男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

岩下志麻

  • Iwashita Shima
  • 出演
本名 篠田志麻(旧姓・岩下)
出身地 東京市京橋区銀座四丁目の生まれ
生年月日 1941/01/03
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京市京橋区銀座(現・東京都中央区)の生まれ。新国劇俳優で映画、テレビにも出演した父・野々村潔と、新劇女優だった母・山岸美代子の長女で、俳優の木下亮は実弟。伯母にあたる山岸しづ江は前進座の筆頭女優で、同座の総帥・河原崎長十郎と結婚した。武蔵野第三小学校、武蔵野第三中学校を経て都立武蔵野高校に入学。3年に進んだ1958 年、父の仕事の関係からNHK のプロデューサーに誘われてスタート間もない『バス通り裏』に十朱幸代の友人役で顔を出したことが女優デビューの契機となる。その後、フジ『青空通り』や『風立ちぬ』などに出演、59 年に明星学園高校に転校、成城大学文芸学部へ進む。翌60 年、松竹がトニー・ザイラーを主演にした「銀嶺の王者」の相手役としてカメラテストを受ける。代役は鰐淵晴子に決まるが、これが縁で4月1日、松竹に入社した。映画出演第1作は木下恵介監督の「笛吹川」60 だが撮影が長期化したために公開があとになり、続いて出演した篠田正浩監督の「乾いた湖」60 がデビュー作となる。同年、小津安二郎監督の「秋日和」に受付嬢の役で顔出し出演。翌61 年、松竹は第二の岸惠子として売り出すためにテレビの人気ドラマの映画化「あの波の果てまで」の主演に起用する。続いて大庭秀雄監督の「女舞」61、渋谷実監督の「好人好日」61、篠田の「わが恋の旅路」61 に出演。61 年度の製作者協会新人賞(現・エランドール賞)、ブルーリボン新人賞を受賞した。翌62 年の小津監督の遺作「秋刀魚の味」では妻を亡くした父親に尽くす結婚適齢期の娘を巧みに演じて大女優への関門をくぐり抜ける。同年、女優に専念するために大学を中退。63 年の中村登監督「古都」(川端康成原作)での二役が高く評価される。64 年、野村芳太郎監督の大作時代劇「五辮の椿」では温厚で病弱な父親を裏切って不貞をはたらく淫蕩な母を殺し、彼女の不義密通の相手を誘惑したあげく次々と殺害していくヒロインを陰影深く熱演。清純派からの脱皮に成功し、ブルーリボン女優主演賞を受賞、名実ともに松竹のトップ女優となる。その後、57 年に岸惠子が主演した豊田四郎監督作品のリメイク「雪国」65(大庭秀雄監督)で木村功を相手役に芸者・駒子を、中村登監督「智恵子抄」67 では高村光太郎の妻・智恵子に扮し、光太郎との出会いから結婚、発狂から死までを好演、ともに代表作とする。66 年3月3日、かねてより噂されていた篠田正浩と京都市北区の紫野大徳寺・高桐院で仏前結婚式を挙げる。同年5月、篠田とともに独立プロ・表現社を設立。その第1作「あかね雲」67(水上勉原作)では脱走兵(山崎努)と愛し合う温泉街の酌婦まつのを好演し、キネマ旬報賞女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞、NHK 最優秀主演女優賞を受賞する。その後、活動の場を凋落著しい松竹から独立プロに移行させ、ATG と表現社の提携作品である篠田監督「心中天網島」69 に出演。紙屋治兵衛(中村吉右衛門)の妻おさんと遊女・小春の二役での女の哀れと濃密なエロティシズムの発露は、篠田の斬新かつ実験的な演出と相俟って女優としての表現の幅を一挙に広げ、キネマ旬報賞女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞をもたらす。ATG と表現社の提携は「無頼漢」70、「卑弥呼」74 へと続き、篠田・岩下のコンビを不動のものにする。その間にも、野村芳太郎監督「影の車」70、斎藤耕一監督「内海の輪」71(ともに松本清張原作)に出演。特に「影の車」での野村監督のサスペンスフルな演出と岩下のエロティシズム演技が融合した作風は興行的にも批評的にも成功し、野村・松本・岩下のトリオ作は「鬼畜」78、「疑惑」82、「迷走地図」83へと発展させていく。岩下と篠田監督とのコンビはATGと訣別したのちも、「桜の森の満開の下」75、「はなれ瞽女おりん」(水上勉原作)へと継続される。特に後者での越後路の四季を繊細流麗に描出した宮川一夫の撮影、北越の風土と人間の相克を凝視した篠田の演出、盲目女性の沈潜した喜怒哀楽を体現した岩下の演技が見事なハーモニーが評価され、キネマ旬報主演女優賞、毎日映画コンクール女優演技賞、ブルーリボン主演女優賞、第1回日本アカデミー賞主演女優賞など同年の女優賞を独占した。不動の人気と実力を武器にメジャーに戻った岩下は篠田の「悪霊島」76、五社英雄監督の「鬼龍院花子の生涯」82に出演。後者は初めてのやくざ映画体験だったが、歯切れのいい口跡と貫禄十分な極道の妻役は、86 年から始まるヒットシリーズ「極道の妻たち」の布石となる。篠田とのコンビはその合間を縫っての断続的なものになるが、「瀬戸内少年野球団」84、「鑓の権三」86、「少年時代」90、「写楽」95、自ら監督引退宣言した「スパイ・ゾルゲ」03 まで続く。中でも近松門左衛門の世話浄瑠璃を基にした「鑓の権三」では不義蜜通の濡れ衣を着せられた人妻おさゐを妖艶に演じて、古典芸能のヒロインを現代に甦らせることに成功している。岩下は現代劇にも意欲的で、降旗康男監督の「魔の刻」85 では近親相姦に苦しむ母親を熱演して、禁断の愛のドラマを普遍的なラブストーリーに昇華させる。硬軟を巧みに演じ分けてきたキャリアの極北が「極道の妻たち」86 で、貫禄溢れる大芝居が話題になり興行的に大ヒット。シリーズ化され10 本作られたが8本に主演(十朱幸代と三田佳子が各々1本)している。テレビドラマはフジテレビ『花いちもんめ』68、『早春スケッチブック』83、『松本清張サスペンス・足袋』86、NET(現・テレビ朝日)『ぎんぎらぎん』69、TBS『私は忘れたい』72、『禁じられた美徳』、『さよなら、お竜さん』80、『大型時代劇スペシャル・徳川家康』88、『同・源義経』90、『同・武田信玄』91、『同・平清盛』92、『同・天下を獲った男豊臣秀吉』93、日本テレビ『氷紋』74、『晩秋』75、『夜に抱かれて』94、NHK 大河ドラマ『草燃える』79、『独眼流政宗』87、『葵徳川三代』00、大阪朝日放送の5時間ドラマ『額田女王』80 など多数。2000 年代以降も、日本テレビ『本家のヨメ』01、 NHK『夏の日の恋』02、フジテレビ『あゝ離婚式』04、TBS『花嫁は厄年ッ!』06、テレビ朝日『忠臣蔵・その男、大石内蔵助』10、TBS『トイレの神様』11 などがある。舞台は69 年、浅利慶太演出の日生劇場『オセロ』でデズデモーナの役で二世尾上松禄と共演している。篠田との間に一女・舞があり孫がある。

