男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

大根と人参

  • だいこんとにんじん
  • Mr. Radish and Mr.Carrot
  • ----


  • 平均評点

    64.9点(18人)

  • 観たひと

    35

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル 文芸
製作国 日本
製作年 1965
公開年月日 1965/1/3
上映時間 105分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督渋谷実 
脚本白坂依志夫 
渋谷実 
原案野田高梧 
小津安二郎 
製作城戸四郎 
撮影長岡博之 
美術芳野尹孝 
音楽黛敏郎 
録音大村三郎 
照明小泉喜代司 
編集杉原よ志 
スチール長谷川宗平 

キャスト

出演笠智衆 山樹東吉
乙羽信子 山樹信代
加賀まりこ 山樹恵子
山形勲 鈴鹿剛平
三宅邦子 鈴鹿糸子
三上真一郎 鈴鹿三郎
長門裕之 水上康介
岩下志麻 河野美枝
信欣三 秋山
森光子 秋山の妻君子
池部良 小滝
岡田茉莉子 京子(小滝の妻)
加藤芳郎 寺田
有馬稲子 夏子(寺田の妻)
司葉子 晴子
中村伸郎 藤本
杉村春子 社長夫人
桑野みゆき 知佐子
加東大介 

解説

野田高梧と小津安二郎の原案を「黒の超特急」の白坂依志夫がシナリオ化「モンローのような女」の渋谷実が監督した文芸もの。撮影もコンビの長岡博之

あらすじ

山樹東吉は内外商事の総務次長だ。長女の京子、次女の夏子、三女の晴子はすでに嫁いで、現在は妻の信代と末娘の恵子との三人暮しの毎日だ。その恵子も、東吉の同窓鈴鹿剛平の息子三郎と婚約して、やがて巣立とうとしている。或る夜、山樹は同窓会の席上、ガンで療養中の秋山にその病名を知らせる可きか否かで鈴鹿と口論となり、ついに恵子、三郎の縁組もあぶなくなった。だが若い二人の心は、幸せでふくらんでいた。こんな山樹に、小さな事件が訪れた。東吉の世話で、内外商事に入社した弟の康介が、会社の公金を百万使い込んだのだ。後始末を頼まれた東吉は、三十年かけて築きあげた地位を守らんため、預金七十万を康介に手渡した。そして残りの三十万を証券会社から受け取ったまま、山樹は謎の失踪をした。急拠集まった娘夫婦や、康介は、今はやりの人間蒸発ではないかと、各人各様な推理を働かせては、信代を不安に陥し入れた。河野美枝が山樹家を訪れたのは、そんな時であった。美しい娘の登場に“事件の陰に女ありと”思わせたが、実は、美枝は戦争中山樹の愛人だった美枝の母との間に生れた娘であったのだ。そして、結婚の仲人を頼みに来たのだった。山樹が家出して十日たった。こちらは大阪のジャンジャン横丁。ポン引き、コールガールのたむろするホルモン焼き屋で、快気焔をあげる山樹東吉のうれしそうな顔がある。一方山樹家では、半ばあきらめて二週間目をむかえた。そんなある日、玄関の戸を開けて“帰ったよ”と平凡な声をかけて入って来た東吉の姿に、信代をはじめ、娘たちは呆然とした。恵子と三郎の結婚も決り、山樹家に静けさが訪れた頃、秋山は遂に死亡した。数日後、山樹は、鈴鹿に失踪の理由を「動機も理由もなく、美しい空を見ていたら、いつの間にか汽車にのっていた」と語った。

関連するキネマ旬報の記事

1965年2月下旬号

日本映画批評:大根と人参

1965年2月上旬決算特別号

旬報試写室:大根と人参

1965年1月下旬正月特別号

巻頭グラビア 65年五社トップ・バッター拝見:「大根と人参」の岡田茉莉子・有馬稲子・司葉子・加賀まりこ

日本映画紹介:大根と人参

1965年1月上旬新年特別号

2大シナリオ:大根と人参

1964年2月号増刊 小津安二郎<人と芸術>

「大根と人参」始末記: