男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Shall we ダンス?(1996)

  • しゃるうぃだんす
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    77.3点(471人)

  • 観たひと

    996

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1996/1/27
上映時間 136分
製作会社 大映=日本テレビ放送網=博報堂=日本出版販売作品(企画制作*アルタミラピクチャーズ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督周防正行 
脚本周防正行 
原案周防正行 
製作総指揮徳間康快 
製作加藤博之 
漆戸靖治 
大野茂 
五十嵐一弘 
プロデューサー桝井省志 
チーフプロデューサー池田哲也 
プロデューサー小形雄二 
撮影栢野直樹 
美術部谷京子 
音楽周防義和 
音楽プロデューサー和田享 
主題歌大貫妙子:(「シャル・ウィ・ダンス?」)
録音米山靖 
照明長田達也 
編集菊池純一 
衣裳中山邦夫 
監督補山川元 
スクリプター甲斐哲子 
スチール加藤義一 
内田敏正 

キャスト

出演役所広司 杉山正平
草刈民代 岸川舞
竹中直人 青木富夫
渡辺えり子 高橋豊子
草村礼子 田村たま子
柄本明 三輪徹
徳井優 服部藤吉
田口浩正 田中正浩
原日出子 杉山昌子
森山周一郎 岸川良
本木雅弘 木本弘雅
清水美砂 歌姫ナツコ
上田耕一 熊田寅吉
宮坂ひろし マッチョ
井田州彦 金子貞二
香川京子 岸川恵子
田中英和 岡田時彦
田中陽子 岸川陽子
東城亜美枝 本田久子
中村綾乃 杉山千景
峰野勝成 経理課長
石井トミコ 原口春子
川村真樹 三好栄子
松阪隆子 服部房子
片岡五郎 ブルースの丈
大杉漣 フロアマネージャー杉浦
石山雄大 ジルバの浜
本田博太郎 さよならパーティーの司会者

解説

ひょんなことから始めた社交ダンスを通して、平凡なサラリーマンが人生を見つめ直す姿を描いたハートフル・コメディ。監督・原案・脚本は「シコふんじゃった。」の周防正行。撮影は「哭きの竜」の栢野直樹。音楽は、監督の従兄弟で「お墓と離婚」の周防義和が担当している。主演は「KAMIKAZE TAXI」の役所広司と、日本バレエ界を代表するプリマドンナ・草刈民代。作品完成後に、周防監督と主演の草刈が電撃結婚したことでも話題を呼んだ。文部省選定作品。96年度キネマ旬報ベストテン第1位、同読者選出ベストテン第1位のほか、主演男優賞(役所)、助演女優賞(草村)、新人女優賞(草刈)、脚本賞(周防)を獲得。他の主要映画賞でも各賞を総ナメにする圧倒的な強さをみせた。

あらすじ

真面目でこれといった趣味も持たないサラリーマンの杉山正平は、ある日の会社の帰り、電車の中から見えるダンス教室の窓に、物憂げに佇むひとりの女性を見つけた。その美しい姿に目を奪われた彼は、数日後、その“岸川ダンス教室”を訪れる。中年のたま子先生の勧めでグループレッスンを受けることにした杉山は、同じく初心者の田中、少しダンスを齧っている服部とともに、生まれて初めての社交ダンスを習い始めた。杉山が見かけた女性はこのダンス教室の娘・舞で、ダンス・コンテストの最高峰ブラックプールに参加してアクシデントに見舞われてから、パートナーに対する信頼感を持てなくなり、父親から半ば強制的にダンス教室の先生をさせられていたのだった。そんなある日、教室に杉山の会社の同僚である青木が姿をみせた。別人のようにいきいきと踊る青木の姿に驚いた杉山は、同じ教室に通う主婦・豊子のダンスにかける情熱にも心を動かされ、舞と踊りたいという不純な動機もすっかり消えて、ダンスそのものに純粋にのめり込んでいった。一方、杉山の妻・昌子は夫の様子がおかしいと感じて、素行調査を探偵に依頼していた。そうとは知らない杉山は、たま子先生の提案で豊子とペアを組んで大会に出場することになり、舞のコーチのもと、さらなる特訓の日々を過ごすことになった。大会当日、会場には探偵から連絡を受けた杉山の妻子の姿もあった。杉山と豊子はワルツをうまくこなして見事二次審査を通過したが、三次のクイックステップで娘の千景の声援を耳にした杉山は、動揺して大失敗する。自分のダンスが終わったと感じた杉山は、それからダンス教室へ行くのをやめてしまった。しばらくして、杉山は舞がイギリスへ行くと知らされる。舞は杉山たちとの特訓を通じてパートナーへの信頼感の大切さを痛感し、ダンスへの純粋な気持ちを取り戻して、再びブラックプールに挑戦することにしたのだった。青木と豊子は舞のためのサヨナラ・パーティに杉山を誘うが、彼は行こうとしない。パーティーの夜、いつもの電車の中からダンス教室の窓を見上げた杉山は、そこに“Shall we ダンス?”と書かれた自分宛てのメッセージを見つけた。パーティも佳境に入ったころ、舞がラストダンスのパートナーを決めようとした時に、杉山がようやく姿を見せた。舞の差し伸べる手をとった杉山は、みんなが見守る中で、最高のダンスを踊るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1997年7月上旬夏の特別号

HOT SHOTS:「Shall weダンス?」アメリカ・キャンペーン

1996年8月下旬上半期決算号

96上半期特集 上半期映画界10大ニュース:「Shall we ダンス?」の大ヒット

1996年4月下旬号

劇場公開映画批評:Shall we ダンス?

1996年3月下旬号

日本映画紹介:Shall we ダンス?

1996年1月下旬号

巻頭特集 Shall we ダンス?:カラー・グラビア紹介

巻頭特集 Shall we ダンス?:新春特別対談 周防正行×岡本喜八

巻頭特集 Shall we ダンス?:作品評

巻頭特集 Shall we ダンス?:キャスト&スタッフ・コメント

1995年12月下旬特別号

グラビア特集 撮影現場訪問:「Shall we ダンス?」

1995年8月下旬上半期決算号

グラビア <Hot Shots[最新ニュース]> :Shall we ダンス?