男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

名高達男

  • Tatsuo Nadaka
  • 出演
本名 名高達夫
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 1951/02/09
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

京都府京都市の生まれ。本名・名高達夫。金沢工業大学機械工学部在学中にスカウトされ、芸能界入り。“名高達朗”の芸名でモデルとして活動し、1976年のTBS『婚約時代』の十朱幸代演じる主人公の弟役で俳優デビューする。フジテレビ『同心部屋御用帳・江戸の旋風』78では、見事な殺陣さばきで新入り同心役を演じて注目される。同年、斎藤耕一監督「渚の白い家」で夫のいるヒロイン・浅丘ルリ子と恋に溺れる青年役で映画初出演。80年より芸名を“名高達郎”に改め、翌81年からレギュラー入りしたテレビ朝日の人気シリーズ『ザ・ハングマン』で“デジコン”こと加納良次を演じ、86年まで続いた同シリーズ6作にコードネームは変わりながら出演を続け、二枚目アクションスターとしての地位を築く。前後して、フジテレビ『気になる天使たち』81では、女子高生の気持ちが掴めない独身高校教師役で主演。同局『弐十手物語』84では不器用だが型破りの同心役で新境地を開いた。NHK『海照らし』89では訪れた対馬で現実と神話の世界に入り込む民俗学者を好演し、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。映画はその間、キクオ・カワサキ監督「マイ・ロード」80でアメリカ大陸をヒッチハイク旅行する青年役。木下亮監督「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」82では、最期までガンと闘い抜いた青年医師を初主演作ながら熱演する。その後は東映の任俠作品が続き、鷹森立一監督「姐御」88、一倉治雄監督「悲しきヒットマン」89、和泉聖治監督「民暴の帝王」93などに出演。その後も、廣西眞人監督「女飼い」96、佐々木正人監督「新GONIN」00、辻裕之監督「修羅の群れ」02などで重厚感ある演技を披露する。2008年の福澤克雄監督「私は貝になりたい」では、米国捕虜の殺害を命じた足立少尉役で助演。舞台には大石内蔵助役の『花影の花』92、明智小五郎役の『黒蜥蜴』94などがあり、後者で共演した美輪明宏の勧めにより、94年に“名高達男”に改名している。テレビドラマはほかに、フジテレビ『真珠夫人』02、『ヴォイス・命なき者の声』09、NHK大河ドラマ『功名が辻』06、『テンペスト』11、テレビ朝日『小児救命』08など多数。

キネマ旬報の記事