男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

真田幸村の謀略

  • さなだゆきむらのぼうりゃく
  • The Shogun Assassins
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    60.3点(88人)

  • 観たひと

    132

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 1979
公開年月日 1979/9/1
上映時間 148分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督中島貞夫 
特撮監督矢島信男 
脚本笠原和夫 
松本功 
田中陽造 
中島貞夫 
企画高岩淡 
日下部五朗 
松平乗道 
三村敬三 
撮影赤塚滋 
美術井川徳道 
音楽佐藤勝 
録音荒川輝彦 
照明増田悦章 
編集市田勇 
監督補清水彰 
助監督藤原敏之 
スチール中山健司 
特殊効果北坂清 

キャスト

出演松方弘樹 真田幸村
寺田農 霧隠才蔵
あおい輝彦 猿飛佐助
ガッツ石松 海野六郎
野口貴史 望月六郎
森田健作 筧十蔵
火野正平 穴山小助
岩尾正隆 由利鎌之助
岡本富士太 根津甚八
真田広之 三好伊三入道
秋野暢子 三好清海入道
片岡千恵蔵 真由昌幸
梅宮辰夫 真田信幸
萩尾みどり 真田綾
北村英三 穴山小兵衛
村居京之輔 池田長門
和田昌也 戸田采女
橘麻紀 さつき
谷川みゆき おふく
浜村純 戸沢白雲斉
丹阿弥谷津子 望月千代女
小泉美由記 八つ手
木村英 やなぎ
岡麻美 つばき
田中みき 小つる
市川好郎 重助
志茂山高也 千足
勝野賢三 耳肋
タンクロウ かぶき者
萬屋錦之介 徳川家康
小坂和之 徳川秀忠
進藤盛裕 徳川義直
茂山千五郎 金地院崇伝
金子信雄 林羅山
香川良介 天海
小林昭二 本多正純
林彰太郎 板倉勝重
江波杏子 阿茶局
川浪公次郎 西脇民部
壬生新太郎 井上外記
曽根晴美 服部半蔵
笹本清三 伊賀の玄鬼
春田純一 赤蜘蛛
福本清三 疾風
大矢敬典 
木谷邦臣 市兵衛
平河正雄 名古屋城城士
奔田陵 名古屋城城士
志賀勝 牢人
丸平峰子 その妻
小峰隆司 捕方
池田謙治 指揮の侍
司裕介 役人
畑中伶一 役人
山田良樹 行列の侍
藤沢徹夫 行列の侍
平沢彰 前田藩の武将
唐沢民賢 前田藩の武者
波多野博 前田藩の武者
阿波地大輔 牢人団
宮城幸生 牢人団
大城泰 牢人団
秋山勝俊 牢人団
高並功 家康本営の将
泉好太郎 家康本営の将
五十嵐義弘 家康の使者
小倉一郎 豊臣秀頼
高峰三枝子 淀君
上月左知子 大蔵卿局
桜町弘子 宮内卿局
松村康世 二位局
富永佳代子 右京太夫局
星野美恵子 正栄尼
森愛 常高院
戸浦六宏 大野治長
梅津栄 片桐且元
野口元夫 織田有楽斉
白井滋郎 木村重成
疋田泰盛 速水甲斐守
土橋勇 真野豊後守
成田三樹夫 後藤又兵衛
遠藤征慈 塙団右衛門
宮内洋 長曽我部盛親
丘路千 毛利勝永
中村錦司 明石全登
丹波哲郎 加藤清正
ナレーション小松方正 

解説

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は「やくざの墓場 くちなしの花」の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、「ひと夏の秘密」の田中陽造、「総長の首」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「地獄(1979)」の赤塚滋がそれぞれ担当。

あらすじ

慶長十五年、天下統一の野望を成就しようとする家康は、名古屋城を造営して、大坂城の豊臣秀頼一党を討つための準備を進めていた。一方、真田昌幸・幸村父子は、紀州・九度山で残り少ない家臣と共に、戦いの決意を固めていたが、家康は間者を潜入させ、昌幸を殺害する。幸村の妻・綾は自刃を遂げた。幸村は穴山小助のみを残し、他の家臣を上田城へ帰し、家康側についた兄・信幸と決別、一匹狼の道を選んだ。亡父の意志を継ぎ、家康の首をとる決心をした幸村は、家康の送った服部半蔵に殺されてしまった戸沢白雲斎の残した人名帖から、諸国を放浪する草の者を集めた。白雲斎の師弟の猿飛佐助、海野六郎、望月六郎、女づれの筧十蔵、由利鎌之助、根津甚八、朝鮮人の切支丹、三好伊三入道、三好清海入道と名を改めた切支丹ジュリアおたあなどだ。真田館で特殊訓練が行なわれている中小助と十蔵の女が恋中になり、追放されてしまう。時同じくして、家康がフランキー砲、試射を見に来るという情報が入り、幸村と十勇士はこの時とばかりに出発するが、この計画を見抜いていた家康は半蔵の忍者部隊を送りだし、幸村は片目を射抜かれ、やっとのことで逃れた。家康はこの機を逃すまいと、幸村達を豊臣が雇った牢人と決めつけ、豊臣氏に叛逆の意図ありと口実をつくり、徳川連合軍四十万を大坂へ向けて進撃させた。一六一四年十月大坂冬の陣の始まりである。軍資金目当の者、ひと旗上げようとする者が大坂に集まった。幸村と十勇士も大坂へ向かった。大坂城本丸では徳川を迎え打つ軍議が開かれ、籠城を主張する豊臣譜代衆と、野戦を主張する幸村達牢人衆が対立するが、淀君の一言で籠城と決定する。幸村は鉄壁の出城、真田丸を作って籠った。そこへひょっこりやって来た小助と女たちを、幸村は、天竺渡りの麻薬を持たせて徳川陣営に送り込んだ。このため、翌日の合戦は真田軍の圧勝に終った。一方、家康は密かに和議の交渉を進め、数日後、フランキー砲の偶発に淀君は大仰天、いっきに和議に話を進めてしまう。和議が済むと家康は大坂城の堀を埋めつくし、裸同然の無防備な城に一変させてしまう。家康の首を取るまでは、戦いの火は消すまいとする幸村。清海入道の説得で秀頼は再戦を決意一六一五年四月大坂夏の陣は起こった。勝利の見込みのない自滅的な戦闘だった。そして、五月八日、炎に包まれて大坂城は落城。豊臣が崩壊し、家康は勝利の美酒に酔う。凱旋の行列中に、「我こそは幸村なり」突込んで来る一騎。次々と飛び込んで来る十勇士の幸村。「我こそは幸村」の魔性の声に右往左往する家康は、死に物狂いで馬に飛び乗り逃げ出した。それを追う幸村只一騎。そして夏の熱光の中へ鮮血噴き上げ、家康の首が宙へ舞った。

関連するキネマ旬報の記事

1979年10月下旬号

日本映画批評:真田幸村の謀略

1979年10月上旬秋の特集号

日本映画紹介:真田幸村の謀略

1979年9月上旬号

特別カラー・グラビア:真田幸村の謀略

グラビア:真田幸村の謀略

特集 「真田幸村の謀略」:1 中島貞夫監督の最後の謀略の時

特集 「真田幸村の謀略」:2 時の流れに身を隠す幸村の実像を追って

特集 「真田幸村の謀略」:脚本

編集長対談・2 松方弘樹×黒井和男:「真田幸村の謀略」は俳優生活20年の総決算だ