 
スタイリスト松田綾子 
HDスーパーバイザー秋山雅和 
HDプロデューサー都築正文 
HD撮影コーディネーター井上充夫 
VE千葉清美 
製作主任高坂光幸 
助監督丹野雅仁 
スチール桂秀也 
操演鳴海聡 
CGIプロデューサー坂美佐子 
CGIディレクター太田垣香織 
CGI橋本聡 
松本弘 
横山公望 
根本篤 
関根聡一郎 
佐藤円 
小畑正好 
松本靖明 
奈良由美子 
高野俊一 
特殊造形松井祐一 
福田雅朗 
大塚章生 
三好史洋 
香ヶ美友貴 
アニメーター喜田夏記 
撮影スーパーバイザー山本英夫 

キャスト

出演沢田研二 片栗正男
松坂慶子 片栗照江
西田尚美 片栗静江
武田真治 片栗真之
丹波哲郎 片栗仁平
宮崎瑶希 片栗百合恵
ガタピシ ポチ
忌野清志郎 リチャード佐川
塩田時敏 中村一郎
遠藤憲一 工藤
森下能幸 三宅
濱田マリ 百合恵ナレーション
絵沢萠子 イタコ
竹中直人 TVレポーター
竹中直人 ミュージカル女優
有薗芳記 貧父
中谷由香 
めぐろあや 
麿呂 
畠山明子 
松崎貴司 
澤田美保 
浅川雅広 
金崎由名来 
藤田むつみ 
國本鍾建 
中村美睦 
河本タダオ 
森保郁夫 
川島庸介 
こじ郎 
ワイルドチェリー 
Ami 
中村修三 
清水一雄 

解説

人里離れた山中でペンション経営を始めた一家が、数々の災難を乗り越え幸福を掴み取るまでをミュージカル仕立てで描いたコメディ。監督は「DOA FINAL」の三池崇史。韓国映画「クワイエット・ファミリー」を基に、山岸きくみが脚本を執筆。撮影を野村明生が担当している。主演は、「ピストルオペラ」の沢田研二、「本日またまた休診なり」の松坂慶子、「ウォーターボーイズ」の西田尚美、「ほとけ」の武田真治、「伊能忠敬 子午線の夢」の丹波哲郎。第14回東京国際映画祭特別招待作品。HD24P→レーザーキネコ。2002年2月16日より大阪・シネ・リーブル梅田にて先行公開。

あらすじ

長年勤めたデパートをリストラされてしまった片栗正男は、「大きな道路が通るから、お客が来るぞ」という知人の言葉を信じ、家族―妻・照江、正男の父・仁平、出戻りの長女・静江、無職の長男・真之、静江の娘・百合恵、愛犬のポチ―と共に人里離れた山の中でペンション白い恋人たちの経営を始めた。だが、待てど暮らせど客は来ない。お陰で一家は崩壊の危機。そんなある日、遂に第一号のお客がやって来た。しかしやけに陰気なこの男、翌朝起こしに行くと自殺していた! ここで警察沙汰にしてペンションに悪評が立ってはと、正男の提案で死体を埋めることにした片栗家の面々。ところがその後、来る客来る客が次々に死んでいく。人気絶頂の力士は腹上死、その下敷きになって恋人は圧死、仁平が谷へ落として殺した筈の静江を騙そうとしていた名うての結婚詐欺師・リチャード佐川もわざわざペンションへ戻って息絶える始末。だが皮肉なことに、死体が増えそれを埋める度に家族の絆は強くなっていくのだった。数日後、片栗家に警察がやって来た。遂にバレたかと覚悟を決める一家。しかし、警察は別のペンションで殺人を犯し逃亡を図った犯人を追跡していたのだ。一時は照江を人質に立てこもった犯人・工藤も、正男の説得で照江を解放、警察に逮捕される。だがその時、ペンションの裏山が大噴火を起こした。逃げまどう片栗家の人々。やがて、正男が気づくと、隠した死体はマグマが全て流し、被害を受けなかったペンションの周りには美しい風景が広がっていた。それを見て大喜びの片栗家。彼らに本当の幸せが訪れた。

関連するキネマ旬報の記事

2002年11月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:カタクリ家の幸福

2002年2月下旬決算特別号

NEW CINEMA RUSH 新作紹介:カタクリ家の幸福