男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

左幸子

  • Hidari Sachiko
  • 出演/監督/製作
本名 額村幸子
出身地 富山県下新川郡朝日町の生まれ
生年月日 1930/06/29
没年月日 2001/11/7

関連作を買う

関連作を買う

略歴

富山県下新川郡朝日町の生まれ。本名・額村幸子。三男五女の長女で、末妹が女優の左時枝。1947年、東京女子体育専門学校に入学し、実技や学問の修得に努めるかたわら、演技の勉強に励む。50年に同校を卒業。翌51年から都立第五商業高校の保健体育・音楽の教師になる。その一方で俳優座の委託生となり、同年の『家庭よみうり』創刊号でカバーガールをつとめる。さらに、参加した卒業公演で新東宝の野村浩将監督に見出され、52年の「若き日のあやまち」のヒロイン・吉岡麻子役で映画デビュー。新東宝の専属となり、同年の野村監督「アチャコ青春手帳・大阪篇」、井上梅次監督「サラリーマン喧嘩三代記」などで溌剌とした個性を発揮する。石坂洋次郎原作、中川信夫監督の「思春の泉」53では、若々しい恋を成就させる農家の娘を伸びやかに好演。翌54年、五所平之助監督「大阪の宿」「鶏はふたたび鳴く」に連続出演し、片や宿に滞在中の主人公にモーションをかける大胆な女中、片や石油の発掘に希望を託す自殺志願者役で、懐の深い演技を披露する。さらに痛烈なブラックユーモア満載の市川崑監督「億万長者」54、製作を再開した日活で、下山事件を題材に山村聡が監督した「黒い潮」54に重要な役どころで出演。当時の五社協定にも屈せず、自らの信念に基づき筋の通ったフィルモグラフィーを形成していく。55年、田坂具隆監督「女中ッ子」では、雇われ先のひねくれた息子と心を通わせる秋田出身の純朴な女中を好演し、毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。続くマキノ雅弘監督「人生とんぼ返り」では、殺陣師・市川段平の隠し子のやるせない心情を丹念に演じた。日活と契約後の56年、久松静児監督の法廷劇「神阪四郎の犯罪」に出演。偽装心中事件の容疑者にされた主人公にまつわる数々の証言により、結核を患う悲劇のヒロインから不倫相手に心中を強要する魔性の愛人へと変貌するさまをダイナミックに演じ、コーク国際映画祭主演女優賞に輝く。川島雄三監督「幕末太陽傳」57では、客が引きも切らない売れっ子女郎に扮し、ライバルの南田洋子と演技を超えた女同士のプライドぎらつくバトルを繰り広げ、大映作品初出演となる増村保造監督「暖流」57では、院長令嬢にも惹かれる主人公を熱烈に慕い、東京駅で愛を絶叫する看護師をエネルギッシュに演じた。58年に大映に移るも、山本薩夫監督「荷車の歌」59など独立プロの作品にも積極的に参加し続ける。59年10月、新進気鋭の映像作家だった羽仁進と結婚。62年よりフリーとなり、夫婦でタッグを組んだ羽仁監督の「彼女と彼」63で、郊外の団地に住む平凡な主婦が隣のバタヤ部落に興味を抱くうちに、新たな自我に目覚めるさまを巧演。さらに同年、今村昌平監督「にっぽん昆虫記」では女工からメイド、売春婦、コールガール組織の元締め、挙句に投獄と波乱続きの女の半生を全身全霊で駆け抜け、キネマ旬報賞、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールの主演女優賞などを独占する。翌64年、この2作が出品されたベルリン国際映画祭で、日本人初の女優賞を獲得する快挙を達成。内田吐夢監督「飢餓海峡」64では、情に厚いあまり、逆に主人公を殺人へと追いつめてしまう娼婦の狂気すれすれの善意をも妙演し、二度目の毎日映画コンクール女優主演賞を受賞する。同年の野村芳太郎監督「五瓣の椿」では、ヒロイン・岩下志麻を凶行に駆り立てる淫奔な実母を怪演。羽仁監督と再度組んだ「アンデスの花嫁」66では、子連れで嫁いだ異国の大地に根差し、自身の人生をも開拓していくヒロインを力演し、五所監督「かあちゃんと11人の子ども」66では、大正末期から昭和、戦後という激動の時代の日本を陰で支えた肝っ玉母さんのバイタリティを発散させる。さらに、森﨑東監督「喜劇・女生きてます」71では、各々の運命に立ち向かうストリッパーたちを公私に渡って支えるマダムを貫禄たっぷりに演じるなど、多彩な母親像をリアリティ豊かに体現した。その後は、NHK連続テレビ小説『北の家族』73~74、TBS『赤い絆』77~78などテレビドラマにも進出する一方、羽仁と離婚した77年には「遠い一本の道」で初監督をつとめ、自ら主演。高度経済成長の波に翻弄される国鉄職員を描き、好評を博した。続いて増村保造監督「曽根崎心中」78、小沢啓一監督「鉄騎兵、跳んだ」80、神山征二郎監督「春駒のうた」86などに出演するも、胃癌のため手術を受け、92年の舞台『糸女』でカムバック。映画も翌93年、岩松了監督「お墓と離婚」で復帰し、長年連れ添った男女の一筋縄ではいかない心の機微をスクリーンに刻んだ。晩年は、TBSのバラエティ番組『怪傑熟女!心配ご無用』に野村沙知代らとともに出演し、視聴者からの相談に独自の持論で応える姿に波乱万丈の女優人生の年輪の一端が垣間見えるなどしたが、2001年11月7日、肺癌のため死去した。享年71歳。

キネマ旬報の記事

1977年6月下旬号

フロントページ:

1976年10月上旬秋の特集号

グラビア:左幸子の「遠い一本の道」

1966年4月下旬号

なくて七癖:第35回 内田吐夢の巻

1964年10月上旬秋の特別号

復刊15周年記念特集・1 34人の批評家が選出した戦後スター・ベスト5:特別グラフィック 〈選ばれた10人〉 左幸子/岡田茉莉子/岸田今日子/新珠三千代/若尾文子/三船敏郎/中村錦之助/仲代達矢/小林桂樹/勝新太郎

1964年2月下旬決算特別号

1963年度ベスト・テン特別グラフィック 旬報賞に輝く人々:女優賞 左幸子

1957年2月上旬特別号

特別口絵:左幸子・草薙幸二郎・飯田蝶子

1956年2月下旬号

特別口絵:左幸子

1953年増刊 アメリカ映画大鑑 '53-'54年

アンケート ごひいきスタア:左幸子