男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

愛にイナズマ

  • あいにいなずま
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    78.2点(298人)

  • 観たひと

    390

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    71

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/10/27
上映時間 140分
製作会社 日本テレビ放送網=HJホールディングス=東京テアトル=RIKIプロジェクト(製作幹事:日本テレビ放送網/制作プロダクション:RIKIプロジェクト)
配給 東京テアトル
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督石井裕也 
脚本石井裕也 
エグゼクティブプロデューサー飯沼伸之 
製作澤桂一 
長澤一史 
太田和宏 
竹内力 
プロデューサー北島直明 
永井拓郎 
中島裕作 
撮影鍋島淳裕 
美術渡辺大智 
装飾塚根潤 
音楽渡邊崇 
主題歌エレファントカシマシ:(「ココロのままに」(ポニーキャニオン))
録音加藤大和 
音響効果柴崎憲治 
照明かげつよし 
編集早野亮 
衣装宮本まさ江 
ヘアメイク豊川京子 
制作担当岡田真樹 
プロダクションマネージャー原田博志 
助監督塩崎竜朗 
坂西未郁 
視覚効果若松みゆき 

キャスト

出演松岡茉優 折村花子
窪田正孝 舘正夫
池松壮亮 折村誠一
若葉竜也 折村雄二
仲野太賀 落合
趣里 携帯ショップの女
高良健吾 ホテルの社長
MEGUMI 
三浦貴大 荒川
芹澤興人 
笠原秀幸 
鶴見辰吾 佐々木智夫
北村有起哉 配送会社の社長
中野英雄 
益岡徹 則夫
佐藤浩市 折村治

(C)2023「愛にイナズマ」製作委員会

場面

予告編


     

解説

石井裕也が松岡茉優と窪田正孝をダブル主演に迎えて贈るヒューマンドラマ。プロデューサーに騙され、映画監督デビューの夢が泡と消えた26歳の折村花子は、ふと立ち寄ったバーで出会った舘正夫と共に反撃を決意。10年以上音信不通だった家族の元を訪れる。共演は「シン・仮面ライダー」の池松壮亮、「窓辺にて」の若葉竜也、「春に散る」の佐藤浩市。

あらすじ

26歳の折村花子(松岡茉優)は気合に満ちていた。幼い頃からの夢だった映画監督デビューが、目前に控えていたからだ。だが物事はそううまくはいかない。滞納した家賃は限界で、強制退去寸前。花子の若い感性をあからさまにバカにし、業界の常識を押し付けてくる助監督からは露骨なセクハラを受け、怒り心頭だ。そんな時、ふと立ち寄ったバーで、空気は読めないが、やたら魅力的な舘正夫(窪田正孝)と運命的な出会いを果たし、ようやく人生が輝き出す。ところがその矢、卑劣で無責任なプロデューサーに騙され、花子は全てを失ってしまう。ギャラももらえず、大切な企画も奪われた。失意のどん底に突き落とされた花子を励ますように、正夫は問う。“花子さんは、どうするんですか?映画諦めるんですか?”。イナズマが轟く中、“舐められたままで終われるか!”と反撃を決意した花子が頼ったのは、10年以上音信不通の家族だった。妻に愛想を尽かされた父・治(佐藤浩市)、口だけはうまい長男の誠一(池松壮亮)、真面目ゆえにストレスを抱え込む次男の雄二(若葉竜也)。そんなダメダメな家族が抱える“ある秘密”を暴き、“自分にしか撮れない映画で世の中を見返してやる!”と息巻く花子。突然現れた2人に戸惑いながらも、花子に協力し、カメラの前で隠していた本音を徐々に見せ始める父や兄たち。修復不可能に思えたイビツな家族の物語は、思いもよらない方向へ進んでいき……。

関連するキネマ旬報の記事

2024年2月号増刊

読者選出日本映画ベスト・テン:

2023年11月号

SPECIAL UPCOMING 今月のキネ旬セレクト:「愛にイナズマ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「愛にイナズマ」

UPCOMING新作紹介:「愛にイナズマ」

2023年9月号

撮影現場ルポ「愛にイナズマ」: