男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

野村芳太郎

  • Yoshitaro Nomura
  • 監督/脚本/製作/音楽
本名
出身地 東京市浅草区
生年月日 1919/04/23
没年月日 2005/04/08

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【サスペンスの名匠は多彩なジャンルをこなす職人監督】東京都生まれ。父は戦前の松竹で活躍した映画監督・野村芳亭。そのため幼少より映画の世界に囲まれて育ち、太平洋戦争勃発の1941年、慶応義塾大学文学部を繰り上げ卒業すると同時に松竹に入社。過酷なビルマ戦線から46年に復員すると、助監督として川島雄三、黒澤明、家城巳代治らについた。52年、中編の「鳩」で監督デビュー。翌53年に正式に監督昇進し、「鞍馬天狗・青面夜叉」(53)を皮切りに、美空ひばり主演「伊豆の踊子」(54)、佐田啓二・岸惠子のメロドラマ「亡命記」(55)、越路吹雪のミュージカル「踊る摩天楼」(56)など、プログラムピクチャーを器用にこなし、あらゆるジャンルの娯楽作を撮り続けていった。転機が訪れたのは58年。松本清張の短編を映画化した「張込み」の現場で、野村は「最高の状態でなければカメラを回さない」と黒澤ばりの粘りを見せた。下積み刑事と犯罪者の日常をドキュメンタリー的に描いた本作は高い評価を受け、以後、清張原作のサスペンスは野村の十八番となる。「ゼロの焦点」(61)、「影の車」(70)を経て、コンビの集大成とも言える名作「砂の器」(74)に結実。犯罪という悲劇の中で人間が背負う業を感動的に描き、内外の高い支持を集めた。以降も清張=野村のコンビは「鬼畜」(78)、「疑惑」(82)など秀作を連発。加えて、山本周五郎の「五瓣の椿」(64)、横溝正史の「八つ墓村」(77)、大岡昇平の「事件」(78)などサスペンスフルな題材で、野村の演出は冴え渡った。【社会風刺の喜劇にも才能を発揮】一方、非サスペンスの野村の特色として、社会批判を込めたひと癖ある喜劇の秀作群も忘れ難い。当時の大船撮影所長・城戸四郎の怒りを買った「糞尿譚」(57)では、庶民の怒りを爆発させる伴淳三郎が糞尿をまき散らすラストで劇場に拍手が起こった。渥美清を主演に、無知な貧しい庶民の軍隊への愛着を描いて天皇制軍隊を批判した「拝啓天皇陛下様」(63)の成功は、のちの山田洋次「男はつらいよ」にも.がる。庶民のふてぶてしさを描いた泥棒喜劇「白昼堂々」(68)、喜劇ではないがヒット歌謡曲をもとに兄妹愛をせつなく描いた小品「昭和枯れすすき」(75)など、父親ゆずりの大衆映画作りを晩年まで続けた。野村の門下生には山田洋次、森崎東、三村晴彦らがおり、製作者としても優秀だった野村は、森谷司郎監督の「八甲田山」(78)、三村晴彦の「天城越え」(83)、山田洋次の「キネマの天地」(86)などのヒット作をプロデュースしている。

キネマ旬報の記事

2015年6月上旬号

HAPPY TIME 見たいものひとりじめ!:「松竹ブルーレイ・コレクション」 野村芳太郎の愛した美しく強きミューズたち 前篇

2014年12月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:[松竹ブルーレイ・コレクション 前篇]映画監督・野村芳太郎の仕事

2005年7月下旬号

追悼 野村芳太郎:作品集

追悼 野村芳太郎:野村芳太郎監督語録

追悼 野村芳太郎:橋本忍 インタビュー

追悼 野村芳太郎:川又昂 インタビュー

追悼 野村芳太郎:岩下志麻 インタビュー

追悼 野村芳太郎:野村芳太郎作品20選

追悼 野村芳太郎:今ふりかえる、野村芳太郎作品

1991年1月下旬号

特集 運命の逆転:

1986年7月下旬号

特集 キネマの天地:座談会 野村芳太郎×山田太一×山田洋次×井上ひさし×井上好子

1983年10月下旬号

特集 迷走地図 野村芳太郎監督作品:野村芳太郎監督 インタビュー

特集 迷走地図 野村芳太郎監督作品:脚本

1980年7月上旬号

特集 「わるいやつら」:2 松本清張作、野村芳太郎監督作品の中の合言葉

特集 「わるいやつら」:3 監督・出演者へのインタビュー 野村芳太郎

1979年2月下旬決算特別号

特別対談 野村芳太郎×品田雄吉:今、映画への情熱と客観的な視点を

1975年11月上旬号

特集 「ハリーとトント」「アリスの恋」:〈座談会〉 「ハリーとトント」と「アリスの恋」は何を語る映画なのか・・・ 倉本聰×成島東一郎×野村芳太郎×山田太一

1975年6月下旬号

グラビア:野村芳太郎監督 「昭和かれすすき」

1975年2月下旬決算特別号

ベスト・テン発表特別グラビア:脚本賞 野村芳太郎

1975年1月上旬新年特別号

随想 :

1974年7月下旬号

プロフェッショナル:野村芳太郎

1974年6月下旬号

グラビア:野村芳太郎監督 「砂の器」

1973年11月上旬号

グラビア:野村芳太郎監督の「しなの川」

1971年5月10日号増刊 山田洋次と渥美清

特選シナリオ:テレビ・ドラマ「遺族」

1971年1月10日号増刊 男はつらいよ大全集

洋ちゃんって人は…:

1970年12月下旬号

日本映画監督のいる風景:「コント55号・水前寺清子の大勝負」と「やるぞみておれ為五郎」の野村芳太郎

1970年5月下旬号

特別座談会 「影の車」がねらう恐怖の核心とは何か:岩下志麻×橋本忍×加藤剛×野村芳太郎×川又昂

1970年5月上旬号

随想:

1969年11月上旬号

顔と言葉:

1967年12月下旬号

特集 続 ことし監督たちはなにを遺したか:野村芳太郎

1967年11月下旬号

シナリオ:女の一生

1967年7月下旬号

特別グラビア:「女たちの庭」の野村芳太郎組

1967年3月下旬号

特集 女性映画に与う:女性映画の監督がめざすこれからの女性映画 主体性をもった女性を描こう

1966年7月下旬号

2大シナリオ特別掲載:怒濤一万浬

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1964年12月上旬号

なくて七癖:9 野村芳太郎の巻

1964年10月上旬秋の特別号

次回作:五弁の椿

1963年4月下旬号

シナリオ:拝啓天皇陛下様

1962年7月上旬夏の特別号

新・監督研究 5 野村芳太郎:野村芳太郎論

新・監督研究 5 野村芳太郎:野村芳太郎小伝

新・監督研究 5 野村芳太郎:自作を語る

1961年4月上旬春の特別号

特集 演出における私の角度:粘れ、もっと粘れ

1960年12月増刊号 日本映画監督特集

作家掌論:野村芳太郎

1959年11月上旬号

キネマ旬報無題欄:忍術映画

1955年4月下旬号

映画人クロースアップ:野村芳太郎