男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

松林宗惠

  • Shue Matsubayashi
  • 監督/脚本
本名
出身地 島根県邑智郡桜江町鹿賀
生年月日 1920/07/07
没年月日 2009/08/15

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【戦争映画と「社長」シリーズに才を発揮した器用な職人】島根県邑智郡の生まれ。生家は西本願寺派の寺院で、自身も1940年に僧籍に入ったが、法衣を着ない僧侶になる決意をして、竜谷大学専門部を卒業後の41年、日本大学芸術学部へと進んだ。在学中の42年、「仏法伝道の精神を映画にも活かしたい」と考え、東宝撮影所演出助手部に入社。戦争により43年に日大を繰り上げ卒業すると、翌44年に海軍予備学生として学徒出陣し、海軍士官を経て戦後の46年に復員する。しかし、同年の東宝争議に際し、組合を脱退。新東宝グループに参加して、斎藤寅次郎、阿部豊に師事した。52年、都会的感覚の風俗映画「東京のえくぼ」で監督デビュー。以後も順調に撮り続けながら、55年に発表した「人間魚雷回天」がまず評判を呼んだ。仏門の出であることと海軍での体験を生かし、仏教的無常感をたたえた出撃シーンが印象的な本作は、当時流行していた絶叫型の友戦映画とは一線を画す秀作となった。その後は喜劇でも器用な面を見せ、56年に東宝に復帰すると多くのプログラムピクチャーを任された。中でも58年の「社長三代記」正・続編の興行的成功は高く評価され、以後70年の「社長学ABC」正・続編まで、東宝の看板となった「社長」シリーズ全40作のうち23作の監督を務めた。こうして大ヒット喜劇の作り手としてレベルの高いルーティンワークを続ける一方で、松林は「人間魚雷回天」以降も戦争映画の秀作を続けて世に送り出していく。60年の「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」では、海外でも絶賛された円谷英二の特撮の素晴らしさにひけを取らない実写部分を演出。海底深く沈んだ三船敏郎と田崎潤が死後の世界で語り合う幻想シーンに、やはり仏教的な死生観がにじんだ、松林ならではの傑作である。【70年代以降はテレビを中心に】以後も「世界大戦争」(61)、「太平洋の翼」(63)などがあったが、「社長」シリーズに幕が下ろされた70年代に入ると、松林は専ら活動の場をテレビ映画に移すこととなる。80年からは東宝を離れてフリーとなり、かつての戦争映画の手腕が期待された東宝“8・15”大作「連合艦隊」(81)ではさすがの存在感を発揮したが、以後は「ふしぎな國・日本」(83)、「山下少年物語」(85)、「ゴルフ夜明け前」(87)と次第に寡作になり、92年の「勝利者たち」が最後の劇場用映画演出となった。09年に死去。2004年に、故郷の江津市にある“水の国/ミュージアム104”内に松林宗恵映画記念館がオープンしている。

キネマ旬報の記事

2009年10月下旬号

追悼 松林宗惠監督:追悼

追悼 松林宗惠監督:お別れの会レポート

HOT SHOTS:松林宗惠監督お別れの会

2005年8月下旬特別号

DVD特別インタビュー:2 松林宗恵

2000年9月上旬号

巻頭特集 U-571 20世紀最後の戦争映画「U-571」を徹底解剖:「U-571」に直面した人たち/松林宗恵/かわぐちかいじ/樋口真嗣

1998年8月上旬号

映画の本:

1992年11月上旬号

日本の映画監督:38 松林宗恵

1991年7月下旬号

特集 達磨はなぜ東へ行ったのか:評論

1953年10月上旬秋の特別号

アンケート形式による新人監督会議:市川崑/井上梅次/内川清一郎/加戸敏/小林恒夫/小林正樹/斎藤達雄/志村敏夫/新藤兼人/杉江敏男/鈴木英夫/田坂勝彦/西村元男/長谷部慶治/堀内真直/本多猪四郎/松林宗惠/丸山誠治/毛利正樹/安田公義/若杉光夫

1953年3月下旬号

新人監督座談會 新しい映画作家の歩む道:小林正樹×井上梅次×堀内眞直×松林宗惠×滋野辰彦