男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

制覇(1982)

  • せいは
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    62.5点(35人)

  • 観たひと

    64

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1982
公開年月日 1982/10/30
上映時間 140分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督中島貞夫 
脚本中島貞夫 
西沢裕子 
原作志茂田景樹 
企画俊藤浩滋 
高岩淡 
田岡満 
プロデューサー佐藤雅夫 
厨子稔雄 
福井良春 
撮影鈴木達夫 
美術佐野義和 
山下謙爾 
音楽山本直純 
録音中山茂二 
照明金子凱美 
編集市田勇 
助監督藤原敏之 
スチール中山健司 

キャスト

出演三船敏郎 田所政雄
岡田茉莉子 田所ひろ子
高岡健二 田所孝
中井貴恵 田所悠子
桂小つぶ 田所範夫
秋吉久美子 田所冬子
岩戸隼人 田所誠
菅原文太 河上剛二
松尾嘉代 河上百代
若山富三郎 権野強志
名高達郎 小田日出男
草薙幸二郎 野々村稔
中田博久 佐伯英樹
待田京介 関根真佐人
小田部通麿 羽田昌男
曽根晴美 中久保利行
小池朝雄 志茂田徹
若宮隆二 及川
鹿内孝 黒木
関根大学 堀川敏美
丘路千 寺内
品川隆二 山倉輝夫
清水健太郎 野口義治
菅田俊 中原宏
津村浩 米川喜久三
西村泰治 三島昭次
橋本直樹 戸田猛男
寺田農 大野木安司
岩尾正隆 戸倉正邦
成瀬正 菱川隆
大島宇三郎 花森
原吉美 菊地
池田謙治 安川宏
田中博 藤田学
奈辺悟 小林
福本清三 栗原浩次
細川純一 小田
にしきのあきら 近江友記
沢田情児 古峯
平河正雄 酒田組組員A
根津良行 酒田組組員B
白井滋郎 酒田組組員C
沢田浩二 西川
小船秋夫 元村
岸田森 石川浩之
中島薫 石川圭子
有川正治 柳田
梅宮辰夫 村岡
今井健二 棚田警部
野口貴史 北村刑事
きくち英一 橋本刑事
高並功 金子警部補
大木晤郎 三村刑事
笹木俊志 桜井
河合絃司 熊谷
中島俊一 監守
加山麗子 鬼頭紀子
大信田礼子 久美
大川勝子 よし江
斉藤可奈江 ホステスA
蓑和田良太 記者A
司裕介 記者B
森源太郎 記者C
舟倉たまき 敏子
前田満寿子 寿子
丸平峰子 (夢想)の女
津奈美里ん 女事務員
淡九郎 北斗星マスター
丸山俊也 若者
疋田泰盛 田所政雄の叔父
富永佳代子 田所政雄の叔母
三村敬三 TVアナウンサー
木下通博 丸山勝弘
秋山勝俊 竹村亮一
神田橋満 吉沢
宮内洋 吉田
小沢象 香川
丹波哲郎 窪川方城
小林旭 海渡仙一
鶴田浩二 大友兼継

解説

日本最大の暴力団の組長の病死で起こった実力者の後継者争いと、跡を継ぐことになった未亡人の姿を描く。脚本は「アゲインスト むかい風」の中島貞夫と西沢裕子の共同執筆、監督も中島貞夫、撮影は鈴木達夫がそれぞれ担当。

あらすじ

日本最大のヤクザ組織谷口組の三代目、田所正雄が狙撃された。田所の家族と谷口組の受けたショックは大きく、ボディガードの処分をめぐって、若頭の河上剛二と若頭補佐の権野強志の間に食い違いが生まれる。田所はかかりつけの医師、大友の手術で一命を取りとめ、最悪の事態を考えていた妻、ひろ子、長男、孝とその妻、冬子、長女、悠子、次男、範夫らの家族は一安心。そんな折、悠子の恋人で東日タイムスの記者、山田が社会部に転属になり、この事件の取材で二人の間に暗い影が漂い始める。大阪府警は田所狙撃犯を酒田組下部組織、浪華殉国団の近江と公表する。谷口組の報復が開始され、酒田系の事務所が襲撃され、組員も射殺される。その頃、田所は病院から退院、久しぶりの一家だんらんを迎えた。しかしその夜、冬子が孝の友人を信じて不注意に契約書に判を押したのがもとで孝は私文書偽造で逮捕される。その頃、近江の死体が六甲の谷底から発見される。犯人は意外にも酒田組系の者で、近江を隠しきれなくなっての犯行だ。時同じくして、冬子が例の事件を苦に自殺してしまう。谷口組という名前に冬子は押し潰されてしまったのだ。これを機に、田所は後継者を考え始める。そして、河上と権野の争いが表面化し、権野は先走った行動から破門されてしまう。田所家にも荒波が押し寄せていた。孝の会社が脱税容疑で捜査を受け、また、ボランティア活動をしていた悠子は、難民救済事業に従事すべくタイに向う決意をする。谷口組解体キャンペーンのペンを取っていた山田も彼女に追っていくことを決心、退職届を出すと、田所に悠子との結婚の許可を求めた。悠子を幸せにするという山田の決意に、田所は二人の結婚を許し、さらに、落語家になりたいという次男、範夫の希望もあっさりと許した。河上に二年六ヵ月の実刑判決がおり、権野は引退する。突然、田所が持病の心臓病で他界してしまった。谷口組組葬の日、全国から参集した黒背広姿の男の中に、たった一人の女性、ひろ子がいた。マスコミの関心は誰が四代目を継ぐかだった。そして、ひろ子が河上の四代目を発表するが、その河上も獄中で腎炎がもとで死んでしまった。「今、私がしっかりしなくては」と遺体を引き取りに行ったひろ子の顔には今までにない威厳が浮かんでいた。

関連するキネマ旬報の記事

1982年12月上旬号

日本映画批評:制覇

1982年11月上旬号

グラビア:制覇

特集 制覇 中島貞夫監督作品:脚本

特集 制覇 中島貞夫監督作品:鼎談 俊藤浩滋×中島貞夫×田山力哉

特集 制覇 中島貞夫監督作品:撮影ルポ

日本映画紹介:制覇

1982年9月下旬号

特別寄稿 〈京都映画事情〉:「制覇」「蒲田行進曲」「伊賀忍法帖」の製作で活気づく東映夏の陣をゆく