男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

中島貞夫

  • Sadao Nakajima
  • 監督/脚本/原作/製作
本名
出身地 千葉県東金市
生年月日 1934/08/08
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【娯楽活劇の中で人間存在を問い続ける魂のカツドウ屋】千葉県東金市の生まれ。東京大学文学部在学中は倉本聰らとギリシア悲劇研究会を創設して、映画・演劇に熱中。卒業後の1959年に東映に入社し、マキノ雅弘、沢島忠、田坂具隆、今井正らに師事した。64年、山田風太郎原作の「くノ一忍法」で監督デビュー。同作は倉本聰と共同で脚色した時代劇で、ギリシア劇ふうの様式美のセットで奇想天外な忍者合戦を映像化してみせた。以後、多種多様なジャンルの娯楽作を次々と手がけていくが、最初に注目を集めたのは戦後派チンピラのぶざまな挫折を活写した「893愚連隊」(66)。ここに存在する青春の悲劇を見つめる乾いた視点は、特攻隊員の青春を描いた「あゝ同期の桜」(67)などにもわかりやすく通底し、のちの反美学的なズッコケやくざ精神の笑劇「まむしの兄弟」シリーズ(71~75)や「現代やくざ・血桜三兄弟」(71)などにも一貫して流れている。ほかに北島三郎・鶴田浩二主演の「兄弟仁義・関東兄弟分」(67)、日本近代百年のテロリストをオムニバスで描いた大作「日本暗殺秘録」(69)、菅原文太主演の「木枯し紋次郎」2部作(72)なども、この時期の代表作として記憶に残る。【深作欣二と並ぶ東映のエースに】73年にはATGで、自分の命と引き換えに一時の快楽と虚栄を買い取ったチンピラやくざを描く「鉄砲玉の美学」を渡瀬恒彦の主演で撮ったが、やはり東映調の枠を出なかった。むしろ、深作欣二と並ぶ東映のエース的存在として、「安藤組外伝・人斬り舎弟」「脱獄広島殺人囚」(74)、「暴動島根刑務所」(75)、「沖縄やくざ戦争」(76)などひたすら撮り続けた実録路線のプログラムピクチャーのほうにこそ旺盛な反逆精神や内面の飢餓感が垣間見られ、カツドウ屋の気概が感じられた。77年に始まる「日本の首領」3部作は大ヒットとなって東映の屋台骨を支え、三船プロで撮った西村寿行原作のアクション「犬笛」(78)、時代劇大作「真田幸村の謀略」(79)、文芸ドラマ「やくざ戦争・日本の首領(ドン)」「序の舞」(84)、長い間シナリオのまま“幻の企画”となっていたものを執念で実現させた「瀬降り物語」(85)など、エネルギッシュな創作活動は止まなかった。90年代に入っても「女帝・春日局」(90)、ヒットシリーズ中の「新・極道の妻たち」(91)、「首領を殺った男」(94)など東映のエースとしての活躍は続いたが、劇場映画の演出は98年の「極道の妻たち・決着」が最後となり、近年は京都を拠点に映画祭プロデューサー、テレビの映画紹介番組のホスト、執筆活動などを行っている。

キネマ旬報の記事

2019年4月下旬号

「多十郎殉愛記」:インタビュー 中島貞夫[監督]

2016年12月下旬号

「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」:インタビュー 中島貞夫「監督」 私は必ずちゃんばら映画を撮る所存でおります

2015年2月上旬号

【巻頭特集】菅原文太 一番星になった男:菅原文太をおくる 文ちゃんの醒めきった眼

2014年7月下旬号

キング・オブ・エンタテインメント 映画監督・鈴木則文、フォーエバー:中島貞夫 「俺は不遇の天才だ」

2012年5月上旬号

追悼 神波史男 斬った張った、飲んだ書いた:シャボン玉の唄

2011年7月上旬号

巻頭特集 反戦から時代劇、任侠、実録、エログロまで 欲望する映画 カツドウ屋、岡田茂の時代:岡田茂を語る七人の証言 佐藤純彌、降旗康男、中島貞夫、鈴木則文、高岩淡、角川春樹、坂上順

2011年6月上旬号

巻頭特集 若者よ、君たちは一体何だったのか「マイ・バック・ページ」:指導教授・中島貞夫から山下敦弘組に贈る言葉

2006年11月上旬号

特別対談 第五回京都映画祭 京都に咲いた花 女優特集:中島貞夫×山根貞男

2003年2月下旬決算特別号

追悼 笠原和夫:

1998年3月上旬号

巻頭特集 映画の用心棒 追悼:三船敏郎:中島貞夫 インタビュー

1994年5月下旬号

特別企画 東映やくざ映画30年、そして今…:座談会 日下部五郎×中島貞夫×山根貞夫

1991年11月下旬号

日本の映画監督:21 中島貞夫

1987年7月下旬号

追悼:鶴田浩二

1985年4月下旬号

特集 瀬降り物語 中島貞夫監督作品:監督インタビュー

1982年11月上旬号

特集 制覇 中島貞夫監督作品:脚本

特集 制覇 中島貞夫監督作品:鼎談 俊藤浩滋×中島貞夫×田山力哉

1982年9月上旬号

フロント・ページ:

1979年9月上旬号

特集 「真田幸村の謀略」:1 中島貞夫監督の最後の謀略の時

特集 「真田幸村の謀略」:脚本

1976年11月上旬号

シナリオ:浪人街・ぎんぎら決闘録

1976年5月下旬号

グラビア:中島貞夫フィルモグラフィー

1976年1月下旬正月特別号

〈座談会〉 われらピラニヤ軍団は映像の荒野を行く!:室田日出男×川谷拓三×倉本聰×中島貞夫

1975年8月下旬号

グラビア:中島貞夫監督 「暴力金脈」

1975年6月下旬号

グラビア:中島貞夫監督 「暴動島根刑務所」

1975年5月下旬号

顔と言葉:

人間ルポルタージュ:映画監督・中島貞夫

1974年12月下旬号

プロフェッショナル:中島貞夫

1974年4月上旬号

グラビア:中島貞夫 「明日なき無頼派」

1973年9月下旬号

グラビア:中島貞夫/「実録麻薬地帯」

1973年1月上旬新年特別号

グラビア:鉄砲玉の美学/中島貞夫

顔と言葉:

私の次回作:

1972年6月下旬号

特別グラビア:木枯し紋次郎/中島貞夫

1969年7月下旬号

随想:

1969年1月上旬新年特別号

スタッフ特写:「セックス猟奇地帯」の中島貞夫組

1967年12月上旬号

ことし監督たちはなにを遺したか:中島貞夫

1967年8月上旬号

新作グラビア:「大奥(秘)物語」の中島貞夫組

1967年7月下旬号

次回作:「大奥(秘)物語」

1967年4月上旬春の特別号

特集 時代を担う青年監督たち :青年監督30人の作家歴とその主張 付・監督論

1967年3月下旬号

次回作:「あゝ同期の桜」

1966年12月上旬号

特集 時代劇にふたたび青春を!:風俗を超えて思考の回復を

1966年10月下旬号

次回作:「任侠柔一代」

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1965年4月下旬号

シナリオ:股旅

1965年3月下旬号

なくて七癖:14 沢島忠の巻