男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

KAMIKAZE TAXI

  • かみかぜたくしー
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    79.2点(110人)

  • 観たひと

    151

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1995
公開年月日 1995/4/29
上映時間 169分
製作会社 ポニーキャニオン作品(製作協力*ライトヴィジョン=ライトヴィジョンエンタテイメント)
配給 ビターズ・エンド
レイティング R指定
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督原田眞人 
脚本原田眞人 
企画馬越勲 
製作田中迪 
プロデューサー吉田就彦 
南條昭夫 
茂庭喜徳 
岡田和則 
撮影阪本善尚 
美術丸山裕司 
音楽川崎真弘 
録音米山靖 
照明椎原教貴 
編集阿部浩英 
ケーナ指導瀬木貴将 

キャスト

出演役所広司 寒竹一将
高橋和也 達男
片岡礼子 タマ
ミッキー・カーチス 亜仁丸
矢島健一 石田
中上ちか レンコ
内藤武敏 土門
田口トモロヲ チャップリン
根岸季衣 タクシーの客
塩屋俊 臨死体験講座講師
シーザー武志 土門のSP

解説

組に反旗を翻した若いチンピラと、彼と逃亡を共にするペルー育ちの日系人との交流を描くロードムーヴィー。『復讐の天使/KAMIKAZE TAXI』のタイトルでOV作品として既に発売されていながら、スクリーン上映を望む多くのリクエストに応え、劇場公開となった。監督・脚本は「ペインテッド・デザート」の原田眞人。撮影は「家なき子(1994)」の阪本善尚が担当している。主演は「極東黒社会」の役所広司と、「平成無責任一家 東京デラックス」の高橋和也。ミッキー・カーチスが本作でキネマ旬報助演男優賞を受賞している。東京国際ファンタスティック映画祭'94正式出品作品。95年度キネマ旬報ベストテン第8位。(R指定)

あらすじ

悪徳政治家・土門の女の世話係になったチンピラ・達男は、自分の恋人・レンコと彼女の知り合いのタマを派遣する。しかし、SM趣味の土門にタマは重症を負ってしまい、そのことを組長・亜仁丸に抗議したレンコは、無残にも殺されてしまう。最愛のレンコを失った達男は激怒。土門に復讐を誓い、土門の寝室に隠されているという金を盗む計画を、テキヤ仲間と実行するのだった。一旦は成功したかに見えたその計画も、しかしすぐに亜仁丸の知るところとなり、達男は一夜にして自分の所属していた組から追われる身となってしまった。テキヤ仲間を殺され、一人逃亡を続ける達男は、夜明けの埼玉山中で一人の男と出会う。不思議な雰囲気を持ったその男は寒竹一将というペルー育ちの日系人で、“そよかぜタクシー”の運転手だった。達男はそのタクシーを拾って、一路伊豆へと走らせる。当初、お互いを怪しんでいた二人だったが、長い道のりの中、次第に心を開いていった。伊豆には、達男の母親の墓があり、いつか立派な墓を建ててやるという夢を持っていた達男は、盗んだ金でそれを実現させようとしていた。しかし、もう少しのところで亜仁丸の部下・石田に見つかってしまった達男は、所持していたピストルで石田を射殺して、再び寒竹のタクシーで逃げるのだった。達男は、レンコやテキヤ仲間を殺した亜仁丸にその標的を変え、彼を倒すために東京へ戻る。決死の覚悟で事務所を襲った達男だったが、亜仁丸は不在で計画は失敗。たまたま事務所にいたタマとともに寒竹のタクシーに戻った達男は、三たび逃亡の旅に出発する。ひとまず温泉地に落ち着いた三人は、そこで自己開発セミナーを体験し、その後で、達男とタマは寒竹の父にまつわる忌まわしい話を聞く。より一層絆を深めていく三人であったが、地方の組織の者に発見されてしまい、四たび逃亡の生活が始まる。亜仁丸が都内のバーで趣味のサックスの演奏をしているとの情報を得た達男は、単身そのバーへ乗り込んで行く。しかし、亜仁丸を射程に捕えたその瞬間、亜仁丸のボディガードによって反対に射殺されてしまうのだった。残された寒竹は達男が残した金を貰って、一度はペルーへ帰る決心をするが、グリンガを殺せなかった自分の過去を達男の無念に重ね、遺志を継ぐことを決意。一人で土門の邸宅へ乗り込んで行った。ボディガードらを次々に倒し、土門の寝室に押し入った寒竹は、その男がかつて自分の父親がいたカミカゼ特攻隊の元上官だったことを知る。恐怖心をそぐためのシャブをやらなかったことで、特攻出来なかった寒竹の父を卑怯者呼ばわりする土門は、その息子に何が出来るかと寒竹をも罵る。そして、寒竹が隙を見せた一瞬、土門は彼の上に飛びかかった。だがその時、一陣のカミカゼが土門を吹き飛ばし、彼を死に至らしめる。さらに寒竹は屋敷を訪れた亜仁丸も倒し、ふたつの復讐を遂げるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2019年10月上旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第6弾 1990年代日本映画ベスト・テン:ベスト16 解説

1995年8月上旬号

日本映画紹介:KAMIKAZE TAXI

1995年6月下旬号

劇場公開映画批評:「KAMIKAZE TAXI」

1995年5月上旬号

特集 KAMIKAZE TAXI:対談 ミッキー・カーチス×河崎真弘

1995年4月下旬号

グラビア 《New Releases [新作映画紹介]》 :KAMIKAZE TAXI

1994年11月下旬号

特集 復讐の天使 KAMIKAZE TAXI:原田眞人監督インタビュー 

特集 復讐の天使 KAMIKAZE TAXI:作品評

特集 復讐の天使 KAMIKAZE TAXI:高橋和也インタビュー

1994年10月下旬号

試写室:復讐の天使 KAMIKAZE TAXI