キネマ旬報の記事

2008年8月下旬号

HOT SHOTS:“安曇野の理想の夫婦”篠田正浩&岩下志麻

2007年6月上旬号

これがはじまり:第15回 岩下志麻

2005年7月下旬号

追悼 野村芳太郎:岩下志麻 インタビュー

2003年6月上旬号

特別インタビュー 素晴らしき映画女優:第3回 岩下志麻

1996年10月上旬号

HOT SHOTS:「風のかたみ」岩下志麻

1994年7月下旬特別号

創刊75周年特集〈2〉キネマ旬報の想い出:

1988年7月下旬号

映画の本:

1984年6月上旬号

特集 瀬戸内少年野球団 篠田正浩監督作品:座談会 阿久悠×篠田正浩×岩下志麻×原正人×黒井和男

1983年10月下旬号

特集 迷走地図 野村芳太郎監督作品:撮影現場より 岩下志麻 インタビュー

1982年10月上旬号

ザ・インタビュー:岩下志麻

1978年4月下旬号

メモリアル・ポート:岩下志麻

1978年3月上旬号

フロント・ページ:

1978年2月下旬決算特別号

1977年度ベスト・テン/ラインアップ ベスト・テン発表特別グラビア:女優賞 岩下志麻

1973年1月下旬正月特別号

日本のトップ女優8人への質問:日本映画で今なすべきことは?

1971年4月下旬号

随想:

1970年5月下旬号

特別座談会 「影の車」がねらう恐怖の核心とは何か:岩下志麻×橋本忍×加藤剛×野村芳太郎×川又昂

1970年3月上旬号

随想:

1970年2月上旬決算特別号

ベスト・テン発表特別グラビア:女優賞 岩下志麻

1969年11月上旬号

随想:

1969年7月上旬夏の特別号

顔と言葉:

1969年1月下旬正月特別号

特別グラビア:人気ルート69浅岡ルリ子/佐久間良子/岩下志麻

1968年2月上旬決算特別号

1967年度ベスト・テン特別グラフィック:女優賞 岩下志麻

受賞の喜びを語る:

1967年1月上旬新年特別号

巻頭グラビア '67年の女優:岩下志麻

1966年7月上旬夏の特別号

日本映画の主役俳優に問う:森繁久弥・高峰秀子・三船敏郎・若尾文子・石原裕次郎・三国連太郎・小林桂樹・鶴田浩二・岩下志麻の諸君へ

1963年3月下旬号

特写グラビア:ポート・スター 岩下志麻

1963年3月上旬増大号

わたしたちのはなし:5 野々村潔×岩下志麻

1962年1月下旬正月特別号

特写グラビア:現代女優の息吹き  岩下志麻

1961年8月上旬号

クロース・アップ:岩下志麻

1961年1月上旬新年特別号

旬報無題欄:お正月が誕生日

1960年10月上旬秋の特別号

ある友人への手紙 各社新進男女優の展望:岩下志麻/炎加世子/田村まゆみ/浜美枝/星由里子/江波杏子/三木裕子/弓恵子/三条魔子/小林裕子/三田佳子/笹森礼子/千代侑子/吉永小百合

1960年9月下旬号

特別口絵:岩下志麻