男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

はるか、ノスタルジィ

  • はるかのすたるじぃ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    74.4点(63人)

  • 観たひと

    114

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1993/2/20
上映時間 0分
製作会社 ギャラック プレミアム=ピー・エス・シー作品
配給 東映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督大林宣彦 
脚本大林宣彦 
原作山中恒 
製作川島國良 
大林恭子 
プロデューサー大林恭子 
小出賀津美 
撮影阪本善尚 
美術薩谷和夫 
音楽久石譲 
録音安藤徳哉 
照明高野和男 
中村裕樹 
編集大林宣彦 
助監督竹下昌男 
スチール原田大三郎 

キャスト

出演勝野洋 綾瀬慎介
石田ひかり はるか(三好遥子)
松田洋治 佐藤弘
尾美としのり 太田登
ベンガル 紀宮あきら
根岸季衣 紀宮の妻
岸部一徳 編集長・岡崎
峰岸徹 カメラマン
赤座美代子 娼家の女
佐野史郎 家庭教師
柴山智加 公園の女学生
永島暎子 信乃
増田恵子 佐藤統策の妻
川谷拓三 佐藤統策

解説

青春時代を過ごした小樽を訪れた作家と彼に町を案内する少女が、作家の本名を名乗る不思議な少年に導かれて、痛ましい青春の記憶を再生させていくドラマ。「転校生」「さびしんぼう」に続く原作・山中恒、監督・大林宣彦のコンビの第三作で、山中が故郷・小樽を舞台に書き下ろした作品を大林自身が脚色、大林ファンタジーの集大成的な作品になっている。先に公開された「青春デンデケデケデケ」の前に撮影された作品で、「ふたり」に続いて石田ひかりが主演、少女・はるかと、三好遥子の二役に挑んでいる。友情出演として多岐川裕美、石田ゆり子、入江若葉、岩松了ほか多くのゲストが顔を出している。小樽・札幌・大阪などでは九二年に先行公開された。

あらすじ

綾瀬慎介(勝野洋)はリトル文庫〈小樽・恋シリーズ〉と呼ばれる一連の少女小説の人気作家であったが、コンビを組んでいた友人の挿絵画家・紀宮(ベンガル)の突然の死をきっかけに、少年期のある忌まわしい記憶から逃れるようにして訪れることのなかった小樽の地を十数年ぶりに踏んだ。そこで慎介は、はるか(石田ひかり)という彼の小説のファンの少女に出会い、彼女の案内で現在の小樽を訪ねるが、二人の行く手には影のようにつきまとう古風な服装の少年がいた。ある日、つきまとっていた少年は二人の前に現れ、佐藤弘(松田洋治)と名乗る。それは慎介の本名であった。彼は高校時代の自分自身だったのだ。弘によって慎介は、高校時代に三好遥子という少女が好きだったこと、全く売れない作家だった父・統策のこと、娼婦として働いていた母のことなどを思い出し、三人は慎介の失われた過去の記憶と対峙する心の旅を続けていく。娼家から出た遥子を目撃した弘は、彼女に確かめることもなくただ一度きりの関係の際に『売女』となじったのだった……。そしてまた、はるかも自分が三好遥子の娘であることを知る。互いの気持ちを確認し、慎介とはるかは一度きり結ばれる……。現代にやって来た高校時代の弘は、また自分の時代へ戻っていく。そうして慎介は、今こそ本名の佐藤弘として生きていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年5月上旬号

日本映画批評:はるか、ノスタルジィ

1993年4月上旬春の特別号

日本映画紹介:はるか、ノスタルジィ

1993年3月上旬号

グラビア《New Release》:はるか、ノスタルジィ

特集 はるか、ノスタルジィ:作品論

特集 はるか、ノスタルジィ:作家論

特集 はるか、ノスタルジィ:薩谷さんのこと

1992年11月上旬号

特集 はるか、ノスタルジィ:

1992年5月上旬号

試写室:はるか、ノスタルジィ

1991年9月上旬号

撮影現場訪問:「はるか、ノスタルジィ」