男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジュブナイル

  • じゅぶないる
  • Boys Meet The Future Juvenile
  • Boys Meet The Future Juvenile

amazon


  • 平均評点

    67.9点(112人)

  • 観たひと

    218

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ファンタジー / SF
製作国 日本
製作年 2000
公開年月日 2000/7/15
上映時間 100分
製作会社 「ジュブナイル・プロジェクト」(フジテレビジョン=メディアファクトリー=小学館=IMAGICA=三井物産=ジェイアール東日本企画=白組=ROBOT)(制作プロダクション ROBOT)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督山崎貴 
アクション監督松井哲哉 
脚本山崎貴 
エクゼクティブ・プロデューサー阿部秀司 
島村達雄 
企画河村雄太郎 
久保雅一 
香山哲 
高野力 
高橋修 
吉田紀之 
プロデューサー波上康雄 
沢辺伸政 
樫野孝人 
安藤親広 
Co.プロデューサー堀部徹 
コンセプチャルデザイン山崎貴 
撮影柴崎幸三 
ステディカム金子雪生 
美術上條安里 
音楽清水靖晃 
音楽プロデューサー内田英樹 
保坂城太 
主題歌山下達郎:(「Juvenileのテーマ~瞳の中のRainbow~」「アトムの子」)
録音宮内一男 
チーフサウンドエディター勝俣まさとし 
サウンドエディター戸塚麻美 
坂口由洋 
照明上田なりゆき 
編集北澤良雄 
衣裳智加江 
ポストプロダクションスーパーバイザー百瀬慶一 
ダビングエンジニア佐藤忠治 
ラインプロデューサー山際新平 
制作担当竹内勝一 
助監督佐野智樹 
スクリプター石山久美子 
スチール笠井新也 
視覚効果山崎貴 
ビジュアルエフェクツユニット白組 
Motor/lieZ 
IMAGICA 
ROBOT 
テトラ造形三木康次 
スーパーバイジングサウンドエディター小川高松 

キャスト

出演香取慎吾 神崎宗一郎
酒井美紀 木下範子
遠藤雄弥 坂本祐介
鈴木杏 木下岬
清水京太郎 大野秀隆
YUKI 松岡俊也
林原めぐみ テトラの声/女性研究員
武野功雄 ボイド人の声/リファレンスパフォーマー
吉岡秀隆 20年後の坂本祐介
緒川たまき 20年後の木下岬
高杉亘 20年後の松岡俊也
川平慈英 20年後の大野秀隆
高橋克実 祐介の父
麻木久仁子 祐介の母
桜金造 廃品置き場の管理人
松尾貴史 三沢
角替和枝 駄菓子屋のおばさん
田原洋 男性研究員
平賀雅臣 船長
黒木宣彦 副船長
山根祐夫 遠山船員
田鍋謙一郎 山口船員
小松和重 高野田の父
海原ローラ 高野田の母
水上潤 野田光春
小形雄二 電気屋店主
北林実季 カップル女性
谷畑聡 カップル男性
鈴木祥二郎 若者
則友謙司 若者
松井哲哉 怪盗ヤミー
北浦実千枝 少女
安藤一平 少年探偵
ジェラルド・トファーソン エージェント
アダム・チミー エージェント

解説

未来からやって来たロボットと共に、異星人の脅威から地球を救うべく立ち上がった少年たちの一夏の冒険を描くSFファンタジー。監督・脚本は、本作が本篇デビューとなる山崎貴。撮影を「学校の怪談4」の柴崎幸三が担当している。主演は、「香港大夜総会 タッチ&マギー」の香取慎吾と映画初出演の子役・遠藤雄弥、そして「ヒマラヤ杉に降る雪」の鈴木杏。

あらすじ

2000年、夏。林間学校に参加した祐介、岬、俊也、秀隆は、森の中で祐介に会いに来たと言う小型ロボット、テトラを発見し、祐介の部屋の押入で飼うことにする。祐介たちが集めて来る金属片でカラダを改造したテトラは、更にタイムマシンの研究をしている天才物理化学者にして町の電気屋・神崎のパソコンからインターネットを通じて知識を増やしていった。ところでその頃、地球上空10万キロに巨大宇宙船団が接近、また太平洋沖200海里には1辺が6キロもある巨大な三角錐が出現していた。それは、惑星改造を目論み、地球の海水を奪いにやってきた異星人・ボイド人のものだった。そして、彼らは自分たちの計画に邪魔になる時代に相応しくないオーバーテクノロジーであるテトラを探して、祐介たちの町に現れる。実は、テトラはボイド人たちの脅威から地球を守る為に未来から送られてきたメッセンジャーだったのだ。岬の従姉・範子や神崎になりすまし、テトラを奪おうとするボイド人。彼らは岬を誘拐し、引き替えにテトラを要求してきた。一方、テトラはガンゲリオンという巨大なパワードスーツを作成し、祐介と共にボイド人に戦いを挑んでいく。そして、ボイド人が乳酸菌に弱いことを掴み、ボイド人を撃退。岬の救出にも成功する。ところが、その戦いでテトラが故障し動かなくなってしまった。テトラには、まだ発明されていないディスクが使用されており、神崎をしても直すことは出来なかった……。それから20年後。ロボット工学を学んだ31歳の祐介に、テトラに内蔵されていたディスク発明のニュースが飛び込んだ。早速、テトラを修理する祐介。更に彼は、神崎博士の開発したタイムマシンで、テトラを2000年の夏に送った。ボイド人の計画を少年時代の自分たちに知らせる為に……。

関連するキネマ旬報の記事

2005年7月下旬号

特集 「HINOKIO」:対談 秋山貴彦監督(「HINOKIO」)×山崎貴監督(「ジュブナイル」「Returnerリターナー」)

2000年12月下旬号

日本映画紹介:Juvenile ジュブナイル

2000年8月下旬夏の特大号

劇場公開映画批評:ジュブナイル

2000年8月上旬号

新作紹介:ジュブナイル

2000年1月上旬新年特別号

HOT SHOTS:「ジュブナイル」製作発表