男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

片岡礼子

  • Kataoka Reiko
  • 出演
本名
出身地 愛媛県伊予郡松前町
生年月日 1971/12/20
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

愛媛県伊予郡松前町の生まれ。県立伊予高校を経て、明星大学理工学部在学中に雑誌『週刊朝日』の表紙モデルに選ばれ、1993年、橋口亮輔監督の劇場用映画第1作「二十才の微熱」でスクリーンデビューを飾る。夜の歓楽街で働くゲイの大学生(袴田吉彦)に想いを寄せる大学のサークルの先輩を繊細に演じた。続く高橋伴明監督「愛の新世界」94では現代っ子のホテトル嬢、原田眞人監督「KAMIKAZE TAXI」95では奇妙なタクシー運転手(役所広司)と一緒に旅をする女、石井隆監督「GONIN 2」96では宝石強盗の一味、望月六郎監督「鬼火」97では“火の玉”と呼ばれる殺し屋(原田芳雄)を愛する女、一尾直樹監督「溺れる人」02では夫との愛情がすれ違ってしまった妻など、作家性の強い監督の下で強い印象を残す女性像を表現してきた。「愛の新世界」「KAMIKAZE TAXI」でヨコハマ映画祭新人賞、「鬼火」で同・助演女優賞を受賞している。彼女の名前がさらに広く知られるようになったのは、01年、再び橋口監督と組み、21世紀の新しい家族像を提示した「ハッシュ!」であった。ゲイのカップル(田辺誠一、高橋和也)に関わり彼らの子を産もうとする女性をさわやかに演じて、キネマ旬報賞、ブルーリボン賞の主演女優賞を獲得。ところが各賞の受賞発表直後の02年1月、脳内出血で倒れ、約2年間の闘病生活を強いられる。一時は生死の境をさまよったが、外科手術により奇跡的に回復。リハビリを経て、04年に萩生田宏治監督「帰郷」の故郷に戻った主人公(西島秀俊)の同級生役で女優復帰してからは、橋口監督の7年ぶりの作品となった「ぐるりのこと。」08で娘の幼稚園の同級生を殺して法廷に立つ母親を、瀬々敬久監督の大作「ヘヴンズストーリー」10ではヒロインの殺された母親を演じるなど、問題作の中で重要な役割を担い続けている。テレビドラマの出演はそう多くはないが、NHK『どんまい!』05、『外事警察』09、日本テレビ『曲げられない女』10、WOWOW『誤報』10などで存在感を見せている。

キネマ旬報の記事

2002年5月上旬号

特別インタビュー:片岡礼子

2002年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演女優賞 片岡礼子

2001年12月下旬号

巻頭特集 「ハッシュ!」:片岡礼子 インタビュー

1998年1月上旬新年特別号

特集 北京原人 Who are You?:片岡礼子 インタビュー

1997年5月下旬号

特集 HOBOS:座談会 TSUNTA×片岡礼子×あがた森魚

1996年12月下旬号

FACE:片岡礼子

1996年5月下旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンを彩る若手女優たち:片岡礼子

1995年12月下旬特別号

ビデオ:「キリングエンジェル 夢幻」 対談 片岡礼子×金沢克次

1995年8月上旬号

ビデオ:片岡礼子 インタビュー