男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

五瓣の椿

  • ごべんのつばき
  • The Scarlet Camellia
  • ----

amazon


  • 平均評点

    72.1点(39人)

  • 観たひと

    62

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル 文芸 / 時代劇
製作国 日本
製作年 1964
公開年月日 1964/11/21
上映時間 162分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演岩下志麻 おしの
岩下志麻 おりう
岩下志麻 お倫
岩下志麻 おみの
岩下志麻 およね
田村高廣 岸沢蝶太夫
大辻伺郎 むささびの六
穂積隆信 仲次郎
千之赫子 おはな
伊藤雄之助 海野得石
平松淑美 おくに
楠田薫 おかね
諸角啓二郎 藤井新五郎
江幡高志 門七
加藤嘉 むさし屋喜兵衛
左幸子 おその
早川保 徳次郎
青山宏 嘉助
村上記代 おまき
高橋とよ おとよ
入川保則 菊太郎
加藤剛 青木千之助
柳沢真一 葛西新左衛門
河野秋武 内村伊太夫
山本幸栄 井田十兵衛
谷晃 上総屋七造
小沢昭一 香屋清一
渡辺篤 与助
稲川善一 伊勢屋宗三郎
久美悦子 宗三郎の娘
木村俊恵 芸妓小幾
西村晃 佐吉
上田吉二郎 見はり番の爺
岡田英次 丸梅源次郎
山岡久乃 お孝
市原悦子 おつる
進藤恵美 おかよ
永井智雄 石出帯刀
水木凉子 女患者
沢村いき雄 牢番

解説

山本周五郎の同名小説を「がらくた」の井手雅人が脚色「拝啓総理大臣様」の野村芳太郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの川又昂。

あらすじ

天保五年正月十二日の夜半、本所亀戸天神のむさし屋喜兵衛の寮が燃え、焼跡から三人の死体が出た。それは結核におかされた当主喜兵衛と、妻おその、娘おしのと認められた。それから数カ月たった晩秋のこと、常盤津の三味線弾きで人気絶頂の岸沢蝶太夫は、身元不明の素人娘おりうに血道をあげていた。だが世なれた蝶太夫に身元も名のらず、年増も及ばぬ色気と手管で、あつかうさまは、何か異様な感をもたせた。ある日、蝶太夫は、料亭でおりうを抱いたが、おりうは、むさし屋の内儀おそのと蝶太夫との間にスキャンダルがあったことを確認すると、男を残して去った。翌朝蝶太夫は、平打の銀かんざしで一突きにされ枕許に一片の椿が残されていた。この殺人事件は江戸中に波紋を投げかけた。京橋水谷町に看板をあげる本道婦人科・海野得石は、禁忌とされている淫靡な治療法を患者に施し、不当な薬礼を得ていた。得石が、おみのに魅かれたのは半年程前からであった。得石は昔むさし屋のおそのに特殊な治療をしてから、ずるずると関係し、おそのに取り入っては資金を引き出し開業したのだった。この事実が得石を第二の殺人事件に追いこんだ。兇器も椿の花も前の時と同じであった。町役人は、下手人を十七、八歳の謎の美女と目していた。八丁堀の若い与力青木千之助は、料亭かね本の女中の注進でお倫に会った。このお倫が、おみのでありおりうであれば殺人犯はあがるのだ。しかしお倫は優雅な娘で、そのうえ婚約者の清一という男が名のり出た。だが顔見知りの女中が「岸沢のお師匠さんといらっしゃったおりうさん」と呼んだ時、青木の目は光った。お倫も突然の呼び声に戦慄を覚えた。それは初めて蝶太夫を殺した時のそれであった。思えば正月十二日の夜、父の遺骸の置かれている前で役者の菊太郎と姦通する母から「あんたの本当の父は、日本橋の袋問屋丸梅の源次郎」と聞きおしのは驚いた。婿養子であった喜兵衛は、家つきのおそのに裏切られても不平も言えず生涯を閉じた。おしのは母と菊次郎を焼き殺すと「母と同じ罪を分けあった男を殺す」ことを決意したのだ。そして三人目の男清一が殺された。数日後、青木のもとに、あと二人を殺したら自首して出るむね書き、謎の行動を暗示する如く、御定法で罰することの出来ない罪があるとしたためた書状が届いた。二人の内一人は、実の父親源次郎であり、もう一人は、母の姦通の手引きをした中村座の佐吉であった。母の相手を捜すのに使われて、利用価値のなくなった佐吉は第四の殺人に使われた。そして残った源次郎をおしのは誘った。長襦袢の衿を開いたおしのは実父の前で今迄の罪状をのべたあと、顔面蒼白になった源次郎に、実の娘を犯そうとする男の醜さをなじった。そして源次郎へ苦悩を植えつけると去っていった。おしのからの書状を読む青木千之助は襟を正す気持であった。そして、晴ればれとした顔で服役する女囚おしのを、いとをしんだ。源次郎はおしのに会って以来魂のぬけた毎日を送り、女房は首をくくって他界した。これを聞いたおしのは、初めて罪なき人を死に追いつめた苦しさに身悶えして、鋏をとって、生涯を閉じた。千之助はこの潔癖な娘の冥福を祈った。

関連するキネマ旬報の記事

1965年1月上旬新年特別号

日本映画批評:五瓣の椿

1964年11月下旬号

特別グラビア :松竹一本立の第2陣「五瓣の椿」撮影快調