男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

社長千一夜

  • しゃちょうせんいちや
  • Discover Japan with the 5 Gents
  • Discover Japan with the 5 Gents

amazon


  • 平均評点

    61.3点(28人)

  • 観たひと

    50

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1967
公開年月日 1967/1/1
上映時間 93分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督松林宗恵 
脚本笠原良三 
製作藤本真澄 
撮影長谷川清 
美術村木忍 
音楽宅孝二 
録音矢野口文雄 
整音下永尚 
照明石井長四郎 
編集岩下広一 
製作担当者森本朴 
助監督石田勝心 
記録山本淑子 
スチル吉崎松雄 
合成三瓶一信 

キャスト

出演森繁久彌 庄司啓太郎
久慈あさみ 庄司邦子
小林桂樹 木村信吉
司葉子 木村澄江
英百合子 木村松子
黒沢年男 小川次郎
フランキー堺 ペケロ・ドス・荒木
加東大介 金井鉄之介
東郷晴子 金井ふく子
三木のり平 飛田弁造
新珠三千代 鈴子
藤あきみ はる美
原恵子 大野由紀子
大友伸 吉田
土屋詩朗 会社幹部A
手塚勝巳 会社幹部B
田辺和佳子 ホステス
佐渡絹代 女中A
杉浦千恵 女中B

解説

「赤い天使」の笠原良三がシナリオを執筆し、「てなもんや東海道」の松林宗恵が監督した“社長”シリーズ二十五作目。撮影は新人長谷川清。

あらすじ

今や万国博を目の前にして、上潮ムードいっぱいの庄司観光会社は、目下社長を中心に猛ハッスル中。東京オリンピックでガッチリ儲け、次なる万国博では、観光客誘致事業の手始めとして、木村開発部長を現地調査につかわし、天草五橋プラン、つまり大阪→別府→熊本という、新ジェット・コース完成事業に着手した。ところが、道は敷いても、いざ外国人の宿泊施設の段になると、さすがやり手の社長、常務、部長、秘書の面々も思案投首の態、そこへトテモ信じられない話が飛びこんできた。自称、南米の大富豪の三世、ペケロ・ドス・荒木が登場し、天草に超近代的なホテル建設の為に来日したというのだ。半信半疑ながらも、渡りに舟とさっそく、庄司建設会社の現地案内珍道中と相なった。例により、南米男特有の雰囲気をムンムンさせるくだんの三世氏と、この時とばかり浮気を目論んでいる社長の間に、大阪のバーのマダム、鈴子が加わり、お色気合戦の大風呂敷が展開された。一行は瀬戸内海を経て、別府で一泊、車で快適に九州を横断し、ついにめざす天草に到着するや、案のじょう、ペケロ・ドス・荒木は仕事なんかソッチのけで、御婦人にのみ執心の態。そこへ何処でかぎつけたか、荒木の親類と名のる連中が押しかけ、天草ホテル建設計画を横どりしようとした。防戦する社長、常務、秘書路線の苦心を後目に、当の御曹子、荒木は女の方ばかりといったありさま。そのうちに南米の富豪の三世というのもホラだという噂も出る始末。一方、社長は楽しみにしていた浮気も、つぎつぎに失敗はするし、ホテル建設計画も、もはやこれまでと、皆で帰京の相談をしているところへ、青天のへきれき、ペケロ・ドス・荒木が事業計画書と仮調印書を、皆の前に差し出した。--一同は来るべき万国博を夢見るのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1967年3月上旬号

日本映画紹介:続 社長千一夜

1967年2月下旬号

日本映画批評:社長千一夜

1966年12月下旬号

日本映画紹介:社長千一夜